1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

治療アプリ®︎の開発について

編集

150 views

ABOUT

 CureAppは、従来の医薬品やハードウェア医療機器では治療効果が不十分だった病気を治すために、医学的エビデンスに基づいた医療機器プログラム『治療アプリ®︎』を開発しています。

 医師が処方する「治療アプリ®︎」は、医薬品やハードウェア医療機器による従来の治療とは異なる「行動変容」に力点を置いたものです。デジタル療法という新たな治療を診療現場に広く普及させ、一人でも多くの患者様に届けることを目指します。

【治療アプリの可能性】
 治療アプリには医療費の高騰や医療格差の拡大など国家レベルで抱えている深刻な問題を解決する可能性を秘めています。

【治療アプリの特徴】
・医学的エビデンスを持つアプリ
治療アプリは、多くのヘルスケアアプリとは異なり、臨床試験や治験によって担保された質の高いエビデンスを有し、薬事承認を受けた製品として診療現場で医師によって処方されます。

・患者1人1人にガイダンスの内容、場所、時間を最適化
患者様がアプリに入力する日々の経過や状態などを通しアルゴリズムが個々人の状態を解析、その方の特徴や状況に合わせて医学的に適切な治療介入を行います。

・「治療空白」を埋め、介入頻度を飛躍的に向上
通院と通院の間(院外・在宅)の時間は患者様一人での孤独な戦い、いわば「治療空白」となりますが、そこに対して医療機関が十分なフォローを行うのは、難しいのが現状です。
治療アプリは、こうした「治療空白」に介入し、患者様一人一人に個別化された医学的に適切なサポートをリアルタイムに行うことで、医療の質を高めていきます。

・蓄積されるデータを活用して、診療の効率性を向上
従来の診療では、前回の診察からの状態変化を把握するのに、問診などでじっくり時間を取る必要があります。治療アプリを活用することで、アプリから得られる日々の経過などを医師にわかりやすい形で提示することで、問診を長時間とせずとも適切な治療方針を策定するために必要なデータが得られるようになり、診療の効率性を向上させます。

治療アプリの世界観についてこちら:https://cureapp.com/

ニコチン依存症治療アプリ CureApp SCについて

 ニコチン依存症を対象とした治療用アプリである「CureApp SC ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカー」(以下、CureApp SC)は、2020年8月に厚生労働省より製造販売承認(薬事承認)を取得後、12月1日に薬価収載され保険適用で「医師によるアプリの処方」が開始しました。

 CureApp SCは、禁煙外来で治療を受ける患者様の院外での治療補助をするために医師から処方される医療機器です。本製品は患者アプリ・医師アプリ・COチェッカーの3つから成り立ちます。
 
 患者アプリは常に患者様の側にあるスマートフォンの特性をいかし、個々の患者様の治療状況や体調などに合わせて個別化したガイダンスを適時提供します。在宅や勤務中など医療者の介入が難しい「治療空白」期間をアプリが支援することで、禁煙継続率が向上します。
 また、患者用アプリへの入力内容から前回の診察以降の患者様の日常の様子を医師が詳細に把握することできるため、より効率的で質の高い禁煙治療を可能にします。

現在、研究開発中の治療アプリについて

・慶應義塾大学医学部内科学(呼吸器)教室と共同開発のニコチン依存症治療アプリ
・東京大学医学部附属病院と共同開発・臨床試験中の非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療アプリ
・自治医科大学内科学講座循環器内科学部門と共同開発・治験中の高血圧治療アプリ
・独立行政法人国立病院機構久里浜医療センターと共同研究中の減酒支援アプリ
・第一三共株式会社と共同開発中のがん患者支援治療アプリ

があります。