1
/
5

「人の働き方を変える」成長企業の組織づくりを支える先輩社員の素顔

プロフィール
田村 実道(タムラ ミノリ)
2020年3月九州大学工学部卒業。新卒でZUUに入社後、メディアプラットフォーム事業部でメディア運営を経験。2年目以降は人事部に配属され、現在は新卒採用全般を任されている。

「世の中の仕組みを作りたい」を軸にした就職活動

-どんな経緯でZUUに入社したのですか?

就活中は「世の中の仕組みを作りたい」という想いがあり、仕組み作りに関われる仕事か、そのための思考力を磨ける仕事か、そのあたりに重点をおいて企業を見ていましたね。

コンサル、総合商社など大手企業を中心に就活を進めていましたが、ZUUなら「世の中の仕組み」を作ることができて、どんな組織でも活躍できる人になれると思いました。

-具体的にはZUUのどんなところに魅力を感じたんですか?

1つはZUUのビジョンへの共感です。「人の働き方を変える」という自分自身の目標とZUUの目指す方向性が一致していました。
もう1つは若手の裁量が大きく、ZUUの組織文化でもある鬼速PDCAのメソッドを現場で実践し、身に付けられる環境があると感じたことです。ここで働くことで「どんな組織でも活躍できる人材」へ成長できると感じました。

1年目は想像もしていなかったメディア部門への配属

-実際に入社してみていかがでしたか?

若手から任せてもらえる環境だったことはイメージ通りでした。
実際に1年目からいろんな種類のメディアを担当することができて、その中でさまざまなタイプのお客さんと接する中で多くの場数を踏むことができました。
ただ、イメージと違ったのは最初に配属されたのがメディアのマーケティングの部署だったことですね。コンサルをやっている会社というイメージが強かったので、正直メディア事業に配属されるということは想像もしていなかったですよ。

-配属がイメージとは違ったことはどう捉えていましたか

率直に言うと、何をやればいいかわからなかったのもあって、最初は少し嫌でした。
特に最初の1、2ヵ月は面白みを感じることができませんでした。

メディアの仕事は一見すると地味な作業も多く、「どんな組織でも活躍できる人材」「人の働き方を変える」という自分の目標に向かっている実感を得られる場面はかなり少なかったです。

-その捉え方は変わっていったんですか?

はい。
最初は単純な作業が多かったのですが、途中から1つのメディアをまるまる全部任せてもらえるようになりました。メディアの収益を伸ばすことを考える上で、担当メディアの編集長やセールス担当者、広告代理店の方などさまざまな人を巻き込みながら進めることが必要で、業務はとても幅広くなりました。気がつけばメディアのマーケティングの仕事の中にも面白みを見出している自分がいましたね。

-働きながら仕事に対しての認識が変化していったんですね。裁量が大きかった中で1年目に苦労したことがあれば聞かせてください。

大変だったのは、分からないなりに答えを求められ続けるということです。経験がまだまだ足りないなりに、自分で仮説検証しフィードバックをもらうことが求められる環境でした。

それがZUUでの当たり前の基準だったので慣れるまでは苦労しましたね。

任される仕事が大きい分、仕事で相手にする方のレベルも高かったです。大企業の部長クラスの方を相手にプレゼンをすることもあったんですよ。

-裁量権が大きく成長できる環境である反面、求められるものも大きくなりますよね。
そんな中でどうしてもきつい時とかはどうやって乗り越えましたか?

これは1年目に限らず今もですが、お互いに支え合える仲間の存在が大きいですね。
思い返せばメディア事業部の時から、誰かしら一緒に頑張れる社員の存在がありました。
ZUUの社員は全員何かしらの熱量を持っていて、そんな人たちが集まった環境だったからこそ、きつい場面でもなんとか乗り越えることができたと思いますね。

ZUUという急成長ベンチャーでの人事の経験


-そんな1年目を過ごした田村さんは2年目には人事に。希望して移動されたのですか?

1年目の配属先は意外でしたが、新しい知識を吸収して試行錯誤しながらも成長できた実感がありました。そんな成長を実感できる環境の中で、「人の働き方を変える」という自分自身の目標を達成するためにも、できるだけ早い段階で組織づくりに携わりたいと思っていました。

当時、4半期毎に行われていたキャリア面談の場でバックオフィスに異動希望を出したところ、自分の希望を会社が聞いてくれて、2年目の4月から人事に異動しました。

-実際に人事として働く中で1年目の事業部での経験は活きましたか?

意外かもしれませんが、人事の仕事では数値を扱う部分が結構多いんですよ。マーケティングの仕事を通じて、定量的な側面から仮説検証を行うことに強みを持っていたので、数値管理を含めた戦略策定などの仕事は任せてもらえることが多いですね。
あとは新卒の採用活動を行う中で、採用候補者に対して実体験を通じてZUUの事業のことを伝えることができるという点では事業部で働くことができてよかったと思います。

「ZUUの人事」として働くところにはどんな面白さがありますか?

会社が形になっていくという実感を得ることができるところは、ZUUだからこそ味わえる面白さだと思います。

ZUUはまだまだ発展途上の会社なので、ここから組織・型を作っていく必要があります。新卒採用という1つの領域をとっても、まだまだ型が出来上がってないので、とにかくいろんな経験を積むことができます。そこが大変でもあり魅力的な部分でもありますね。

大企業やメガベンチャーなどネームバリューがある会社なら就活生は自然と集まってくるものです。しかし、今のZUUはまだまだ成長中の企業なので、採用候補者を集める戦略から考えなければいけません。上流の戦略から実際に形にするまでの部分全てに関わることができるのは、ZUUでしかできないと思います。

また、若手社員に対する相談役のような役割も担っています。1人の学生がZUUを知り、入社して成長するまで、これを伴走しながら見守ることができる。すごく貴重な経験をしているなあと日々思っています。

こうやって、幅広くいろいろな経験ができるのは、今成長真っ只中のZUUならではだと思いますね。


-田村さんの今後の目標を教えてください

ZUUの人事としては、人材の育成を含めた組織の構築により深く関わっていきたいということと、会社のブランディング活動を通じてZUUという会社の魅力をより広く会社の外に伝えていきたいです。

あとは、何よりもZUUに入社してくれた人に、「ZUUに入ってよかった」「ZUUだからこそ将来のキャリアが開けた」と思ってもらえるような組織づくりをしていきたいですね。

個人としては、やっぱり「人の働き方を変える」という目標に取り組みたいです。そのためにも自分に出来ること、自分の強みを増やしていきたいと思っています。

今年新卒採用担当として30名以上の採用を行ったことで、「人事」という分野では専門性が身につきつつある実感があります。今後は人事に何か他の専門性を掛け算をすることで、「どんな組織でも活躍できる人材」へと成長していきたい思っています。

-最後に就活生へ一言お願いします!

あんまり偉そうなことは言えませんが、明確にやりたいことがないのであれば、より大変そう、厳しそうな環境を選ぶことをおすすめします。
僕もメディア事業部時代はしんどい思いもたくさんしましたが、今思えばあの時の貴重な経験が今たくさん活きていますし、その辛さを乗り越えたという自信が今の僕を支えているとも思います。

今では、ファーストキャリアはあえて大変な経験ができる道を選択をしてよかったと思っていますね。

目の前は苦しいかもしれませんが1日、1週間、1年と積み上がると大きな差になって、最終的には自分のやりたいことができる能力も身につくと思います。

ーなるほど、ご自身の経験を踏まえた熱いメッセージありがとうございます。

まとめ

「人の働き方を変える」というミッションを実現するために職域を超えて挑戦を続ける田村さん。
社外からのアドバイザーとしての取組みではなく、自らの手で組織を動かすことを通し、上流から下流まで深く組織づくりに関わり、輝ける人を増やしたい。そんな想いを持った人にとってZUUは最適の環境です。

株式会社ZUUでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング