株式会社ウリドキネット

株式会社ウリドキネット's Blog

Trending
Trending Posts

”ウリドキニュース”が目指す買取メディアとは?

みなさんこんにちは!ウリドキネット広報の皆川です。 今日まで、WEBではたくさんのジャンルによるニュースメディアが数多く存在し、多くの情報が流れています。その情報の中には大きなメディアに取り上げられたり、SNSで拡散されたりすることによって、ユーザーだけではなく、社会全体にも大きな影響を与えています。 今回は、...

未経験だった僕がエンジニアとして活躍・成長し続けられるワケ

押入れの中に眠ったまま放置されているモノが16兆円以上あると言われている日本。 「買取をもっと身近に」をコンセプトに、ITでリユース業界に革命を起こそうとしているのが弊社『ウリドキネット』です。 今回は、未経験ながらエンジニアとして活躍している石橋 凌(25)に会社の魅力やエンジニアのことなどについてインタビュ...

【資金調達のお知らせ】 東急不動産ホールディングス株式会社様・ディップ株式会社様・株式会社エルテス様の3社より総額1.5億円の資金調達を実施

C2Bの買取プラットフォーム「URIDOKI(ウリドキ)」(https://uridoki.net/)を運営する株式会社ウリドキネット (本社:東京都渋谷区、代表取締役:木暮康雄)は、株式会社エルテス(本社:東京都千代田区、代表取締役:菅原貴弘、東証マザーズ:3967)、ディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取...

Pepperの開発や会社も設立した僕が「ウリドキで世界と闘えるITビジネスを」作ることを選んだ理由

押入れの中に眠ったまま放置されているモノが16兆円以上あると言われている日本。 「買取をもっと身近に」をコンセプトに、ITでリユース業界に革命を起こそうとしているのが弊社『ウリドキネット』です。 今回は、若くしてウリドキネットの開発事業部の責任者を任されている天方 元紀 (28)に会社の魅力やエンジニアのことなど...

平凡大学生、社長の一日に密着してみた。。。

こんにちは、ウリドキネットでインターンをしている津根一朗です。今回は11/28に秋葉原で行われたビジネスコンテストに社長の同伴で行かせてもらったことについて書いてきます。 前日の11/27の昼過ぎに突然自分が同伴することを伝えられ、焦りました。なにをするかも知らない自分で大丈夫なのだろうか、社長に迷惑をかけ...

Latest
Latest Posts

なぜウリドキはeBayさんとの提携に至ったか?

ウリドキネット代表の木暮です。 先日弊社とeBayさんとの取り組みが、WBS等にも取り上げて頂き、自分たちの予想以上に大きな反響を得ることができました。 https://corporate.uridoki.net/news/press/2019_0926_833/ https://www.youtube.com/...

代表の木暮がForbes Japanのオフィシャルコラムニストになりました。

Forbes Japanにて代表の木暮がオフィシャルコラムニストとして、連載を開始させていただくことになりました。 リユース×学術×起業家と木暮の独自な目線のコラムになっていますのでぜひご覧ください。 ※記事はこちらから https://forbesjapan.com/articles/detail/28177

入社一年を迎えるとある素敵な記念制度とは!?

みなさんこんにちは!ウリドキネット広報の皆川です! 今回は入社一年を迎えたスタッフに贈られる素敵な制度をご紹介します!! 現在のウリドキは、人材も増えて新しい体制になったことで社員も増員が続いており、スタッフ全員が会社に対して大きくパフォーマンスしてくれています。 そこで、長く会社に貢献してもらっているスタッフに...

買取店に行ってみた〜楽器編〜

みなさんこんにちは!ウリドキネット広報の皆川です。 今回は、営業の田中と一緒に買取店様にお伺いし、ウリドキのサービスを利用してみた感想や現在抱えている問題などざっくばらんにお話を伺いました。 今回お話をお伺いしたのは、ギターを中心に楽器類の買取・販売を行う「Sound-Plug(http://sound-plug...

元バンドマンで時間があればギターを弾いていた僕が、ウリドキで営業する理由

押入れの中に眠ったまま放置されているモノが16兆円以上あると言われている日本。 「買取をもっと身近に」をコンセプトに、ITでリユース業界に革命を起こそうとしているのが弊社『ウリドキネット』です。 今回は、元バンドマンで今は営業の第一線として活躍している田中 貴裕(24)に自身の経歴から営業の魅力など、さまざまなこ...

ウリドキが考える、世界を変えるために決めた4つのバリュー

みなさんこんにちは!ウリドキネット広報の皆川です。 現在、大企業から中小企業まで採用に力を入れている企業が増加しています。 採用にもいろんな手法があり、エージェントやマッチングサービスの活用、ダイレクトリクルーティングでこちらからアプローチをするなど形式に捉われない時代になっています。 もちろん求職者の方が納得で...

”ウリドキニュース”が目指す買取メディアとは?

みなさんこんにちは!ウリドキネット広報の皆川です。 今日まで、WEBではたくさんのジャンルによるニュースメディアが数多く存在し、多くの情報が流れています。その情報の中には大きなメディアに取り上げられたり、SNSで拡散されたりすることによって、ユーザーだけではなく、社会全体にも大きな影響を与えています。 今回は、...

【ウリドキエンジニアの日々】週に1度の勉強会!その内容とは!?

みなさんこんにちは!ウリドキネット広報の皆川です。 もうすぐGW、「10連休だというのに仕事なんてしたくない!」ということで急ピッチで仕事を進めている方もいるのでは? 今回は、ウリドキの基盤を作っている開発チームが行なっている恒例の勉強会をご紹介します。 ウリドキでは仕事ももちろん大事ですが、個々に勉強する時間を...

未経験だった僕がエンジニアとして活躍・成長し続けられるワケ

押入れの中に眠ったまま放置されているモノが16兆円以上あると言われている日本。 「買取をもっと身近に」をコンセプトに、ITでリユース業界に革命を起こそうとしているのが弊社『ウリドキネット』です。 今回は、未経験ながらエンジニアとして活躍している石橋 凌(25)に会社の魅力やエンジニアのことなどについてインタビュ...

Pepperの開発や会社も設立した僕が「ウリドキで世界と闘えるITビジネスを」作ることを選んだ理由

押入れの中に眠ったまま放置されているモノが16兆円以上あると言われている日本。 「買取をもっと身近に」をコンセプトに、ITでリユース業界に革命を起こそうとしているのが弊社『ウリドキネット』です。 今回は、若くしてウリドキネットの開発事業部の責任者を任されている天方 元紀 (28)に会社の魅力やエンジニアのことなど...

ウリドキに「Senses」導入しました!

「Senses」にて弊社COOの古川と営業マネージャーとして活躍している木内が紹介されました!今回はSFA導入の背景やSensesを選んだ理由、運用方法について紹介致します。 課題(SFA導入の背景) これまではスプレッドシートやタスク管理ツールなどを使って案件のフェーズ管理をしていたが、営業向けのツールではな...

書くことが好き!だからいろんな可能性あるメディアにしたい

押入れの中に眠ったまま放置されているモノが16兆円以上あると言われている日本。 「買取をもっと身近に」をコンセプトに、ITでリユース業界に革命を起こそうとしているのが弊社『ウリドキネット』です。 今回は、ウリドキネットのメディア事業「ウリドキニュース」の編集・ライターを担当している鈴木 菜那 (27)に会社につ...

「第二回 URIDOKI買取Day」に行ってみた!

📷 3月22日(金)に東急不動産HDのナジックとの協業企画「第二回 URIDOKI買取Day」が開催されました! このサービスは、対象となるマンションに居住しているお客様が、手軽に大型家電や家具を売れるサービスです。 専用ページで売りたい商品を登録すると、ウリドキ提携のリユース会社が事前に査定、買取額に合意すれ...

『ウリドキ』はなんでも挑戦させてくれる、だから自分らしい提案ができる

押入れの中に眠ったまま放置されているモノが16兆円以上あると言われている日本。 「買取をもっと身近に」をコンセプトに、ITでリユース業界に革命を起こそうとしているのが弊社『ウリドキネット』です。 今回は、ウリドキネットで営業を担当している中山勇太郎(26)に会社に入って感じたことややりがいなどを聞きました。 (...

【資金調達のお知らせ】 東急不動産ホールディングス株式会社様・ディップ株式会社様・株式会社エルテス様の3社より総額1.5億円の資金調達を実施

C2Bの買取プラットフォーム「URIDOKI(ウリドキ)」(https://uridoki.net/)を運営する株式会社ウリドキネット (本社:東京都渋谷区、代表取締役:木暮康雄)は、株式会社エルテス(本社:東京都千代田区、代表取締役:菅原貴弘、東証マザーズ:3967)、ディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取...

Followers
Posts
51
Likes
281
About
株式会社ウリドキネット's Blog
すべてのモノには「売りドキ」があります。 私たちが運営する買取価格比較サイト「ウリドキ」は、「自分が持ってる●●って売ったらいくらなんだろ?」が簡単に分かれば良いなという発想から2013年12月にプレリリースしました。 その1年後の2014年12月に法人化し、株式会...
Writers