1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

相談スペース
ヨネツボ名古屋 行政書士事務所は、交通事故の後遺障害等級認定手続・異議申立手続きの専門事務所です。(東京・大阪のヨネツボ行政書士法人の姉妹事務所です。) 被害者救済をより深化させるため、愛知県名古屋を中心に交通事故でケガをされた被害者様に対して、「自賠責保険・被害者請求」「後遺障害等級認定手続き」に特化した業務を行っております。 主な業務は以下の通りです。 1,相談業務 交通事故や後遺障害に関し、困り事・悩み事・知りたいことなどの相談をお受けいたします。 2,手続き業務 被害者請求手続き、後遺障害等級認定申請手続き、異議申立手続き(再申請)など、自賠責保険に関する手続きを専門としております。 3,医療調査業務 自賠責保険(共済)における後遺障害等級認定基準の詳細については、一般には非公開とされております。そのため弊所では、ヨネツボグループに蓄積されている2,000件以上の過去の該当・非該当の事例をもとに、等級認定上必要と思われる医療情報を質問するための医療照会回答書を考案、作成し、医師に文書照会または、面談を致します。

なぜやるのか

行政書士 小泉真吾
後遺障害等級認定、自賠責保険請求手続… ご相談者様のご負担を軽減して、スムーズな解決を。 「まだ治療したいのに治療費を打ち切られてしまった」 「症状固定って何?」 「申請したが非該当になってしまった。どうしたらいいのか…」 相談を受ける際、交通事故の被害者の方からこのようなお悩みをよく聞きます。 事故の加害者は保険会社が対応をしてくれますが、被害者になってしまった場合、自分自身で事故を解決していかなければならないケースが多く、精神的に多大な負担が生じます。 当事務所はこうしたお悩みを抱える被害者の方に対して、自賠責保険における被害者請求を活用することにより、被害者の方のご負担を軽減させ、事故を賠償面においてスムーズに解決するためのお手伝いをしております。

どうやっているのか

和やかな雰囲気でご相談をお受けします
JR・市営地下鉄「名古屋駅」桜通口から徒歩5分
名古屋に事務所を構え、地元に根差した現場主義をモットーとしております。 ご相談の際にはなるべく専門用語を使わずに、わかりやすくご案内することを心がけています。 和やかな雰囲気の飾らない事務所です。