Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
TIS株式会社
石橋 靖嗣氏
6000人を抱える大手SIerが実現した、Wantedlyを通じた現場による採用とは

紹介会社からの紹介がない。専門性の高い人材の採用に苦戦

SIer(システムインテグレーター)として40年以上、銀行を始めとした金融業、大手メーカーを含む製造業、サービス業・公共・カードなど様々な業界の大規模システム構築を行ってきたTIS株式会社。社員数6000人を超える同社では、人材紹介会社などを通じてえた候補者を人事部門が取りまとめ、社内の各部署に配置する形で採用活動を行う。

数多く存在する部署の中で、中長期的かつ、専門的な技術戦略を担う戦略技術センターに所属する石橋氏は、同センターでの採用について課題を感じていた。「当センターの人材要件は特に技術的専門性が高いため、紹介会社から人材を提案される機会がなく、待っているだけでは中々採用ができませんでした。」

そんな時Wantedlyについて担当の営業から説明を受け、候補者のプロフィールにそれぞれの専門性が記載されていること、なおかつ自分たちの情報を積極的に情報を発信していけることから、同センターでの導入を決定した。

導入コストを下げながら、徐々に現場から情報を発信

導入初期、まずはWantedlyのライターに募集の作成を任せる「特別ライティングオプション」を使用して募集要項を作成することで、初期の導入の負担を下げながらスタートを切ることができた。

運用に慣れてきた現在は部門内で積極的に募集要項も作成しており、募集要項や会社ページヘの掲載、候補者への対応を部署内の4人で行っているそうだ。募集作成にあたって、「エンジニアである現場が募集を書くにあたって、技術的な要素や開発スタイルなど、同じエンジニアとしてぐっとくる内容を書く事を意識しています。」と話す石橋氏。

Wantedlyを通じた採用活動について、「Wantedlyは複数人で運用ができるシステムがあり、募集要項や会社ページなどを通じて直接現場が情報を発信できる所がとても良いと感じています。」

10ヶ月の運用で専門性の高いエンジニアを2名採用

10ヶ月の運用で専門性の高いエンジニアを2名採用。いずれもWantedlyで同センターの大企業の枠に囚われない先進的な取り組みを見て、共感して入社してくれたという。

会社ページに、社員が参加したイベントやエンジニアのインタビュー記事を掲載するなど、現場の情報を発信することで、今までは発信することができていなかった同センター独自の技術的な取り組みについて発信を続けている。

「引き続き会社ページなどに情報を発信してきながら、いろいろな形で募集要項を掲載していきたいと考えています。」と話す石橋氏。今後も開発現場の情報を積極的に発信し、採用に関わっていくことで、現場からの採用に挑戦していく。

導入製品
0528751b 5555 4ea5 b31b fef1de23d597

Page top icon

初期費用0円・月額費用0円からはじめることができます。

無料トライアル/資料ダウンロード
  • ※資料は無料登録後にダウンロードいただけます
  • ※自動的に有料プランに移行することはありませんのでご安心ください