1
/
5

アルドノア・ゼロ / ALDNOAH.ZERO

Edit

1107 views

ABOUT

OUTLINE
2014年7月からOAされた、オリジナルTVアニメーション「アルドノア・ゼロ」。
そのタイトルデザインやウェブサイトをはじめ、ポスターなどの広告宣伝物、本編映像に登場する組織ロゴやモニターグラフィックス、商品パッケージ・・・など多様なメディアの制作物デザインを担当しました。
本プロジェクトは、クライアントであるアニプレックスさまと密に協力し、弊社および日本デザインセンターさまとで、一貫して企画・制作を行い、その意欲的なプロモーション手法とグラフィックデザインは、大きな注目を集めました。

MISSION
本作品の核となっていたのが、「ロボットアニメの新しい王道」という言葉。
これは、アニメーション作品本体のみならず、さまざまな制作物をデザインする上でも非常に重要なコンセプトとなっています。そのためクリエイティブについては、デザイナーのみがデザイン的な判断をするのではなく、社内外のスタッフと意見を交わし常に複数人の視点を意識した制作ができるよう、会社の枠にとらわれないチーム体制でプロジェクトに取り組みました。
また、本作を手がけるのは、監督に「Fate/Zero」「放浪息子」などを手がけたあおきえい氏、ストーリー原案は「魔法少女まどか☆マギカ」の虚淵玄氏・・・と、数々の実績を持つ制作スタッフが参加する注目作品ということもあり、その魅力づくりの一助として貢献する -- これがデザインチームが果たすべき大きな目標・課題でした。

RESULT
本作「アルドノア・ゼロ」は、多彩な映像表現と怒涛のストーリー展開で大きな反響を呼びました。
また、意欲的なプロモーション手法とグラフィックデザインにも注目が集まりました。放送開始と同タイミングで、雑誌「月刊MdN」では、” 覚醒する、臨界点を超えるアニメのグラフィックデザイン” として、一連のデザインワークスが特集されました。表紙に加えて10ページにわたってインタビュー記事などが掲載されています。
テレビ放送は第1クールが終了しましたが、2015年1月からは物語後半に突入する第2クールが開始予定です。
どうぞご期待ください。

参照:
月間MdN 2014年8月号 特集 覚醒する、臨界点を超えるアニメのグラフィックデザイン
http://www.mdn.co.jp/di/MdN/?asid=3246
Type Project 日本デザインセンター/1-10design 「新しい王道」を作る書体
http://typeproject.com/interviews/aldonoah_zero

http://www.aldnoahzero.com/