1
/
5

【社員紹介vol.2】原点はインドでの営業経験。成長スピードを求めて創業期のスタートアップへ入った理由

こんにちは!X Mile株式会社、広報の古川です。X Mileメンバーの生の声をお届けするため、社内の様々な人にインタビューをしていきます。今回、お話しを伺ったのは畑中舞さんです。学生時代からインドでの長期インターンなどを経験してきた畑中さん。単身で飛び込んだ異界の地で得たコミュニケーション能力とバイタリティを活かして早くも活躍。事業部の一角を担う彼女がX Mileに入社した背景について、インタビューしました。

「みんな一緒に就活」はおかしい。休学を決意し、単身インドへ。

ーー大学時代はどういった経験をされてきましたか?
周りが就活している中、大学を1年休学してインドで働いていました。
就職活動が徐々に始まる3年の夏、友人から「〇〇が就職活動始めたらしいから、自分も始めなきゃ」という声が続々と漏れてきました。それを聞いた際に、人に合わせて、人に流されて就職活動をすることの意味がわからないと率直に感じたのを覚えています。私は、学生のうちに海外で働くという体験をしたいと考えていた為、休学をして単身でインドへ渡航しました。
実際に仕事で使う英語に触れること、そして「働く」という感覚を就職前に経験すること。この2つを得られる絶好の機会だと思いました。

ーーなかなかクレイジーですね!インターンの仕事内容はどんなものだったんですか?
インドでのインターン期間中は、週5で出勤。主な業務は、法人営業・広報活動・バックオフィス業務の3つでした。英語でのテレアポや訪問営業、求職者とのやり取り、Webサイトの運営、ユーザー向け現地資料・広報誌の作成など、元々は3人でやっていた業務内容を1人で全てこなしていました。

私が書いた記事のアクセス数が爆増した時や、企業様から新規でのご契約を多数いただけた際など、会社の売上に貢献でき、かつ成果を具体的な数値として出せたのはとても嬉しかったです。このような成果を残せたのは、社員の方から叱っていただいたり、アドバイスを頂いたりしたおかげです。

ーー結構、ハードな環境ですね。インドでの勤務経験からどんな成長がありましたか?
タフさとフットワークの軽さに磨きがかかりました笑。また、自分のできる事やできない事、得意・不得意に改めて気がつくことができました。見栄を張って、あれこれと抱え込む事はしなくなり、分からない事は相談・協力を仰いだりして、周りを巻き込んで物事を進められるようになりました。

全ての内定を蹴り、立ち上げ期のX Mileに入社。

ーーX Mileに入社した理由は何ですか?
もっとも重視していたのが「成長スピード」でした。私の場合はイレギュラーだとは思いますが、次の選択肢に納得がいかず、12月の時点で頂いていた内定先を全て蹴り、就職活動をやり直していました。X Mileと出会った時には海外での現地採用も考え、チケットをとっていましたが、たまたま代表の野呂さんと知り合い、食事会で会社についてや今後の展望についてお伺いしました。

社会性の高い事業テーマが自分のやっていきたいこととリンクしていましたし、成長スピードがこれまで出会ったどの会社よりも早いと感じられたので、ほぼ即決で入社を決意しました
海外渡航の直前にこんなに惹かれる会社と出会えたのは本当に運命だと思います。

ーー入社スピードも最速でしたもんね!実際に働いてみた感想を聞かせてください。
実際に数日間、働いてみて、とにかく事業スピードが早いと感じました。
また、日々、思考力や問題解決能力が鍛えられる環境です。さらに、フィードバックをその場でいただける為、自分自身の足りない部分を即時に改善していく事ができます。すぐに修正ができるので、成長スピードも必然的に上がります。

また、スタートアップだからこそ、同じ志を持ち、切磋琢磨しあえるメンバーが集う環境がありました。それぞれが、今のステップを踏んで自分自身で何かを立ち上げたいと考えたり、海外への進出を思い描いていたりと真っ直ぐな人が多いです。ここであれば、絶対にどこよりも成長できると確信しました。

とにかく「今」を全力疾走したい。将来は事業マネージャーに。

ーーX Mileで今後やりたいことを教えて下さい。
常に、現状に満足することなく、上を目指して突っ走っていたいですね。
現在、私はセールスチームに所属しており、全国の契約企業様を増やしていき、シェアを拡大していく事がミッションです。営業のみならず、マーケティングなど別の職種でも、知識とスキルを磨いていきたいです。そして幅広い知識と経験を持ち、一流のビジネスマンを目指していきます。

ゆくゆくはチームをまとめる立場に立ちたいです。メンバーの数値管理やマインドセット、教育をしながら、チーム全体で成果をあげるために動けるようになりたいと考えています。また、海外経験を生かして新規事業にも挑戦して行きたいです。

とはいえ、まだ自身の至らない部分が多いのが現実です。例えば、考え抜く思考体力が足りないと感じています。歩留まりの数値から改善策を導き出したり、日々頭を使いながら実行する経験が浅いため、普段から意識して行動できるようにする必要があると思っています。

将来を見据えながらも、「今」を全力疾走し結果を出していきたいです。
何事も無駄にしないように目の前のことをやり抜きます。
そして、何歳になっても探究心を持って、知識と経験をアップデートし続けていきます。

『変わり者』で大丈夫。未来のメンバーに向けて。

ーー最後に未来のメンバーに向けて一言お願いします。
X Mileは良い意味で「濃い」人が多いです。海外経験や旅好き、自分のビジネスを構想している方など、まさに「十人十色」だと思います。「皆と同じ」や「普通」を望んでいる人は少ないです。主体的で向上心を持ち、自学できる人、タフな人、そんな尊敬できるメンバーが多い会社です。だから私のような「変わり者」でも楽しくやれています。

「人と一緒は嫌だ」「圧倒的成長スピードを求めている」という方、
自分は少し変わっているのかな?と思っている方、
世の中のマイナスを隔たりを一緒にフラットにしていきませんか?
堅苦しくなく、カジュアルな面談からざっくばらんにお話しできたらと思います。
いつか同じフィールドに立って、切磋琢磨しあえる仲間として皆さんに会えることを楽しみにしています。

この記事を呼んで少しでも興味があると思った方は、こちらからエントリーしてみてください。

【カジュアル面談はこちらから>>】

■その他インタビュー

X Mile株式会社's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings