Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

自称広報担当と、宴会部長をやっています。(笑)

株式会社優クリエイトに入る前

新卒の時の就職活動では、クリエイティブ業界を中心に受けていましたが、就職氷河期で採用枠も少なく、苦戦しました。

大学4年の夏休みを過ぎた頃、どうしても入りたかった業界の企業しか受けて来なかったところを、視点を変えて広報部門がある会社も受けてみる形に方向転換をしました。 そんな中で、大学4年の12月に通年採用を実施していた大手人材派遣会社からようやく内定をもらうことが出来ました。

前職入社後は約3年で営業とコーディネーター、総務職を経験しました。 2年経つ頃には、広報部門への異動は基本中途社員で経験がないと難しいことが分かったため、転職も視野に入れながら在職中にデザイン系のスクールに通い、デザインの勉強。

実際にDTPの勉強していく中で、デザインは仕事にするのではなく、趣味で続けていこうと思うように。(今でも趣味でイラストなどを描くことは継続しています)

その後、優クリエイトへ転職。 本当は「人材ビジネスを離れてクリエイティブ系の仕事を探そう」と考えて前職を退職したのですが、今までの経験を活かしながらクリエイティブ業界に関わる仕事が出来ることに魅力を感じました。

また、「クリエイターが社会を元気にする!」という企業理念に共感ができたこと、笹塚という本社の場所に以前より愛着があった(母の実家があるので)ことも入社のきっかけです。 (当時は、いつか制作部門にデザイナーとして異動できるかも、という下心も10%くらいは持っていました)

実は転職活動を始めて、最初に受けた会社が優クリエイトでした。 1社目であっという間に内定が出てしまい、初めての転職活動はあっさり終了してしまいました。 (前職退職後、優クリエイト入社までの空白期間はわずか10日間でした)

新卒時の就職活動でかなり苦戦したので、あまりにあっさりだったので拍子抜けしてしまった記憶があります。

現在

入社して早いもので10年経ちました。 営業として人材コンサルティング、コーディネーターとしてキャリアコンサルティング、裏方として請求や稼働中のスタッフさんの給与や社会保険管理など、社内の一連の業務を経験してきました。

一番長く携わったのは、クリエイターの方のキャリアコンサルティングで、これは現在でも継続しています。 今まで1000名を超えるクリエイターを担当し、転職の仕方やキャリア形成についてのコンサルティングを行ってきました。 前職での経験や、営業として企業側のコンサルティングをしていた時の経験を総動員しながら、例え優クリエイト経由以外でお仕事が決まったとしても、「満足できる仕事に巡り合えた!」そして少しでも、「優クリエイトに出会えてよかった!」と思ってもらえるように・・・ということを常に心がけています。

そして、優クリエイト・企業・クリエイターの3者間で喜びあえる瞬間が、この仕事の醍醐味かもしれません。

現在は登録クリエイターの獲得や、登録クリエイターの満足度を上げていくことを主なミッションとしています。

登録クリエイターの獲得に関しては、自社サイトの仕組みを見直したり、SNSなどを活用したり、常に新しい方法を考えたりもしています。 まだ優クリエイトを知らないクリエイターの方と出会うきっかけをつくるためにイベントやセミナーの企画・運営を担当したりもします。

登録クリエイターの満足度を上げていくことに関しては、エントリーから登録までの流れなどの業務フローの改善を図ったり、転職を考えていない時期でも優クリエイトに登録しているメリットを感じてもらえるような仕組みを考えたり、後輩のコンサル力を上げるために教育方法を考えたり・・・仕事の内容は本当に多岐に渡ります。

SNSの活用などは、自分から提案して進めたりしている部分も大きいため、自分で自分の仕事を増やしているところも大きいです。笑 昨年からは自称広報担当として毎営業日コンサルタントブログの更新をしたり、「優クリなかの人」としてTwitterでつぶやいたりもしています。

もうひとつの「自称」ポジションは、「宴会部長」ですが、これは近々次世代を担う若者に引き継ぎたいと思っています。

株式会社優クリエイトについて

大手の企業ではない魅力として、一人ひとりの裁量が大きい仕事が経験できる点があると思います。 私が入社したのが5月で、直後に現場に配置される予定の新卒の教育スケジュールを、前職の経験を活かして考えるところからいきなり任された無茶振りには驚きました。笑

一人ひとりの裁量が大きい分責任も重いですが、やりたいことを提案すればやらせてくれる社風も優クリエイトの魅力のひとつだと思います。

大手企業とは違って、ルールや型がきっちり決まっていないため、自分で考えながら自分らしく柔軟に対応していくことも可能です。 前職でマニュアルに沿った機械的な対応に違和感を覚えていたこともあり、そう言った点はとてもいいところだと感じました。

また、個性を大切にする環境なので、社員も個性的な人がたくさんいます。 美術系大学出身や、クリエイティブ職出身、クリエイティブ系の趣味を持つ人、など、クリエイティブ業界に熱い思いを思っている人ばかりです。 そして、基本的に素直で明るく、そして真面目な頑張り屋さんが多いと思います。

オンオフの切り替えがしっかりできるタイプの社員が多いので、仕事はきっちり、飲み会やレクレーションなどは全力で楽しむ!というメリハリがついた社風が作り出されている気がします。 また、社内は和やかでアットホームな雰囲気があり、チームワークもとてもいいと感じます。

今後どういうことをしていきたいか

クリエイティブ業界のBESTパートナーになれるように、企業にとってもクリエイターにとっても「No.1」の企業に! 「クリエイティブ業界で困ったら優クリエイト!」と一番に思い出してもらえる企業を目指して、よりよいパートナーになれるように様々な角度から改善を図っていきたいと思います。

また、今後も自称広報担当として、もっと多くの人に「優クリエイト」の存在を知ってもらえる活動を続けていきたいと思います。 いつか公式広報担当になれる日を夢見て(笑)頑張ります!

そして、自分の基本姿勢である「仕事を楽しむ」を崩すことなく、笑顔で日々を楽しんでいきたいです。

株式会社優クリエイトでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
1 いいね!
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
1 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon