1
/
5

先を見据えて行動するチームで、エンジニアとしてスキルアップを実感。【YOURMYSTAR ENGINEER STORY 02】

現在変革期を迎えているユアマイスターのプロダクト開発チーム。
日々プロダクト品質を向上するために取り組む南健太郎さんに、入社して1年間でチャレンジしてきたこと、そしてこれからチャレンジしていきたいことについて教えていただきました。

プロダクトを使う人に寄り添った開発がしたいと考え、ユアマイスターに入社

ーー南さんの経歴を教えてください。

システムの受託開発会社を2社経験し、フリーランスエンジニアとしても仕事をしていました。

受託開発の仕事では、発注者とのやりとりは連絡担当が行う形だったので、僕は発注者の要望通りにシステムを完成させることに専念していました。

フリーランスで仕事をしている時は、最初から発注者の方と直接やりとりする形だったので、実際に完成したものに対する声を直接聞くことで、自分が作ったサービスの成果を実感することができ、やりがいを感じていました。

ですが、問題を解決したり知識を身につけたり、全て自分で努力する必要があったので、1人でできることの限界もありました。

プロダクトを自社開発している会社に入って、一緒に働く仲間とスキルを高めたい、そして、自分が取り組んだことに対してきちんと結果が見える環境に身を置きたいと思ったので、転職を考えるようになりました。

ユアマイスターは大きなプロダクトを持っていて、事業が成長段階にあることに魅力を感じ、入社を決めました。

たくさんのフィードバックで技術とモチベーションが上がる!

ーー働く上でユアマイスターの環境はどうですか?

とにかくフィードバックをたくさんもらえる環境は自分の成長につながっていると思います。

まずは技術面のフィードバックです。

ユアマイスターのエンジニア間では定期的に行っているペアプログラミングがあります。
例えばCakePHPを使用する場面で、僕はCakePHPをあまり使ったことがなかったので最初は不安がありました。

知見があるメンバーに自分のコードを見てもらうことで、よりCakePHPの各責務に合わせて、処理を書くことができるようになってきました。

また入社当初は、どのようにコードを移動させればシステム同士を疎結合に保てるかわからなかったことが多かったんですが、メンバーに繰り返しフィードバックしてもらうことで、徐々にわかるようになってきました。

ペアプログラミングは、自分のコードの書き方を振り返るいい機会になっていると感じます。

コードレビューも相互に行っているのですが、この1年間でレビューをもらう中で、もっと先を見据えて、他の人でもわかりやすいものを作る視点が増えました。

僕自身も一緒に働く仲間の成長につながるようなフィードバックができるように、コードレビューにも責任をもって取り組んでいます。

その他にも、エンジニアの枠を超えてのフィードバックもたくさんもらえます。

新機能をリリースしたあとに、どれくらいCV率が増加し、売上に繋がっているかという具体的な数字を、PdMやデザイナーも含んだプロダクト開発チーム全体で共有してもらえるのもいいなと思います。

自分がやったことに対する結果が目に見えるので、やる気も出るし、改善する箇所を見つけやすいと感じています。

自分が作ったシステムについて、色々な人がチームの垣根を越えてどんどんフィードバックをしてくれるユアマイスターの環境が好きです。

1年間で幅広いチャレンジをし、成長した自分に出会えた

ーー1年間でどんな仕事を経験してきましたか?

僕は、ユアマイスターのECサイトを利用するユーザーさん用・サイトに出店する業者さん用・管理用の三部門を幅広く担当させてもらっています。

1番やりがいを感じたのは、特集ページ機能の作成です。
特集ページ機能とは、各テーマごとに沿ったサービスをまとめてその中から検索できる機能のことです。

特集ページ機能を使うことで、ユーザーさんはエリアとカテゴリを選択してサービスを比較しながら、自分に合った業者さんを検索できるようになりました。

実際にページを作っている時は、余白を意識して作っていました。
特集ページ機能のおかげで予約数が増え、業者さんの売り上げに貢献できたときは嬉しかったです。

業者さん用のページに関しては、出店プロセスを改善しました。
以前は、業者さんがユアマイスターに出店する際の手順は、ユーザーさん用のサイトに記載していました。

業者さんの出店をお手伝いする営業部のメンバーから、出店プロセスをわかりやすくしたいという声を聞いたので、必要な情報を最適な場所に置いてページを改善しました。

ーー南さんがこの1年間で一番成長したと感じるのはどんなところですか?

チームで働く力が大きく成長できた点だなと感じています。
誰がみても分かりやすく、かつ柔軟に改修できるようなコードが書けるように成長できている実感はあります。また受け取り手が改善しやすいように、コードレビューができるようにもなってきました。

エンジニアメンバー全員が学習することに対してとても貪欲なので、僕自身も負けていられない、頑張ろうと思えます。

そして何よりチームとして先を見据えながら、チーム全体で現状をよりよくしていこうとする姿勢で業務に取り組んでいます。また、フィードバックをしてくれる環境が僕を成長させてくれているので、感謝しています。

先を見据えて、サービスを成長させるエンジニアになりたい

ーーこれからの目標を教えてください。

将来的には、ユアマイスターのサービスを技術の面から成長させることができるエンジニアになりたいと思っています。

これからユアマイスターが提供するサービスが増えていき、プロダクトが大きくなっても、柔軟に改修でき、ユーザーさんに使いやすいと感じてもらえるプロダクトにしたいと思っています。そのため、適切にコードを書き、設計までもできるようなエンジニアになりたいです。

エンジニアとしてのスキルを上げるためには、知識を常に吸収し続けることが大事になってきます。
僕個人としてはDBの設計についての本を読んだり、常に新しい言語を学んだりしています。

チームのメンバーも常に新しいことを学ぼうとしていて、最近ではチーム全体でCleanArchitectureの勉強会を開いてみんなでインプットを増やしたり、個人が学んだことを共有したりしています。

実際の業務では、学んだことを活かしながら要件に合ったコードを書くことを意識するなど、アウトプットにも力を入れています。

これからも、他のメンバーに言語や設計スキルで負けないように学びに没頭し続けたいです。

そして、勉強熱心な仲間とともに新しい技術を取り入れながら、ユアマイスターのプロダクトをもっと多くの人に使ってもらえるように磨いていきたいです!

Profileーー

南 健太郎

関西外国語大学卒業後、Webシステム会社にアルバイトで入社。1年ほど働いた後、フリーのプログラマーとして独立。個人の方の業務支援ツールの開発やWebサイト制作、データの保守などの活動した後、1人で活動することの限界を感じて、改めて受託系Webシステム会社に入社。開発エンジニアとして働いていたが、もっとユーザーさんに寄り添った開発がしたいと思いユアマイスターに入社。
技術の面でサービスを成長させるようなエンジニアを目指して日々奮闘中。
赤いアイテムをどこかしらに入れてくるのが南スタイル。

★ユアマイスターのプロダクトの概要やエンジニアチームが大切にしているものをまとめています。ぜひご覧ください。

ユアマイスター株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
25 いいね!
25 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング