1
/
5

働くということ

初めまして、ユアマイスター株式会社 代表の星野と申します。

弊社は、8月8日に設立したまだまだ小さい会社です。社員6名・インターン15名とともに社会の役に立つサービス・組織を目指し日々活動しています。

私は社員やインターンの皆さんに、仕事とは何かということを理解して成長して欲しいと思っています。

人生は、無限ではない上に、いつ終止符を迎えるかは誰にも予測はできません。予防は出来ますが、突発的なことが起きたり、見えない何かが進行している可能性もあります。

私は21歳の時、体育会の主将として活動し、春に関東学生リーグの試合に出ていました。

シングルス予選の時に、見知らぬ電話番号から電話がかかってきて、その電話により私の価値観は大きく変わりました。

電話の中身は、慶應義塾大学から学校の健康診断で「肺に大きな影があるからすぐに病院に来い」と言われました。試合が終わってから病院に行くと、素人目にも見える肺の穴と白い影により、即全ての活動を中止になり外部の人間との接触がNGになりました。

急に孤独な世界に入り、死の可能性が高い病と直面し、自分の時間と死を目の当たりにしました。幸いにも4年近くかけて完治しましたが、その時に確信したことがあります。

①死より辛いことはない

②死から逆算しないといけない

③生きているからこそ生み出せる価値がある

④なんのために生きているのか?生まれてきたのか?それは人・社会のために役立つために生きていると言うこと

⑤一人で生み出せるものは少ない、より多くの人と関わるのが人生であり結果である

ということです。

そしてこの思いを持ちながら仕事をして、さらにわかったことがあります。

I 人生の中で、長い時間を仕事で費やす。仕事に対する努力や姿勢は人生に大きな影響を生む

II 社会や誰かの役に立つからこそ利益が発生する

Ⅲ どれだけの人に支えてもらえるか・応援してもらえるかであり期待や共感が結果を左右する

という考えです。

弊社で働いていただいてる皆様、これから出会う皆様には是非上記を体感してほしいと思います。綺麗事かもしれませんが、この想いだけで前職では結果が出せたと思っています。

これはこの先も変わらないはずです。

でも結果というのは、私が作ってくれたものではなく、私を信じてくれた会社・仲間・お客様から提供してくれたご褒美です。

私自身は、正直何もセンスもないし秀でてものはないです。

頑張ることは当たり前だし、みんな頑張っている。頑張っていることを差別化にはできません。

では、その中でどうやって結果を出すか?

これから社会に出る学生には、この方法を伝えていきたいです。


誰かの役に立ち、感謝され、目標にされるような会社になる。社会人となる。

そうなれば、日本の経済成長を引っ張り、常に応援され続ける会社へと成長すると思います。

それを実行するために、ユアマイスターを作りました。

You are my star というメッセージが

「Yourmystar are Japanese star」へと世界から認識されるように共に頑張りましょう。

星野


あなたのマイスター

https://yourmystar.jp/

RELIVERS

https://yourmystar.jp/relivers/

ユアマイスター株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
22 いいね!
22 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング