350万人が利用する会社訪問アプリ

主体的な縁の下の力持ち

高校時代:私は、高校時代にバレーボール部のマネージャーを務めていました。部活動中は、マネージャーとしてプレーヤーにどのように貢献することができるか、ということを常に考えていました。この経験から、相手の立場になって考え、自分にできることを最大限取り組む力が身に付きました。

この先やってみたいこと

未来

私は、仕事を通じて未来の暮らしを豊かにしたいと考えています。また、人々の生活を身近なところから支えたいと考えており、特にものづくりに携わりたいと考えています。この目標のために、5年ほどかけて仕事でさまざまな人、業種と関わることで新しい価値観や考えを学び、より目標を詳細にしていきたいです。

企業からスカウトをもらいましょう