【PICK UP STARS】TikTok総再生回数6,000万回とInstagram7.5万フォロワーを支えるインターン生の正体とは?

2019年7月にInstagram上で7.5万人のフォロワーを獲得、TikTokにおいても、半年でアカウント登録者数3.9万人を突破した「RELIVERS公式アカウント」。TikTokでは「ライフスタイル」ジャンルの最前線を走っています。

実は、この2つのSNSを運営しているメンバーの90%がインターンで構成されているんです!

今回はそのヴェールに包まれたチームのメンバーをご紹介しちゃいます!

RELIVERS メンバー紹介】

Asumin:立教大学 学部3年生 RELIVERSのSNSチームリーダー。ゆあまいのインターンは2年の2月から。実はプライベートではSNSをあまりやらない。

Osamu:慶応義塾大学 学部3年生 RELIVERSチーム Instagramセクションリーダー。ゆあまいのインターンは2年の3月から。プライベートのインスタアカウントはベージュ多め。

Kassy:明治大学 学部2年生 RELIVERSチーム TikTokセクションリーダー。ゆあまいのインターンは1年の3月から。プライベートのインスタアカウントはラーメン(家系)多め。

募集要項は「やる気」と「情熱」ってどんな会社?

ーそもそもなぜ長期インターンをしようと思ったの?

Asumin:私は就活のためでした。2年生のときにアメリカに留学したんですけど、思った以上に英語が身につかなくて(笑) 何か実績をつけたくて、インターンを始めました。

Osamu:私も就活がきっかけですね。元々別のベンチャー企業でインターンしていたんですが、あまり夢中になれず…もっと興味を持てる事業をやっている会社を探していました。

Kassy:僕は今までやっていたバイトって単純作業が多くて、あまり面白みを感じなかったんですよね。そんな時に友人に「ベンチャーでインターンするのって面白いらしい」と聞いて探し始めました。

Nakagawa : なるほど、その中でユアマイスターのインターンを選んだのはなぜ?

Kassy : インターン募集要項に必須項目として「やる気」「情熱」と書いてあって、「なんだこの会社」って気になりました(笑)

Osamu : 私も求人を見た時に「燃えてる感」を感じました。熱い人が多いんだろうなぁ、と。自分も一緒に何かに熱中したい、と思って応募しましたね。

ーそれぞれの役割とチームの構成は?

Asumin : 現在、RELIVERSチームではメインのオウンドメディアである「RELIVERS」と、各SNSごとにチームを分けています。私は今、各SNSのチームを統括するリーダーを務めています。

RELIVERSチームではまず、オウンドメディアの「RELIVERS」の記事ライティングから学んで、ユーザーに刺さる記事を製作するコツを掴んでもらいます。記事製作でコンテンツ作りの基礎を学んだ後に、各SNSの製作を担当してもらっています。

Osamu : 私は現在、Instagramチームのリーダーを務めています。チームのメンバーは7人です。実は私、元々インスタが好きで暇さえあれば4時間くらい見てることもあって…!旅行に行ったりや外食したり、服やアクセサリーを買う時も全てインスタで探します。その「好き」を仕事に活かせるのが今はすごく楽しいです!

Kassy : 僕はTikTokチームのリーダーをやらせて頂いています。実は元々TikTokはあまり好きではなかったんです。喰わず嫌いというか…TwitterやInstagramを使うことが多かったですね。でも、RELIVERSでTikTokの担当になってからはその面白さにハマっています(笑)

Instagramの7.5万人フォロワーはどのようにして達成されたのか?

当初、30いいね!つけば良い方だったInstagramアカウントが一晩で「200いいね!」がつきました。公開後も数字が伸び本記事公開(19年8月)時点では「736いいね!」がついています。

Asumin : 実はRELIVERSがSNSに挑戦したのは、2度目なんです。RELIVERSが誕生してすぐに挑戦したことがあったんですが、その時は上手くいかなかった。SNSはタイミングもあると思うんですが、まさに今回はタイミングがハマった、というところでしょうか。

Osamu : 2度目の挑戦を始めたのは、2018年12月頃です。そこから2ヶ月後にはTikTokのアカウント登録者数は1万を超えていました。インスタは当初、TikTokのついで程度でやっていましたね。TikTok用に撮影した動画をインスタ用に加工して載せるくらいだったんです。ちなみに、当時のフォロワー数はたったの30人でした。

Nakagawa : え!?30人しかいなかったの!?多分、ほぼ身内だよね(笑)

Asumin : そうですね(笑) なんとなく、自分の中に「TikTokで求められるコンテンツ」と「インスタで求められるコンテンツ」って違うんじゃないかなぁという感覚がありました。そこで、とある投稿から少しずつインスタ用のコンテンツを作るようにしてみたんです。

そうしたら、今までは最高「30いいね!」だったのが、一晩で「200いいね!」ついたんです!

Nakagawa : すごい伸び率!具体的には何をやったの?

Asumin : 色々あるんですが、もし知りたい!という方はぜひご応募いただいて一緒に働きましょう! (笑)

Osamu : そこからSNSごとにチームを分けて、それぞれのユーザー層に向けたコンテンツを作るような体制になりました。

Kassy : インスタは主婦の方に多く見ていただいているのですが、TikTokはもう少し若い層が多いです。なので、一捻りしたコンテンツの方が反応がいいですね。

Nakagawa : それぞれのSNSの特徴を分析し、取り組み、コミットするチーム体制が秘訣なんですね。

ー仕事のやりがいと今後の野望は?

Kassy : SNSは当たり前ですが、「数字」が結果としてわかりやすく出る部分が面白いですね。僕は投稿を考えて作ることも好きなんですが、自分の作った物に対して「数字」が出るので、成果を測りやすく、振り返りがしやすいです点も好きですね。

Asumin : 私は投稿に対するコメントがモチベーションに繋がります。投稿した内容を実際に「やってみました!」という内容を見ると、自分の投稿で人の行動を変えられたんだ、と嬉しくなります。

最近はフォロワーも増えた影響か、厳しいご意見を頂くことも増えました。そこに関しては、より良いコンテンツを制作できるきっかけをいただけていると前向きに捉えています。

Osamu : 以前、とある商品をピックアップした際にその商品のメーカーさんからご連絡を頂いたことがあり、びっくりました!メーカーさん側にもRELIVERSのおかげで反響があった、と言って頂けたときは本当に嬉しかったです!

Nakagawa : 本当にみんなの力で変えていったSNSチームだよね。今後の目標はどう?

Asumin : SNSチームからRELIVERSのブランディングに貢献したいですね。

Osamu : インスタだけでクライアントと仕事ができるくらい、影響力のあるアカウントに押し上げたいです!

Kassy : RELIVERSだけでなく、弊社が運営 するサービスECプラットフォーム「あなたのマイスター」にも貢献できるコンテンツを作っていきたい です。

「ユーザー目線」と「考える力」が培われる現場

ーインターンを通して身についた力とは?

Asumin : 私はSNSの運用を通して「ユーザー目線」が身につきました。インスタとTikTokでコンテンツ内容を変えられたのもその「ユーザー目線」からだと思います。

あとは、SNSチーム全体をまとめているので、チームマネジメントも今は習得中です!

Osamu : 私は「考える力」です。Kassyも言っていましたがSNSは結果が数字で見えるので、PDCAを回すのに適していると思います。常に「なぜ?」と考えるクセがついたように思います。

Kassy : 僕は「物事を見る視点」です。常にネタを探しているので、道を歩いている時でも看板や掲示物の「意図」を考えるようになりましたね。

ー どんな人にユアマイスターのインターンに来てもらいたい?

Asumin : 「自分なりに考えてできる人」「何事も楽しめる人」「作ることが好きな人」がSNSチームには合っていると思います!

ー 最後に見てくれている方に一言お願いします!

Osamu : 本気でやろうと思えばいくらでもできる環境です!ご興味ある方は、ぜひ一度オフィスにきてみてください!

ユアマイスター株式会社では一緒に働く仲間を募集しています

ユアマイスター株式会社's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more