前職タクシー運転手からタクシー関連アプリ開発へのジョブチェンジ!

このコーナーでは、山口第一のメンバー紹介をしたいと思います。
記念すべき第3回は、三羽ユウジさん。
エンジニアになったきっかけは、ハーゲンダッツお兄さん!?タクシー運転手からエンジニアにジョブチェンジした三羽さんの人となりや経歴について、今回聞いていきたいと思います!

プロフィール

ブラジル生まれ。最初はお父さんが一人で出稼ぎに日本に来てて、住みやすかったから9歳の時、家族みんなで愛知県豊田市に移住。その後、当時付き合っていた彼女とうまくいかず、、、思い出が多い愛知ではうつ病になりそうになったので、東京かブラジルで新しい生活を始めようと思い、憧れでもあった東京へ行くことを決意。

―人生を変えた1つのハーゲンダッツ抹茶味

上京してから最初は日雇いバイトをしていたが、将来を考えると不安。。。そん中、将来役立つスキルを身につけたいと思い、勉強する為に時間の融通がきくタクシードライバーに転職。いろんな業界のお客さんの話を聞いてくうちに、たまたまIT業界に興味を持って独学で勉強したら楽しくて、これを仕事にしたいと思いながらもタクシー運転手を続ける毎日。そんな中、ある日乗車してきたお客さんがいきなり、ハーゲンダッツの抹茶味をくれた、聞くと抹茶が嫌いだったから僕にくれたみたい。ハーゲンダッツ抹茶味お兄さんからふいに、若いのに何でタクシー運転手やってるの?と聞かれた。僕はタクシー運転手は月に11日しか出勤しなくていい、仕事がない時間にプログラムの勉強をしていると答えた。
ハーゲンダッツ抹茶味お兄さんはたまたま、当時の僕と同じ28歳でIT企業のCOO兼エンジニアだった。そこからは、何を勉強したらいいのか、どうしたらエンジニアになれるかなど、いろいろ質問に答えてくれたり、相談にのってもらった。エンジニアは実力があれば、学歴、経験がなくてもやっていけると言われて、タクシー運転手からの転職を決意。そして、その時に教えてもらった転職サイトWANTEDLYで会社を見つけてエンジニアになることができた。

―入社の決め手

今の会社を見つけたのは坂田社長のWANTEDLYからのスカウトメールがきっかけ。声をかけてもらった時から自分のタクシー経験から考えてもAI乗り合いタクシー「Noruuu」のニーズは高いと思った。タクシー運転手をやっている頃、高齢者はワンメーターの移動で乗る方が多く、乗車の際に『近い距離で本当に申し訳ない』と言ってくるのが本当に心苦しくて、ありがたいのに申し訳なくなるタクシーサービスの現状が嫌だったことを思い出した。そして、エンジニアで就職した1社目で新規の自社開発があったが、実力不足で参加できなかった悔しさから一生懸命に実力をつけて、いつか0から社会インパクトのあるサービスを自分で作りたいと思っていたので、迷わずここに就職を決めた。



今後挑戦したいこと

AI乗り合いタクシー「Noruuu」の実車実験では電話予約が多くアプリの利用率がかなり低かったので利用率をもっと上げる為、さらにわかりやすい仕様に変更したい。高齢者はもちろん、子育て盛りの主婦(主夫)さんや免許を持っていない学生さんなどもっと幅広いユーザーにも使ってもらえるようにしたい。最近は外国人観光客にも気軽に使ってもらえるように英語でも利用できる機能も追加しました。これからもローカル&グローバルな方々に使ってもらえるようなアプリにすることが今の自分の目標。



―最後に。。。

ホント、どうでもいいことですが、時間が余ったので三羽さんに聞いたことを少し紹介します。

趣味

・ヘビメタを聞くこと

・友達と食事

・食事のイベントに行く(食べたことがないものに興味がある)

・チーズが入ってる食べ物、チーズが大好き

休日の過ごし方

・家の掃除

・友達がやっているバンドをたまに観に行く

山口第一のメンバーに一言どうぞ

アプリがんばってリリースするので待っててください!!

山口第一株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings