未知との遭遇。

Takuya Okazaki

Sun* Inc. - デザイナー

About my work experience

約11か月間、インターン生としてお世話になりました。 Wantedlyで偶然募集を見つけたのがキッカケです。 所属大学は完全な文系だったため、IT業界でのインターンは本当に未知の世界でゼロからの挑戦でした。 経験や専門に関わらず挑戦出来るのがインターンの良さです。

業務内容としては、 【4月~7月】 ベトナム理系最高峰のハノイ工科大学と提携して開催しているジョブフェアの運営のお手伝いをさせていただきました。 業務内容はジョブフェアのパンフレットや成果管理の書類作成など。 慣れない書類作成業務に打ちひしがれる毎日でしたw

【8月~2月】 モバイルアプリケーションとWEBサービスの品質管理担当(QA)見習いをさせていただきました。 業務内容はエンジニアの方々が開発したプロダクトを要件に合わせてテストすると同時に、テストケースの作成も行いました。 前職よりも会社の業務に携わっているという感覚とプロダクトの最後の砦という責任感のある仕事を任せていただけたおかげで、充実した毎日でした。

他にも、バングラデシュオフィス創設の際に視察に同行させていただいたり、クライアント様との会食に同席する機会も与えていただきました。

Difficulties I faced

インターンを始めて大きくぶつかったのは、「社員の方々に対する尊敬」が足りないということでした。自分に自覚がなかった分、直すのに苦労しました。QA見習いを始めたことによりエンジニアの方々と直接コミュニケーションを取ることが多くなり、自然と尊敬の念が芽生えていきました。

コミュニケーションに関しては、通訳やブリッジSEの方がいらっしゃるのと基本的に英語が通じるので特に困ることはありません。ただ、自分から積極的にコミュニケーションを取るようにしていかないと信頼関係を築くのは難しいです。自分で伝えることが出来る内容については、積極的に直接伝えるのが良いと思います。

What I learned

特に成長できたと感じる点は2点あります。

1.任されたタスクは絶対にやりきるというコミット力 QA見習いとして経験を積んでいくにつれて、テストケースの作成など責任のある仕事を任せていただけるようになりました。日常の業務と並行しての作成でスケジュール的にもかなりキツかったですが、「必ず期日までにやりきる」という力が付いたと感じます。 よく「100%を目指して終わらないよりは、80%で間に合わせるほうが良い」と言いますが、そんなに甘くなかったです(笑)

2.「どうすればユーザーが使いやすいのか」という視点 QAという業務をやらせていただいたこともあり、どのサイトやアプリを使っていても「どういった所に問題があるか」「ここをこうしたほうがユーザーには使いやすい」などの視点で見ることが出来るようになり、見える世界が変わりました。

3.最高の仲間との遭遇 1人でインターンをするよりも、仲間がいたほうが最高に楽しいです。 僕の場合は三城さんというエンジニアのインターンの方が一緒だったのですが、最高でした。 三城さん抜きでインターン生活を語ることは出来ません。

Framgia Vietnam CO., LTD - QAテスター見習い
▼PROFILE | プロフィール 岡崎拓也です。1993年生まれ。 QA兼デザイナーとして日々勉強中。 ▼CAREER | 経歴 小中高は成田高校。高校の交流プログラムでトロントに行き、ホームステイ先の家族や現地高校の学生と交流していく中で触れた今までとは違う価値観や生活環境に刺激を受け、海外で生活/働いてみたいという漠然とした気持ちを持ち始める。 2012年4月立命館アジア太平洋のアジア太平洋学部に入学。もともとは国際学生との交流を持ちつつ、日本の大企業でキャリアを積み海外企業に転職することが夢だったが、多くの社会人の方々と交流する中で直接海外でキャリアを積むことを考え始める。 2...
Read More

Page top icon