1
/
5

7年のミュージシャン活動を経て、開発組織のマネージャーへ 〜サイカのエンジニアリングマネージャーが追い求める最高のチームとは〜

今回お話をうかがうのは、2020年3月、サイカに入社した越湖亮太(こしこ りょうた)さん。現在はエンジニアリングマネージャー兼ハイアリングマネージャー(開発部門採用責任者)として開発チームの組織づくりを担っています。

越湖さんは高校卒業後、音楽の専門学校に進学し、在学中から7年間ミュージシャンとして活動していました。その後エンジニアに転身。未経験からエンジニアリングを学び、フリーランス、エンジニア組織の立ち上げを経てサイカに入社します。

フリーランスの経験を通して「チームでモノづくりをしたい」と考えるようになった越湖さん。今回はそんな越湖さんに、理想のチームのあり方をうかがいます。

音楽はモノづくりの完成形

ープロのミュージシャンからエンジニアへー異色の経歴とも言われる越湖さんですが、まず、音楽の道に進むことになったきっかけを教えてください。

叔父がギターを弾くのがとても上手だったんです。近所に住んでいたので小さい頃からよく遊びに行っていました。両親も洋楽が好きで、常に音楽が流れる環境で育ったので自然と興味を持つようになりましたね。

子供の頃、ピアノを習いたかったんです。でも地元が北海道のウインタースポーツが盛んな地域で、両親も私に運動をやらせたかったらしく、小さい頃はスピードスケートや水泳、野球を習っていました。

楽器を始めたのは中学生になってからです。小さい頃聴いていた叔父のギターをもらったのがきっかけでした。楽譜も読めるようになりたくて、貯めていたお金で念願のピアノも習い始めました。中学時代は時間さえあればずっと楽器を練習していましたね。バンドを組んでライブもするようになり、いろんな人との交流も生まれていきました。

ー中学から音楽にのめり込み、高校卒業後は音楽の専門学校に進学されたんですよね。

大学に進学するか音楽の道に進むか、とても悩みました。

長いこと悩むうちに、形のないものを創造する音楽はモノづくりの完成形だと思うようになったんです。
当時は音楽に没頭していて、同じ志を持つ人の中で力を試したい、もっと成長したいという気持ちも後押しして、音楽の専門学校への進学を決めました。

ー専門学校に入ってみていかがでしたか?

ギターだけで1学年200人いるんです。その中でレベルテストが行われ、1位から最後まではっきりと順位がつきます。講師陣も音楽業界で活躍している方ばかりで、良い刺激をたくさん受けました。1年生の時に受けたオーディションで選ばれ、在学中からアーティストの後ろでギターを弾くスタジオミュージシャンの仕事を始めました。充実していましたね。

ー専門学校在学中から7年間、音楽業界にいらっしゃったんですね。音楽の仕事はどうでしたか?

7年間ずっと成長を求めていました。

仕事とは別にバンドを組んでいて、バンドで成功したかったんです。

でもバンド活動にはお金が必要です。アルバイトをしながらプロを目指す人も多くいました。でも僕は、音楽で稼いで音楽をやりたい。お金を稼ぐ手段も音楽でありたい。そう思ってスタジオミュージシャンの仕事を続けていました。

ほかの仕事をしてしまったらその分成長の機会が失われるという危機感があったんです。

いまもずっと考えている「成長」というキーワードは、この時期に植え付けられたものだと思います。

求めていたのは、チーム一丸となってのモノづくり

ーそのあと音楽から離れてエンジニアとしてのキャリアを歩み始めるんですね。当時エンジニアリングの知識はお持ちだったのですか?

バンドが続けられなくなってしまい、熱量が高かった分、仕事とのバランスが取れなくなっていったんです。その結果、音楽の仕事を離れることにしました。

バンド活動の一環で、ホームページを作ったり楽曲を配信したりしていたので、なんとなくのWeb知識は持っていたんですが、エンジニアリングの知識はまったくありませんでした。
でも、つくることそのものが好きでしたね。
ホームページや楽曲配信も音楽と同じモノづくりなので夢中になれたのかもしれません。

ーWeb業界に飛び込み、1社目の会社ではカスタマーサポートと企画の仕事をされていたんですね。

オークションサービスを運営する会社で、お客様から受けたお問い合わせ内容を企画に反映させる仕事をしていました。

エンジニアリングの知識がなかった僕は、お客様からの意見をエンジニアにどう伝えればよいか分かりませんでした。エンジニアとのコミュニケーションを取るため、カスタマーサポート業務の傍らエンジニアリングの基礎知識を学びました。

エンジニア部門に通い詰める間に、当時同じ会社だった、現サイカCTOの是澤さんとよく飲みに行くようになったんです。業界に入りたてで知識もない僕を可愛がっていただき、エンジニアチームとカスタマーサポートを兼務させてもらうことになりました。

この時、是澤さんと出会えたことが本当に大きかったです。

すごく厳しいんですけど、成長意欲を持っている人に対してしっかりとフィードバックをくれて、道を示してくれるんです。

よく怒られていたけど、エンジニアとして着実にスキルアップした期間でした。

ー是澤さんとの出会いはこの時だったのですね。その後、フリーランスとしてはたらき始めたのはなぜですか?

子供が生まれるタイミングで生活を見直そうと思ったんです。

フリーランスになって時間の融通が効くようになり、子育てにも積極的に参加できました。

子育てが落ち着いてきて、仕事のことを考える余裕が出てきた頃、やっぱり自分はチームでモノづくりがしたいと気付きました。フリーランスは案件が終わったらすぐ解散。チーム一丸となってモノづくりをしている感覚が得られなかったんです。

ーこの時の転職で越湖さんが大事にしていた軸を教えてください。

技術や開発組織に対する考え方が自分とフィットしているか。その会社の開発組織がどれだけチャレンジングなことをしているかを重視していました。

最終的に転職を決めた会社はとても良いチームでした。組織が急成長していてスピード感も半端なかったです。

ただ、自分が目指すキャリアとは違うかもしれない。
そんなことを考え始めた頃、前職の上司となる方に出会ったんです。新しいチームをつくろうとしていてエンジニアが必要だから一緒にやらないかと声をかけていただきました。

挑戦を求めていた自分にとって、チームの立ち上げができるのは大きな決め手でした。
しかも、「3年で24個のプロダクトをつくる」がミッションなんです。

もっと大きいモノづくりがしたい、ひとつのチームをつくりたい
そう思っていたので、ここでなら目指すキャリアを追えると思いました。

ーそこでは最終的にマネージャーの役割を担っていらっしゃったんですよね。

立ち上げ時は3人のチームで、テックリードとしてジョインしました。
チームメンバーが1年半で40人まで増え、チームの拡大に伴い最終的にマネージャーになりました。

みんなのフォローに回ってチームを良い方向に持っていくのは昔から好きでした。チームの成長を強く意識し、生産性の高い組織づくりをするマネージャーの仕事はやりがいがありましたね。

チームが大きくなり、そろそろ次のステージに行こうと思っていたところ、先にサイカに入社していた是澤さんからお声がけいただきました。僕が目指す成長とこれからのサイカがマッチするんじゃないかと。

エンジニアへの道を開いてくれた是澤さんに恩返ししたい、また一緒に成長を追いかけたい。そんな気持ちもあり、サイカへの転職を考え始めました。

明確に見えた、入社後の未来

ーサイカへの入社を決断した決め手は何でしたか?

CTO是澤さんのビジョンと、CEO平尾さんのビジョンにブレがないのが最大の決め手でした。
ビジネスサイドと開発部門で意識が統一されているこの組織だったらもっと大きな挑戦ができる、成長できる。
未来が明確に見えたので入社を決めました。

ーサイカに入社して感じたギャップがあれば教えてください。

サイカに入社する前は「固い会社」のイメージがありました。でもそんなことはなく、むしろ柔軟なコミュニケーションが取れる組織だと思います。

Slackのやり取りやオフラインでのコミュニケーションを見ていると、みんなオンオフの切り替えが上手で、役員を含めかなりフラット。良い意味で社員同士の距離が近いです。

ー越湖さんがいま担当している業務を教えてください。

エンジニアリングマネージャーとしては、開発チームのメンバーの育成と成長支援が主な役割です。

具体的には、対話を通してキャリアビジョン、志向性、得意不得意を深堀りしていきます。その上で何をやってもらうか、チャレンジとして何に挑戦してもらうか、一人ひとりのキャリアを考えていきます。
組織としては、エンジニアが働きやすい環境づくりやチームとしての技術力の底上げ、役職や職種を越えて相互理解を深め、チームの一体感を高めていくのも僕の役割ですね。

ハイアリングマネージャーとしては、成長意欲の高いエンジニアの採用が目下の目標です。

採用において、いまできるかどうかは正直あまり気にしていません。それよりも、これから何ができるようになるのかをイメージできる人を採用したいです。技術で世の中をどうしていきたいのか、そのためにどういう成長イメージを持ち、どういうアクションを取っているのか。面接ではその人の考え方を聞いています。

ー越湖さんが目指す理想のチーム像、一緒にはたらきたい人とは?

成長意欲の高い人が集まるチームですね。
成果と成長に向かって自走できる人が集まっているチームがベストだと思います。

今後一緒にはたらきたいのは、成長に向かって足を止めない人。自分で限界をつくらない人。あとは、周りの言葉をしっかり聞く謙虚さを持っている人は成長が早いと思いますね。

ー最後に、越湖さんの今後の展望をお聞かせください。

チームの基盤ができたら、次のステップとしてメンバーの成長に力を入れていきたいです。
全員がソフトウェアエンジニアとして成長できる組織の仕組みを作るのが目標ですね。

サイカはエンジニアの職種を細分化せず「ソフトウェアエンジニア」として募集しています。なぜかというと「ひとつのことだけができる人」が集まる世界をあまり目指していないからなんですね。

インフラを知っているからこそバックエンドが作れる。バックエンドを知っているからこそフロントエンドが作れる。逆もまた然りで、それがエンジニアとしての強さだと思います。

みんなで知識と考え方を共有し、深い議論ができるチームこそ、良いモノづくりができるチームだと思いますね。

ー常に自身の成長を求め、メンバーに寄り添いながら大きな挑戦を続ける越湖さんのお話が聞けました。越湖さん、今日はありがとうございました!


▼サイカでは、越湖さんと一緒に活躍してくれる仲間を募集しています!
エンジニアリングの分野でさらなる成長を目指す方、少しでもサイカに興味を持っていただいたらぜひ「話を聞きに行きたい」を押してください。 お待ちしています!

エンジニアリングマネージャー
開発組織の成果を最大化させるエンジニアリングマネージャー
●社名の由来:XICA=才能開花 意志を起点として、挑戦によって自らの才能を発見し、努力によって才能を磨き、開花させる。 私たちはデータを扱う事業を展開しますが、データは手段であり、目指すのはデータの先にいる人々の才能開花です。意志を持つ人々に対し、私たちのソリューションによって挑戦と努力を支援することで、才能開花の後押しをしたい。そうした想いを込めて、「華やかに現れ出た才能」を意味する「才華」を社名にしました。 ●Vision:才能開花に満ちた公正な世界をつくる マーケティング領域において、価値を生み出すあらゆる人々の挑戦と努力が公正に評価される環境を築くことで、才能開花が最大化される世界をつくります。 ●MIssion:データ分析を民主化し、マーケティングの適正評価を民主化する 一部の専門家にのみ委ねられているデータ分析を誰もが自在に駆使できる基盤を提供することで、マーケティングに関わる全ての人々が、マーケティング活動の適正な評価を自ら行い、確信を持った戦略の立案と実行ができるようにします。 ●「ADVA magellan(アドバ マゼラン)」 https://xica.net/magellan/ サイカの主力プロダクト「マゼラン」は、Web広告などのオンライン広告・テレビCMなどのオフライン広告、天候などの外部要因を統合的に分析し、広告効果を可視化できるツールです。また「目的達成のための最小予算シミュレーション」「決められた予算で成果を最大化する予算シミュレーション」2パターンの予算配分シミュレーションで、最適な広告予算配分を提示します。 ●国内の広告宣伝費トップ100企業のうち、10%の企業が導入 2016年9月のリリース以来、テレビCMを出稿する国内大手企業を中心に導入企業数100社を突破。国内の広告宣伝費トップ100企業のうち、10%の企業で広告分析にマゼランが利用されています。今期は前年比3倍成長を見込み、2019年10月には優れたマーケティング・プロモーションツールに関する調査で「国内No.1のCM効果分析ツール」「国内No.1のオンオフ統合分析ツール」「国内No.1マーケティングミックスモデリング(MMM)ツール」の3部門において3冠を獲得しました。(株式会社ショッパーズアイ調べ)今後、グローバル展開も予定しています。 ●導入企業一例 https://xica.net/magellan/interview-post/ - パナソニック株式会社 - 株式会社SUBARU - ライオン株式会社 - ユニ・チャーム株式会社 - KDDI株式会社 ●ニュース/実績 - 2020年9月 :コーポレートブランド刷新 - 2020年9月 :マゼラン提供開始4周年 - 2020年9月 :アタラ合同会社との業務提携 - 2020年2月 :株式会社クロス・マーケティンググループと業務提携 - 2019年10月:マゼランの累計導入社数100社突破 - 2019年10月:国内No.1ツールとして3冠獲得 ※株式会社ショッパーズアイ調べ - 2019年3月 :株式会社SPARK NEURO JAPANと業務提携 - 2018年5月 :株式会社インテージと業務提携 会社紹介資料をご覧いただけます▶︎▶︎https://speakerdeck.com/xicapr/company-introduction
株式会社サイカ
ソフトウェアエンジニア
世の中に新たな価値を提供したいソフトウェアエンジニア募集!!
●社名の由来:XICA=才能開花 意志を起点として、挑戦によって自らの才能を発見し、努力によって才能を磨き、開花させる。 私たちはデータを扱う事業を展開しますが、データは手段であり、目指すのはデータの先にいる人々の才能開花です。意志を持つ人々に対し、私たちのソリューションによって挑戦と努力を支援することで、才能開花の後押しをしたい。そうした想いを込めて、「華やかに現れ出た才能」を意味する「才華」を社名にしました。 ●Vision:才能開花に満ちた公正な世界をつくる マーケティング領域において、価値を生み出すあらゆる人々の挑戦と努力が公正に評価される環境を築くことで、才能開花が最大化される世界をつくります。 ●MIssion:データ分析を民主化し、マーケティングの適正評価を民主化する 一部の専門家にのみ委ねられているデータ分析を誰もが自在に駆使できる基盤を提供することで、マーケティングに関わる全ての人々が、マーケティング活動の適正な評価を自ら行い、確信を持った戦略の立案と実行ができるようにします。 ●「ADVA magellan(アドバ マゼラン)」 https://xica.net/magellan/ サイカの主力プロダクト「マゼラン」は、Web広告などのオンライン広告・テレビCMなどのオフライン広告、天候などの外部要因を統合的に分析し、広告効果を可視化できるツールです。また「目的達成のための最小予算シミュレーション」「決められた予算で成果を最大化する予算シミュレーション」2パターンの予算配分シミュレーションで、最適な広告予算配分を提示します。 ●国内の広告宣伝費トップ100企業のうち、10%の企業が導入 2016年9月のリリース以来、テレビCMを出稿する国内大手企業を中心に導入企業数100社を突破。国内の広告宣伝費トップ100企業のうち、10%の企業で広告分析にマゼランが利用されています。今期は前年比3倍成長を見込み、2019年10月には優れたマーケティング・プロモーションツールに関する調査で「国内No.1のCM効果分析ツール」「国内No.1のオンオフ統合分析ツール」「国内No.1マーケティングミックスモデリング(MMM)ツール」の3部門において3冠を獲得しました。(株式会社ショッパーズアイ調べ)今後、グローバル展開も予定しています。 ●導入企業一例 https://xica.net/magellan/interview-post/ - パナソニック株式会社 - 株式会社SUBARU - ライオン株式会社 - ユニ・チャーム株式会社 - KDDI株式会社 ●ニュース/実績 - 2020年9月 :コーポレートブランド刷新 - 2020年9月 :マゼラン提供開始4周年 - 2020年9月 :アタラ合同会社との業務提携 - 2020年2月 :株式会社クロス・マーケティンググループと業務提携 - 2019年10月:マゼランの累計導入社数100社突破 - 2019年10月:国内No.1ツールとして3冠獲得 ※株式会社ショッパーズアイ調べ - 2019年3月 :株式会社SPARK NEURO JAPANと業務提携 - 2018年5月 :株式会社インテージと業務提携 会社紹介資料をご覧いただけます▶︎▶︎https://speakerdeck.com/xicapr/company-introduction
株式会社サイカ
株式会社サイカ's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more