【社員紹介】#4 クロスマート取締役 事業責任者・寺田 佳史

2019年4月15日にXTechの100%子会社としては初めてサービスをローンチしたクロスマート( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000036294.html )。同社の取締役/事業責任者を務める寺田が歩んできたこれまでの経歴や、クロスマートに込める想いについてのインタビューをお届けします!

寺田 佳史(てらだ よしふみ)

中央大学商学部を卒業後、2007年にサイバーエージェント入社。大手企業とのアライアンス事業の立ち上げ、Facebookコマース事業の立ち上げに従事。その後、2013年にヘルスケアメディア「Doctors Me」を立ち上げ、売上1.5億、月間300万UUまで育て2017年に事業売却。2018年5月にXTech入社。2019年1月クロスマート株式会社取締役に就任。XTechでは面倒見のいい頼れるお兄さん、2人の女の子のパパ

バックパッカーに熱中した学生時代

中学・高校時代は、ずっとサッカーに夢中でした。基本的に熱しやすく飽きやすいタイプなのですが、大学に入ってからハマったのはバックパッカーですね。バイトでお金を稼ぎ、時間をみつけては東南アジアに2-3ヶ月滞在していました。初めてのことが好きなんです。初めて訪れる場所やお店、体験、人と出会って話をすることにわくわくするんですよね。初めて何かをするときの高揚感を常に感じられるので、バックパッカーに熱中したんだと思います。飛び込んでやってみればなんとかなる!という今の自分のモットーも、このバックパッカーが原体験になっていると思います。


バックパッカーもほどほどに、いざ就職活動

もともと、絶対にIT業界に行きたい!!という強い想いがあったわけではありません。正直、大学卒業後にやりたいことを具体的に描けずにいました。面接を受ける中でなんとなく見えてくるかと思いましたが、そういうわけでもなく。どこの企業の面接官や採用担当者も、仕事についての話となるとネガティブな印象でした。サイバーエージェントもなんとなく受けたのですが、サイバーエージェントだけは違ってみえたんです。外見も圧倒的にかっこよかったんですが(笑)、みんな裁量を持って自走し、何よりも楽しんで仕事に向かっている印象を受けました。こんな風に楽しんで仕事をしたい!と思い、サイバーエージェントに入社することを決めました。


いざ、サイバーエージェントへ

最初に、大手企業とアライアンス事業を行うメディアアライアンス事業部。に配属され、クレディセゾンとの共同事業「永久不滅.com」の立ち上げに従事しました。

そして数年が経った時に、Facebookコマースの事業化を企画し上司に打診しましたが、当時の事業部の予算や方針とは合わず、実現に至りませんでした。どうしてもこの事業を立ち上げたかったので、グループ会社の社長に相談をしに行きました。今の場所を離れる覚悟があるなら、という言葉をいただき、異動して実際にゼロから事業を立ち上げるという経験をしました。残念ながらこの事業は数年で閉じましたが、企画検討からチーム作り、実際に事業としてサービスインして運用をするという0→1の貴重な体験を20代でやらせてもらえた環境には今でも感謝しています。


グループ会社に転籍し、再び新規事業立ち上げに挑戦

グループ会社のサイバー・バズに転籍し、既存サービスのマネージャーに就任しました。充実した日々でしたが、0→1でサービスを立ち上げた時の感覚が忘れられず、またチャレンジしたいとずっと思っていました。そして、新規事業を検討する会議でヘルスケア事業を提案し、「Doctors Me」を立ち上げました。5年ほど事業責任者として携わり、最終的には事業売却しました。


そしてXTechへ参画

担当していた事業が売却となり、一区切りついたところでサイバー・バズを辞めました。ひとつのことにしか集中できないタイプなので、在職中に副業や転職活動はできず、有休消化に入ったと同時にやっと(笑)起業の検討も含めて、色んな人に会いに行きました。その中で、西條さんにも相談させていただいたんです。

その時に初めて”スタートアップスタジオ”という構想を聞きました。会社のブランドを背負ってイチ事業としてやるのではなく、企画はもちろん、会社のビジョンやブランディング、また今まで自分が関わる事のなかった資金調達など、リスクを抱えながらもゼロからの立ち上げができるんだ!と正に自分が求めていたような環境に出会い、興奮しました。また、サイバーエージェント時代からたくさんの成功体験のある西條さんと一緒に新規事業ができるのも魅力でした。

そして、2018年5月にXTechに参画。当時は西條さん含め、3-4名で新規事業案を考える日々でした。自分のリソース100%を新規事業の考案に注ぎ込める時間はなかなかないので、とても楽しかったですね。

(オープンしたばかりのシェアオフィス”xBridge-Tokyo”で新規事業案会議)


”クロスマート”立ち上げのきっかけ

当初はFinTechの事業を担当することがほぼ決まっていたのですが、B2Bにチャレンジしたかったこと、また飲食業界を調べるうちにまだIT化されていない部分が多くあったのでこの分野でチャレンジすることに決めました。当初は漠然と、卸業者や生産者と飲食店を繋ぐプラットフォームを作りたい、と思っていました。


チーム作り

何度か新規事業の立ち上げは経験していたものの、飲食業界は全くの素人。事業化が決まってからは、まず、プロフェッショナルから成るチーム作りを行いました。

開発については、雇用形態にはこだわらず、とにかく自分の知人=信頼できる人であること。これは、過去に連絡が取れなくなったり意思疎通がうまくいかなくなったりして、開発が頓挫した苦い経験があるので、最初から決めていました。

また、企画については、飲食店の口コミサービスの事業責任者や飲食店向けコンサル会社、また卸業者や飲食店関係者に直接ヒアリングしました。業界の課題を正しく認識し、事業案を改善してはプレゼンし、フィードバックしてもらうことを続けました。結果、今回リリースしたサービスは当初考えていたものとは180度違うものです(笑)。

最初は、今でもFAXで食材を発注するアナログな仕組みを解決しようと、スマホ向けの食材の受発注システムを作ろうと思っていました。ですが、飲食業界関係者にヒアリングをする中で、卸業者から飲食店に提案できる仕組みがないことに気が付き、卸業者から飲食店にアプローチできるプラットフォームにしました。

現在、PCで食材の受発注ができるシステムや、飲食店が仕入先を検索できるシステムはあっても、「納品伝票」をフックに、卸売業者から飲食店にアプローチできる仕組みはありません。

”クロスマート”で卸売業者と飲食店が繋がることによって、卸売業者はより効率的に新たな顧客の獲得を、飲食店は仕入コストの削減を実現できるので、テスト時点から両者に喜んで頂いています。

今後、卸業者や生産者と飲食店の課題解決プラットフォームとして、”クロスマート”が飲食業界のインフラになるようサービスを拡大していきたいと考えています。


どんな人と一緒に働きたいか

プロデューサー/新規事業責任者については、行動力のある人ですね。事業案を考えられる人はそれなりにいますが、実際にリサーチして企画をブラッシュアップして、サービスインできる人は少ないと思います。考えるよりも、とにかく行動してみることが大切なので、行動力のある人と一緒に働きたいですね。また、職種に限らずポジティブな人、また気が利く人とのチーム作りを心がけています。事業の立ち上げでは綿密に計画をしていても、大小様々なトラブルが起こるのですが、ポジティブな人がいるど、その状況を楽しみながら乗り越えることができるんです。あと、気が効く人がいると、みんなが気持ちよく働けるので、すごく雰囲気の良いチームになるんですよね。

クロスマートはこれから採用を強化しますので、お待ちしております!!

https://xmart.co.jp

(写真左から:クロスマート 執行役員 岡林、取締役 寺田)

次回はクロスマート執行役員の岡林のインタビューを予定しております!

XTech株式会社's job postings
Anonymous
Picture?height=40&width=40
756025d9 2f00 4422 a1ac 318246421e50?1553074318
3187b3f7 3301 43c7 8213 4bf8fe093ee0?1552379675
Picture?height=40&width=40
4 Likes
Anonymous
Picture?height=40&width=40
756025d9 2f00 4422 a1ac 318246421e50?1553074318
3187b3f7 3301 43c7 8213 4bf8fe093ee0?1552379675
Picture?height=40&width=40
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon