スタッフインタビュー

Yamauchi Accounting Officeに入る前

◆まずは、これまでのキャリアを教えてください。
国立の美術館の会計・経理を担当していました。
3つの美術館で合計約8年間勤務しましたね。

◆転職しようと思ったきっかけを教えてください
最初は転職するつもりはあまりかったんです。
これまで、いくつもの美術館での会計・経理業務を経験できたのはよかったのですが、
文化芸術でもっとたくさんの知識やスキルを身につけたいと思うようになり、
今までの経験やバックグラウンドを活かしながら知識やスキルを上げたい、できることをもっと増やしたいと思っていたところ、山内会計のWEBサイトを見つけたのです。そして、ここに転職したい、と思ったのです。

◆その際に山内会計を知ったんですね?
はい、山内会計のWEBサイトの代表メッセージを読み、
直感的に、ここなら自分の経歴を面白がってくれそうだなと感じました。
芸大出身かつ美術館の経理の仕事をしていたという両方が活かせそう!と思い、応募しました。

現在

◆それで入所が決まったんですね。実際に入所してみてどうでしたか?
入所前は、本当にこれまでの知識やスキルが通用するのか正直怖かったですが、
実際は思ったより怖くなかったです(笑)

◆代表の印象は?
第一印象は、一般的な公認会計士のイメージと違って柔和な方なんだなと感じました。
入所から1.5年経って印象は変わりませんが、柔和だけど理念の方だなと次第に感じるようになりました。
会計についてもアートについても情熱的、熱い思いと冷静な判断、どちらも持ち合わせている方だなと。

Yamauchi Accounting Officeについて

◆事務所の魅力について感じるところを教えてください
代表のスタンスとして、要点を抑えてくれること、何か重要なのかを明らかにしてくれることが、私にとってはありがたかったです。
できないことをできないといっても怒られない、なぜできないか?どうしたらできるのか一緒に考えてくれるのも新鮮でした。
事務所自体の魅力としては、会計や税務の専門的なことだけでなく、最新トレンドの話題も複数人で話したり議論したりできるところかなと思います。
今だと仮想通貨や人工知能、リノベーションの最新の事例などですかね。
それらについて、良し悪しではなく、内容や本質についてフランクにディスカッションできる会計事務所はそうないと思います。
そんな環境なので、メンバー同士もフラットな関係で、分からないことを質問しあえる、べたべたしすぎないちょうどよい距離感かなと思います。
あと、会計・税務の書籍だけでなく、最新のカルチャー界隈の書籍もそろっていて借りられるのも嬉しいです。

◆大変だなと思うことは何ですか?
繁忙期などデスクワークの集中期は体が凝ったり等がありますが、ヨガや整骨院に定期的に通ったり、所内でもストレッチしたりと、工夫しています。
クライアントを訪問することも多いので、デスクワークばかりでもないのですが。
本質を効率的に追及するために無駄な作業をそぎ落としていくという事務所のスタンスは、
私にあっているので、そういう意味で大変だなと思うことはあまりありません。

今後どういうことをしていきたいか

◆自身の目標や展望はありますか?
新しい知識や情報を吸収して、自分ができることをもっと増やしたいです。
欲張りと思われるかもしれませんが、幅広くかつ深く知識を得たいです。
私の意欲は、複雑な問題を解決したいというところにあるんですよ。謎解きが好きなんです(笑)
世の中の複雑な問題解決のためには、目標を絞らず知識を広げ深め、自分ができることが広げていくことが結局は近道だと思っています。

◆どういう人が山内会計に向いていると思いますか?
疑問でも主張でも不安でも、ちゃんと口に出したり行動に移せたりする人が向いていると思います。
逆に、言われたことを何も考えずにイエスと言っちゃう人はあまり合ってないかもしれません。
事務所自体もクライアントもなぜ?を本質的に考えるカルチャーがあるので、本質的なぜ?を自然と考えられる人と一緒に仕事をしたいです。

Yamauchi Accounting Office's job postings
Anonymous
8ff46784 29b5 4f66 8b2c 51c3a531c276
C8a6d428 fdc7 4912 afd8 ab97eed0ee77
2 Likes
Anonymous
8ff46784 29b5 4f66 8b2c 51c3a531c276
C8a6d428 fdc7 4912 afd8 ab97eed0ee77
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon