はじめてのインターン

Yuriko Shimooku

株式会社ライボ - ライター

About my work experience

ライター業務をしていました。昔から文章を書くことが好きで感想文で賞を頂いたり、大学に入ってからもライティングの授業で褒められる機会があったので、初めてのインターンはライターにしようと軽い気持ちで始めました。 この仕事では読者がどのような情報を求め、どのような写真なら興味が湧くか、どのくらいの文章量が適切かなどを考えさせられます。私の書いた記事は平均で70,000PV程の数字をとっています。これでも少ないですが、こういった数字を見ると自分の仕事に需要とやりがいを感じます。

Difficulties I faced

この業務をしていたとき、はじめてのテーマは自分で決めたものの、途中からテーマを社員の方に決めてもらうようになりました。そのとき、自分はアイデアを出していく力であったり、世の中を観察して何が流行りそうかを考える力に欠けているなと課題を感じました。 また、一つの記事にかける時間が非常に長く、自分の効率の悪さ、生産性の悪さに気づかされました。その分、一つの記事に込める想いは強かったし、多大な時間をかけることで得られるものももちろんありましたが、やり方を変える必要があると思いました。

What I learned

課題に対して、私は、他社のインターンシップに参加したり、サマーインターンシップに参加するなどして、自分に足りないところを補っていきました。 しかし、今思えば、この会社内で何か解決策を出すべきだったと後悔しています。 また、ここでのインターンは自分にとってはじめてのインターンでしたが、ライティングのスキルはこういうところで活かせるのかと身にもって体感することができたのは非常に良い経験だったと思います。 加えて、ここでライティングをするにあたり、情報を集める力は身についたと思っています。今でもここで得た情報をふと思い出す時があって、そのおかげで初対面の人とも話すことができたことがあるなと思うと、感謝の気持ちでいっぱいです。 はじめてのインターンは自分の強みや自分に足りないところに気づかせてくれる学びのあるインターンだったと思います。

株式会社ライボ - ライター
慶應義塾大学総合政策学部4年。2018年11月よりフィッツコーポレーションにて、インターンとして管理部採用広報に入る。 ・・・ご挨拶・・・ 慶應義塾大学総合政策学部総合政策学科4年(20卒)の下奥ゆり子と申します。 苗字は珍しいですが、"しもおく"と読み、ルーツは鹿児島らしいです。(私は埼玉出身です) 予備校やアパレル、派遣でのバイトを経て、現在は株式会社フィッツコーポレーションにて採用ブログ「FITS ME」を更新したり、広報として撮影したりしています。 2019年の目標(テーマ)は「愛着込めて創り上げる」です。 2020年春からは富士通株式会社で働きます。...
Read More