日栄樹脂工業/化粧品容器メーカー/WEB用ビジュアル制作・ディレクション

Edit

0 likes

328 views

0 members

ABOUT

単なる器ではなく、一つの表現として容器の中に入る物は様々で一つではない。
商品のコンセプト、多様な成分、着色の可否、香り。化粧品メーカーの叡智を振り絞った商品の器となるそれは、中身に相応しいものでなくてはならない。
今回のビジュアル作成を取りかかるにあたって、3つのコピーを用意した。

「True nature【 本質 】〜内包するものの本質を形創る〜」
「Ref lect【 写し出す 】〜内包するもの映し出す鏡として〜」
「Expand【 拡張する 】〜内包するものと同化し 拡張する〜」の3つ。

この言葉を合わせると「内包する物の本質を映し出し、拡張する。」
つまり、器であると同時に、独立した一つの表現である必要がある。という可能性を示す想いを表現した。

メインとなるビジュアルでは、 ブルックリン方向から見たマンハッタン島のビル群ような、そそり立ち自己主張する様なイメージをデザイン・制作した。

始まりはとてもシンプルなもので、初顔合わせ時の会議机の上に地面から生えてきたあのようにニョキニョキ並ぶ様々な形状のボトルを見て「これでジオラマを作る!!」と一人で鼻息を荒くしながら「ワクワク」していたのだが、それが最後にはメインビジュアルとなって形になった事に、クリエイターとしてよりも一人の芸術家として喜びを感じる作品。

CREDITS

0 COMMENTS

Comment