Eureka Summer Internship 2018に参加しました

Ryutaro Kobayashi

合同会社DMM.com - ソフトウェアエンジニア

About my work experience

インターンしようと思ったきっかけは、自分のスキルアップとチーム開発の経験が大きなも目的でした。自分はチームによる開発を経験したことがないのでチーム開発の知見などが得れたらなと思って応募しました。 インターンシップにはエンジニアコースでAndroidエンジニアとして参加しました。2週間のインターンシップでしたが1週間ごとに内容が分かれており、1週目は講義と課題、2週目は講義とチーム開発を行っていました。1週目で簡易的なアプリを1つ作成し、その完成度や工夫などの評価され2週目のインターンに参加する人が選考されるといった内容でした。

Difficulties I faced

1週目では、Androidアプリ開発の基礎がまだまだ甘いなと感じたのと、AndroidStudioにおける機能を知らなすぎると思いました。 また2週目では、チーム開発において自分の役割や色んな人の意見をまとめていくというのはやはり難しいなと感じました。

What I learned

Androidの基礎としては、Recyclerviewに関する理解が曖昧だと感じました。RecyclerView、ViewHolder、Adapterについて理解し利用できるように復習します。また、AndroidStudioのショートカットや開発する上で便利な機能をもっと知らなきゃいけないと思いました。AndroidStudioはAndroidの開発において必須となる開発環境なので、その機能をしっかりと把握し利用するといったことが全然出来てないと感じました。なので、まずはショートカットと機能を調べ、使いこなせるようになりたいと思います。 2週目のチーム開発においては、しっかりとチームで共通認識や意識をしっかりと確認しておくことがとても大事だと感じました。そうでないと、話し合いや機能開発において目的が少しずつズレてきてしまい方向性がだいぶ変わってしまうことがあるなと思いました。しっかりと共通認識などはチーム内で共有し把握することに気をつけていきたいと思います。

株式会社エウレカ - インターンシップ(Android)
現在は合同会社DMM.comのエンジニアとして働いています。決済基盤のプロダクト開発をしており、サーバーサイドや、フロントエンド、AWSを用いたサーバーレスアプリケーションの開発も行っていて、色んな技術領域に触れてプロダクト開発を行っています。 大学生のときに、アルバイトと研究でAndroidアプリの開発をしていました。大学院では、RaspberryPiとカメラを用いて人物検出の研究を行っていました。また、インターンなどでもAndroidアプリの開発を行ったり、組み込み機器のソフトウェア開発を経験しました。 個人的にモバイルアプリ開発などの勉強をしています。 趣味はキャン...
Read More