1
/
5

描くPM像のなかった私が、世の中のルールブレイカーを目指すまで

「はじめての担当プロジェクト、自己採点するなら5点です」

そう話す大城戸薫(おおきど かおる)さんは、現在、サイカ開発組織のプロダクトマネージャー(PM)として、プロダクトのビジョン策定から現場の開発推進までを担っています。開発から事業領域に至るまで幅広い仕事を経験されてきた大城戸さん。それらを掛け合わせ、どのように業務と組織に向き合っているのか。そしてこれから目指すものは?

大城戸さんのPM論を聞きました。

はじめての担当プロジェクトはたった5点

ー大城戸さんは、新卒で入社した会社ではじめてPMを経験されるんですね。

はい。新卒で入社した会社はコンパイラメーカー(※1)でした。はじめてプロダクト開発を担当したのは27歳の頃。OSの動作テストツールを作るプロジェクトで、1年半の開発期間でした。

ー当時のプロジェクトを振り返るといかがですか?

自己採点するなら5点です。

要件定義が曖昧なままのスタート。進行管理ができていない。
描くPM像もなかったので、チームマネジメントにも課題がありました。

手探りでPMの仕事をする間、頼れたのはお客さんの声だけでした。直接要望を聞き、プロダクトに落とし込むしか前に進む方法がなくて、プロダクトを開発しながらセールスエンジニアを兼務していたのも、実はこういった理由からなんです。

※1:組み込み向けのツール開発を行うメーカー

100倍のスピードで進むtoC企業への転職

ーその後、ソーシャルゲームやWebサービスを提供するgloops(グループス)へ転職されます。

ナレッジが蓄積されエンジニアリングが進むtoCで経験を積みたいと思い、転職しました。

当時はネットゲーム最盛期。
新しい考え方と磨き上げてきた技術を持つ人がたくさんいて、会社の雰囲気も勢いも仕事のスピード感もまるで違います。カルチャーショックでしたね。

入社後はゲーム開発のエンジニアをやっていました。周りはC#(シーシャープ)言語のスペシャリストばかり。一方、私は未経験のWebサービスへの転職。必死でキャッチアップしていきました。

ー慣れるまでとても大変そうです。でも、大城戸さんが求めていたスキルアップができそうな環境では?

まさにそんな環境でした。
でも、仕事に慣れてきて自分のキャリアを考える余裕が出てきた時、スペシャリストの道は違うかもと感じるようになったんです。

僕の場合、目の前のものを突き詰めるより、全体を俯瞰して見渡し、構造化して整理するのが性に合っています。この時ももっと全体像を見たいと思っていました。

ーその後、社内でデータアナリストやPMOに転身するのもそういった理由からですか?

そうですね。事業への興味も強かったので、入社から1年後、データアナリストに転身しました。ログを分析して改善点や戦略を提案する仕事です。1年半後、PMO(プロダクトマネジメントオフィス)として、目標達成やアウトプット、経営者報告など、次第に広い視野を必要とする仕事にシフトしていきました。

ーそこからネクソンに出向し、さらに事業よりの業務を担当されています。

ネクソンでの主業務は、海外での製品買い付け、事業化、事業成長の戦略立案でした。

BtoCは、BtoBの100倍以上のスピードで動きます。
ひと月で3回韓国に飛び、製品が日本市場で売れるかの見極めと買い付け、事業化した場合どのくらいの成果が出るかというPLの検討、契約までの説得とクロージングを1ヶ月以内に完結させるスピード感でした。

とにかく早く、前進させることが大事。
そしてその実行力の部分も、自分の好きな分野だと気付いたんですよね。

能力を伸ばすフェーズから、社会にインパクトを与えるフェーズへ

ー5年間のネクソンへの出向を終え、サイカに転職されるんですね。

自分の能力を伸ばす期間はいったんここで一区切りにして、業界や世の中の常識を変えるくらいインパクトのあるプロダクトを作りたい。そう思って出会ったのがサイカでした。

プロダクト重視の転職だったのに、実は最初「マゼラン」というツールのことがよくわからなかったんです。数理の知識を元にデータドリブンなマーケティング解析をやる独特なツール。難しそうだけど面白そう。そんな第一印象でした。

入社の決め手の一つは、代表・平尾さんが描く解像度の高いビジョンと、そこに至るまでの明確なロードマップがあったこと。

もう一つはPMという職種です。
PMは全体を広く見て前進させる仕事。全体像の把握と構造化、実行力が鍵になる。
自分の強みと経験を活かせる仕事だと思いました。

ー大城戸さんの現在の担当業務を教えてください。

具体的にやっていることは2つあります。

一つはUX(User Experence/ユーザー体験)です。

使われるプロダクトになるために「ユーザーは誰なのか?」は重要な視点。
「ユーザーにこんな体験をしてもらいたいから、これを作る」という視点を開発チーム全体で持つため、開発プロセスにUX観点を入れ、一致した目標に向かうための体制と組織文化を作るプロジェクトです。

もう一つは、アドバイザリーボードの池田俊さんとやっているUX観点のKGI/KPI構造化です。

可視化のツールを作る会社なので、自分たちの組織もデータドリブンに業務の可視化、観測、組織やプロダクト開発へのフィードバックを最適化していないと説得力がないですよね。その部分を検討し、事業をデータの視点から構造化しています。

「データに示唆を与える」は創業時からブレないサイカの目標ですが、示唆を与えた後にどうなってほしいのか? を具体化し、プロダクトへ落とし込むのが僕のメイン業務ですね。

ーPMの仕事のなかでも上流部分に携わっているんですね。いまのお仕事はどうですか?

すごくチャレンジさせてもらっています。
いま担当しているのは、プロダクトのビジョンやロードマップを作るという、経営や事業の根幹に関わる抽象度の高い業務です。

この問いの答えを出そうとする時、事業サイドやtoCでの経験が活きています。
でも、自分はまだまだ平尾さんの熱量に追いつけていないし、会社も良い意味で変わっていく。仕事の範囲も圧倒的に広くなりました。
難易度の高さを感じつつも、とてもチャレンジングな経験ができています。

サイカでは社員全員が「私の才能開花」を言語化しています。

私は10ヶ月前の入社時、「把握、変化と前進、日々精進」という言葉を書きました。
構造と現状を把握し、前に進むために一歩ずつ踏み出すーー私が大切にしている仕事のやり方です。

でも、いまの仕事に照らしてみると「目標」の部分が入っていないんですよ(笑)前進はビジョンがあってこそできるものですよね。いま書き直したらちょっと変わると思います。

そしてこれからは、一歩の幅がすごく大きくなると思いますね。

持っていて損はない、UX観点での開発経験

ー開発チーム全体で、UXや機能について議論できる組織を目指しているんですね。

エンジニアは大きく2種類に分類できると思います。
技術的な部分に面白みを感じる方と、プロダクトのあり方に面白みを感じる方です。

サイカの開発チームは後者を目指していますが、エンジニア全員がそこに面白みを感じるわけではないですよね。技術を突きつめたい場合、どんなサービスを作るかよりも、新しいテクノロジーや効率性に興味を持つだろうし、要件定義の後どう実現するかの議論から入りたい人も当然います。

チームを作るところからなんでもやりたい人はいまのフェーズに合っていると思いますが、どちらの志向であっても、エンジニアとしてユーザー体験を開発プロセスに組み込む経験はしておいて損はないと思うんですよね。

ー入社から10ヶ月経ち、いまはどんなチームですか?

方向性や具体化論をみんなで話し合えるチームになってきました。いろいろなアイデアが出てくる面白さがありますね。

この10ヶ月で、開発プロセス、進め方、言語、すべてが変わりました。別会社かと思うくらいの変化をしています。このスピード感もいまの開発チームの特徴だと思います。

世の中のルールブレイカーを目指して

ー最後に、大城戸さんの今後の目標を教えてください。

大きく3つあります。

まずは新プロダクトが始まるので、きっちりリリースして、その先の計画をきちんと立てること。
PMにとって大事なのは、ユーザーの未来の変化まで考えることです。
我々が当初届けかったユーザー体験と、実際のユーザー体験にはずれが生じるものです。そこで適切に軌道修正しないと、どんなに良いプロダクトでも使われなくなってしまう。
方向性を見誤らず、しっかり使われるプロダクトに育てていくのが目標ですね。

もう一つは、スピード感を大事にしたいです。

私がエンジニアの仕事を始めた頃、toBは、toCの1/100のスピードで進む世界でした。
徐々に、SaaSがtoCのスピードに追いついてきましたが、我々は顧客企業がtoC向けにサービス・製品を提供するよりも早く、良いものを作らなければいけません。

最後に、我々のプロダクトで叶えたい世界についてです。
プロダクトはナレッジが溜まった最終形態だと思っているんですが、技術革新の捉え方には多面性があります。
よく、「AIが人の仕事を奪う」と言われますよね。でも一方で、「既存のルールを壊して新しい仕組みや価値を創造するルールブレイカー」と捉えられるプロダクトも存在すると思うんです。

コロナウイルスで日本企業の働き方はコロッと変わりました。
一つのプロダクトで人の働き方や考え方、業界そのものがコロッと変わるかもしれない。

自分たちのプロダクトが世の中のルールブレイカーになれたらいちばん面白いですよね。

▼大城戸さんと一緒に働いてくれるソフトウェアエンジニア募集!

ソフトウェアエンジニア
世の中に新たな価値を提供したいソフトウェアエンジニア募集!!
●社名の由来:XICA=才能開花 意志を起点として、挑戦によって自らの才能を発見し、努力によって才能を磨き、開花させる。 私たちはデータを扱う事業を展開しますが、データは手段であり、目指すのはデータの先にいる人々の才能開花です。意志を持つ人々に対し、私たちのソリューションによって挑戦と努力を支援することで、才能開花の後押しをしたい。そうした想いを込めて、「華やかに現れ出た才能」を意味する「才華」を社名にしました。 ●Vision:才能開花に満ちた公正な世界をつくる マーケティング領域において、価値を生み出すあらゆる人々の挑戦と努力が公正に評価される環境を築くことで、才能開花が最大化される世界をつくります。 ●MIssion:データ分析を民主化し、マーケティングの適正評価を民主化する 一部の専門家にのみ委ねられているデータ分析を誰もが自在に駆使できる基盤を提供することで、マーケティングに関わる全ての人々が、マーケティング活動の適正な評価を自ら行い、確信を持った戦略の立案と実行ができるようにします。 ●「ADVA magellan(アドバ マゼラン)」 https://xica.net/magellan/ サイカの主力プロダクト「マゼラン」は、Web広告などのオンライン広告・テレビCMなどのオフライン広告、天候などの外部要因を統合的に分析し、広告効果を可視化できるツールです。また「目的達成のための最小予算シミュレーション」「決められた予算で成果を最大化する予算シミュレーション」2パターンの予算配分シミュレーションで、最適な広告予算配分を提示します。 ●国内の広告宣伝費トップ100企業のうち、10%の企業が導入 2016年9月のリリース以来、テレビCMを出稿する国内大手企業を中心に導入企業数100社を突破。国内の広告宣伝費トップ100企業のうち、10%の企業で広告分析にマゼランが利用されています。今期は前年比3倍成長を見込み、2019年10月には優れたマーケティング・プロモーションツールに関する調査で「国内No.1のCM効果分析ツール」「国内No.1のオンオフ統合分析ツール」「国内No.1マーケティングミックスモデリング(MMM)ツール」の3部門において3冠を獲得しました。(株式会社ショッパーズアイ調べ)今後、グローバル展開も予定しています。 ●導入企業一例 https://xica.net/magellan/interview-post/ - パナソニック株式会社 - 株式会社SUBARU - ライオン株式会社 - ユニ・チャーム株式会社 - KDDI株式会社 ●ニュース/実績 - 2020年9月 :コーポレートブランド刷新 - 2020年9月 :マゼラン提供開始4周年 - 2020年9月 :アタラ合同会社との業務提携 - 2020年2月 :株式会社クロス・マーケティンググループと業務提携 - 2019年10月:マゼランの累計導入社数100社突破 - 2019年10月:国内No.1ツールとして3冠獲得 ※株式会社ショッパーズアイ調べ - 2019年3月 :株式会社SPARK NEURO JAPANと業務提携 - 2018年5月 :株式会社インテージと業務提携 会社紹介資料をご覧いただけます▶︎▶︎https://speakerdeck.com/xicapr/company-introduction
株式会社サイカ

▼サイカでは一緒に働いてくれる仲間をお待ちしています。
少しでも興味を持った方は、ぜひ「話を聞きに行きたい」を押してください!

株式会社サイカ's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more