外部の良さを知って、内部をもっと良くしていける。それがY'sの醍醐味。

米田 一貴
Creative Division サブチーフ
2014年、Web広告のベンチャーに新卒で入社。営業、広告運用業務を経験後、2015年8月に未経験からエンジニアになるべくY's中途入社。COS Divisionスタッフとして取引先企業に常駐、Webディレクター・フロントエンドエンジニアとして経験を積み、2017年7月にCreative Divisionへ異動(内勤)。プロモーション・広報業務等を担う部署(Creative Division 3rd-Section)の立ち上げを行い、同年12月にCreative Division サブチーフに就任。


Y’sに入ることが「野望を実現するための一番の近道」だと感じた

前職では、外の世界をほとんど知ることなく毎日を過ごしていました。一般的な企業の入社1年目なんてそれが普通だと思いますが、なぜかそこに危機感を覚え、転職を決意しました。

僕には「自分の考えたWebサービスやアプリで人々の生活を豊かにしたい」という野望が学生時代からずっとあり、もしかしたらひとつの小山で縮こまっていることがとても窮屈だったのかもしれません。

そんな僕にとって、未だ見ぬ“Webエンジニア”という職種を知る機会が目の前に転がっていたことは、チャンス以外の何物でもなく…

Webサービスやアプリを作る上で技術の勉強は必須だし、取引先に常駐して働くことができたり、その上で自社に戻って自分のアイデアを活かすことができたりと、様々な環境が用意されているY's以外を選ぶ余地はもはやありませんでした。


第一印象は、シンプルに“ひたむき”。

実際に入社してみると、想像以上に周りのみんなが成長に対して貪欲で、少し焦りを感じたのを覚えています。

僕は技術者としてのキャリアをどこまでも登っていきたいわけではなく、将来企画やプロデュースを行う上で技術者の苦労や働き方を知っておきたくてエンジニアを経験したかったということもあり、技術をどこまでも追求しようとするみんなの姿勢がハードルになったりもしました。

でもそこを逆手に取り、「みんなが技術を追い求めるなら、自分は企画やプロデュースの分野で一番になればいい」と、開き直りにも近いような前向きさで乗り切りました。

その開き直りが功を奏したのか、Y'sで初めてディレクションの道を突き進んだスタッフとなり、さらに領域を広げてマーケティングやPRの分野で部署を立ち上げるほどにまで成長を遂げることができました。

今となっては僕以外にも、デザインや動画制作など、技術以外の道を切り拓いて突き進んでるスタッフがたくさんいます。



自社に所属しながら、他社の環境を知ることができる

COS DIvisionのスタッフは入社時はまず取引先企業に常駐して仕事をします。

僕の最初の案件は、博報堂アイ・スタジオでのWebディレクター業務。ほぼ経験がない中で、優秀な社員の方々に必死に食らいつき、1年間学ばせていただきました。この1年間で自分でもびっくりするほど、実力も経験も積むことができたように思います。

その後1社の参画を挟み、DMM.comラボにフロントエンドエンジニアとして参画させていただきました。ディレクションに関しては1年間の経験が自信になっていましたが、技術に関してはほぼ未経験。再び不安と闘う日々が始まりました。

最初はなかなか光明が見えず狼狽してましたが、必死にクソコードを量産しては数十件のレビューコメントをもらい修正…のサイクルを繰り返していくうちに、徐々にコーディングの本質を見出すことができました。

もちろん本物の技術者から見れば僕なんて目くそ鼻くそレベルかもしれませんが、少なくともフロントエンドエンジニアがどのような職種なのかは理解することができたように思います。

今思うと、この2社に常駐して経験を積めたことは本当に大きかったです。

業界を牽引する大手企業の中はどうなっているのか。社風や環境などの、実業務以外の部分でも、学べるところがたくさんありました。

そしてこれからは、これら企業で吸収した良いところを自社にどう落としていくのかが課題となってきます。現在、必死に奮闘中です。


みんなが会社を作る。そんな文化。

Y'sでは、役員クラスの方々が入社間もないイチ社員の発言に耳を傾けて、真剣にダメ出ししてくれて、真剣に褒めてくれて、どこまでも向き合ってくれる。僕が入社してすぐの頃から今日まで、その風土は変わりません。

思ったことをなんでも臆せず話す社員に対しては、役員の方々もどんどん心を開いてくださいます。

友人関係に置き換えてみるとわかるかと思いますが、考えてることをなんでも話してくれる人の方が信用できますよね。

そしてその延長で、やりたいことをやりたいと言える人にチャンスが巡ってくるような環境でもあります。

事実、僕は入社当初から「僕、CMOになります!」と社長にアピールし続けた結果、入社2年少々で部署の立ち上げを経験させてもらえています。CMOについてはポジション自体がまだ存在せず、もう少し先の話になりそうですが、現在は部署のナンバー2である「サブチーフ」として、業務改善や風土作りに取り組んでいます。

Y'sでは年齢は一切関係なく、やる気のある社員には平等に会社を作っていけるチャンスがあります。言葉でそう謳っている会社はいくらでもありますが、実際にそうなっている会社はなかなかないですよね。


記事を読んでくださっている方へ

最後にひとつ、僕の考えをお伝えさせていただきます。

なりたい自分になるには、自分の努力はどうしたって必要です。でも、その努力をする環境次第で、その努力がどう実を結ぶかが大きく変わってくるんじゃないかと僕は思います。

そして、努力をする上で、個々人にとって最適な環境を提供できるのがY'sという会社です。

当然、なりたい自分が定まっていることが前提ですが、それすらどうしたらいいかわからないという方も中にはいらっしゃるかと思います。

そういった方も、一度Y'sに遊びに来てみてください。僕と一緒になりたい自分を探しましょう。それが例えY'sで叶えられないことだとしても、全力でアドバイスさせていただきます。

もちろん、Y'sで叶えられることなら一緒に突き進んでいけたら嬉しいです。

拙い文章をここまで読み進めてくださり、本当にありがとうございます。

こういった記事を書くのは滅多にないことなので結構恥ずかしいですが、せっかくなので多くの方に読んでいただけたらと思います!Y'sでお会いできるのを楽しみに待っています!

株式会社Y's's job postings
Anonymous
E88f6b88 ef93 43d7 bffb 8e0dd4c3e000?1520524989
663f9322 83a3 4b31 b640 497742a78cef?1513647534
168ab77d e0a0 4836 bc65 508ba9d62e23?1523145574
14141497 876669739133751 2332136076360587823 n
23231679 106625550110682 8033674212269532382 n
23 Likes
Anonymous
E88f6b88 ef93 43d7 bffb 8e0dd4c3e000?1520524989
663f9322 83a3 4b31 b640 497742a78cef?1513647534
168ab77d e0a0 4836 bc65 508ba9d62e23?1523145574
14141497 876669739133751 2332136076360587823 n
23231679 106625550110682 8033674212269532382 n
23 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon