28歳で銀行員から経営コンサルタントへ。挑戦を決意した背景を聞いてみました!

こんにちは!ゼンシングループ採用担当の坂下です。

ゼンシングループの中の株式会社FREE PEACEでは、2018年3月に「経営コンサルティング事業部」が新設されました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。(※旧事業部名称:法人コンサルティング事業部)

本日は、この「経営コンサルティング事業部」で働く唯一の20代の福田さんに話を聞きました。もともと銀行員だった福田さん。このWantedlyをきっかけに、約10か月前にジョインしてくれました!

インタビューを通して「経営コンサルティング」の仕事内容をはじめ、FREE PEACEの雰囲気や価値観について知っていただけると嬉しいです!

本日はよろしくお願いします!

ーーよろしくお願いします!


福田さんの今の仕事内容を教えてください。

ーー普段は「経営コンサルティング事業部」に所属しています。社長さまとお話をして、事業の悩みを解決するのが仕事ですね。具体的には、法人の決算書を拝見して財務コンサルティングをご提案したり、株式移転や事業承継の相談なども受けています。


社長さまからディープな相談をいただく仕事だと思いますが、すぐに相談していただけるのでしょうか?

ーー今の日本の経営者の平均年齢は約60歳なんですよ。なので、ほとんどの社長さまは事業承継を気にされています。ただ、そういった悩みはある程度までは吐露していただけますが、社長さまと深いところで信頼関係を結ぶことは非常に難しいですね。

前職の銀行員だったときは、銀行というバックボーンがあるからこそ、何でも話していただけた部分がありましたが、今は僕自身が看板となり、勝負できるようにしていくことの重要性を感じています。


信頼関係を築く上で意識していることはありますか?

ーーまずは自分のことを話すことです。これは大学のバスケサークルで代表を務めたときに学びました。自分から話すと、自然と後輩たちも自分のこと話してくれるようになったんですよ。自己開示が大切だと思うので、お客さまに対しても、なぜFREE PEACEに入ったのか、今後どういうことをしたいのか、という話を積極的に伝えるようにしています。


どんな時にやりがいを感じますか?

ーーお客さまから感謝していただいた時ですね。

財務コンサルティングのお手伝いさせていただいたお客さまから、キャッシュフローを痛めずに資金調達ができたと喜んでいただけた時は嬉しかったです。

あと、経営コンサルティングの仕事は幅広いんですよ。常に勉強が必要ですが、知らないことを知ることができたり、様々なお客さまのニーズを知ることができることは楽しいです。1つの金融機関に所属していると提案できる幅が限られてきますけど、FREE PEACEだと保険代理店機能もありますし、提携している投資会社さんもありますので、様々な提案ができます。多岐にわたって役にたてることは、やりがいに繋がっていますね。


入社してからもうすぐ1年ですが、FREE PEACEに入って感じたことはありますか?

ーー1人1人のキャラが濃いです(笑)それぞれバックボーンがあって面白いですね。

また、尊敬できる先輩ばかりです。すごいと思うことは、基本的な事を徹底していること。例えば、すぐに連絡する、挨拶をしっかり元気にするなどです。そういった細かいことを徹底することは、意外と難しいと思うんですよね。人間力という言葉がありますが、まさしくそれだと思います。金融の営業は、他社との差別化が難しい分、人間的な魅力をあげていく必要性を感じます。

他にも、保険屋さんとしてお客さまから決算書を預かる先輩たちに驚きました。信頼の証ですよね。そんな先輩たちと一緒に仕事をさせてもらえるのは、とても勉強になります。


FREE PEACEに入社を決めた理由は何でしたか?

ーー実は、もともと転職活動をしていたわけではないんですよ。転職をぼんやりと考えていたくらいでした。そのような中、Wantedly経由でFREE PEACE主催の『お金の学校』というセミナーの案内をもらったのがきっかけです。

余談ですが、『お金の学校』では、“成功している社長の共通点”という話が小林社長からありました。その共通点とは、ずっと与え続ける人。ギブ&テイクではなくて、徹底的なギバーであるということでした。

そこで、お会いしてきた社長さまを思い起こしたら、確かにそうだなと感じたんです。また僕自身、お客さまと対等な立場を築くことで、新しい取引をいただいたことがありました。お客さまのために徹底的に動くことで、お客さまは返してくれることを実感していたので、すごく腹落ちしたのを覚えています。

中小企業の社長さまの手助けをしたいと考えていた中、小林社長の下で働けたら楽しそうだと感じたのは入社の大きな決め手になりました。


▼小林社長ってどんな人?こちらを見ていただければ人柄を感じていただけます!▼


入社前後で小林社長にギャップはありましたか?

ーーないですね(即答)。小林社長は軸があってブレないんですよ。常に徹底して前向きな言葉を投げかけてくれるので、すごいなと思っています。


▲事業部長とも近い距離で話せるアットホームな雰囲気です!


今後の目標を教えてください。

ーー中小企業診断士の資格を年内に取得して、できることを増やしていきたいと考えています。まだまだ勉強させていただくことが多いので、早く会社やお客さまに対して恩を返せるように頑張りたいです。


最後に同世代のキャリアに迷われている人にメッセージをお願いします。

ーー好きなことにチャレンジできる年代だと思います。ただ、楽をしたくての転職は避けた方がいいと思いますね。これからAIが発展して、ますます格差社会が広がると言われています。その中で楽な仕事しかできないと、今後仕事がなくなると思うんですよ。自分の実になるように、キャリアをしっかり積める仕事を探した方がいいと思います。

編集後記

終始一貫してお客さま目線をもち、高い目標を見据えて話をしてくれたのが印象的でした。福田さんは1児のパパとしても、家庭と仕事を両立中です!その合間を縫って資格試験の勉強をされているので、私も見習わないといけないと感じました。

新入社員から社長までほとんどのメンバーが、顧客志向と高い成長意欲をもっていることがFREE PEACEの特徴です。それは理念である「多くの人々の幸せな人生をお手伝いするために、日々努力と研鑽を重ねて、自己成長する。そうすることで私たち自身も豊かで幸せな人生を叶えることができる。」という考えに基づき、仲間が集まってくれているからなんですね。

この理念に共感してくれる方はぜひ気軽に話を聞きに来てください!


▲学生時代から続けられているバスケットボールは、今でも継続されているそうです!そんな福田さんの座右の書は「スラムダンク」です。熱い想いやストイックな姿勢は、スラムダンクから影響を受けているのでしょうか😊


【FREE PEACEの社員インタビュー】こちらもあわせて御覧ください!▼

株式会社ゼンシングループ's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings