COO渡辺にインタビュー!大学で出会った親友と共同創業を決意した理由とは?

DUO採用担当の藤巻です。

みなさんに少しでも多くDUOのことを知っていただきたく、Wantedlyブログにてメンバーインタビューを開始いたしました。第1弾は、DUOのCOO(Chief Operating Officer;最高執行責任者)である渡辺へのインタビューです。

渡辺 稜太(Ryota Watanabe)

1992年生まれ、愛知県豊橋市出身。大学1年次より代表の塚本と仕事をする間柄になり、複数のWebサービスの構築・運用を経験する。大学3年次に株式会社DUOを塚本と共に共同創業し、同社COOに就任。得意のマネジメント力を生かし、会社運営のディレクション周りを担当する。2017年名古屋大学工学部卒業。

大学時から代表の塚本と起業することを決意した渡辺。今回は、起業するまでの経緯と秘められた想いについて語ってもらいました。

自己紹介をお願いします

DUOのCOOの渡辺です。

2015年に共同代表の塚本と共にDUOを立ち上げ、現在は、自社サービスであるパチンコ・パチスロに特化したキュレーションアプリ「スロパチステーション」の運営のディレクションを中心に会社のマネジメントを行なっています。名古屋大学の工学部に在学中で、今年卒業予定です(※2017年2月時点)。

代表 塚本とは、どのように出会ったのですか?

ー大学1年時に出会い、塚本の性格に惹かれるようになりました

塚本とは入学時に知り合ったんですね。同じ学部・学科で授業も一緒だったので、自然と仲良くなりました。

当時、お互い勉強はできなかったけど、塚本と話していて「こいつの考え方面白いな、何か持ってるな」と感じることが多かったんです。また、サッカー部でエース級の活躍をしていたのも彼の魅力でした。大学でも部活を週6でやっているのはすごいなと。なので、こいつには恩を売っておこうと思ったんです(笑)話して行くうちにどんどん彼の性格に惹かれ、仲良くなっていきました。

起業に至ったきっかけは何ですか?

ー大学時からビジネスに明け暮れる日々。「もっと大きなことをしたい」という想いから起業を決意しました。

大学2年の頃、意気投合した僕らは一緒にWebサービスの運用に挑戦することにしました。お互いビジネスに興味があったので、作業に没頭する毎日でした。学校にはほとんど行かず、塚本の部屋にこもってひたすら作業。疲れたら風呂屋にいって新しいサービスについて討論。年間で100回は風呂屋に2人でいったかもしれません(笑)この時期に2人でワイワイやっていたのが今の絆の強さにつながったんだと思います。365日ほとんど会ってましたね。

Webサービスの収益化にも成功したので「どうせやるならもっと大きなことをやろう」と考え、大学4年生の時に株式会社DUOを創業。DUOの記念すべきサービス第一弾として、現在の「スロパチステーション」の立ち上げを決めました。


サービス第一弾として「スロパチステーション」を立ち上げた理由は何ですか?

ー総合ITベンチャーへと成長することを目指し、僕らでも戦えるフィールドを選びました。

僕たちが最終的に目指すのはサイバーエージェントのような総合ITベンチャー。優秀な仲間がたくさんいて、どんどん新しいサービスを作り広めていけるような会社を理想としていました。そのような理想に向かってまずは地に足をつけ、僕らでも戦っていけるフィールドを選び、「スロパチステーション」の立ち上げに至りました。

当時のパチンコ業界は大きな市場でありながら、IT化が進んでおらず、若いプレイヤーも少ない状況でした。また、当時はキューレーションアプリが流行っていたので「パチスロ版を作ったら上手くいくんじゃないか」と考えたのです。

しかしながら、僕たちはアプリを開発する技術力がなかったため、資金調達をする必要がありました。その際に、僕らはエンジェル投資家から1000万円を超える投資をもらうことになるのですが、とても面白いストーリーがあるのでこの話は後日僕が記事として書きますね。


起業に対する恐怖はありましたか?

ー何も知らなかったからこそ勇気を持って挑戦できました

恐怖がなかったといえば嘘になります。自分は臆病な性格ですし、親が経営者というわけでもなかったので、起業する前は戸惑いました。また、親からも結構反対されました。会社作って失敗したら、職も持たずにホームレスになるんじゃないかと… (笑)

でも、自分の性格を考えた時に「一度就職してしまったらその環境に慣れてしまって、起業することは一生できないだろう」と思い、勇気を持って決断しました。

僕らの同世代で起業するような人は、ベンチャー・スタートアップ企業でインターンやアルバイトをして、経営者のメンターを見つけて支援してもらう…というのが普通だと思います。しかしながら、僕も塚本も全く会社で働いたことがなく、そういった界隈の方とも知り合う機会が全くと言っていいほどありませんでした。むしろ何も知らなかったからこそ起業できたんだと思います。とりあえず突っ込んでみようかなと。

資金調達もそうでしたが、世の中的に難しいことでも、案外トライしてみたらできることが多いことに気付くことができました。

最後に、これからDUOの募集へ応募する方に一言お願いします。

総合ITベンチャーを目指し、一緒に会社を創り上げるコアメンバーを募集しています!

こんな感じで塚本と立ち上げた会社ですが、おかげさまで運営している「スロパチステーション」はYouTubeチャンネルが登録者数230,000人突破し、月間チャンネル登録者数業界TOPクラスとなるほどに急成長することができました。もちろん、業界トップのサービスを創っていくつもりなので、そういった気概のある人とご一緒できればなと思います。

現在、新規事業の立ち上げも行っているので、特に名古屋在住の方で、若々しいITベンチャー企業での新規事業立ち上げに興味のある方はご連絡いただけると嬉しいです。

今は市場が大きくプレーヤーの少ないパチスロ業界で勝負していますが、事業運営で貯まったノウハウを活かし、世界に通用する新規サービスの開発にも注力していく予定です。

まずはオフィスへ遊びに来てください、ご飯でも食べにいきましょう!

あわせて読みたい

株式会社ZIZAI's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more