1
/
5

【業務提携】東南アジア大手のテック系ベンチャーキャピタルと業務提携

編集

148 views

ABOUT

昨年オプティは、東南アジアの大手ベンチャーキャピタルであるヴィンキャピタルと、日本企業による東南アジアのテック系企業向け投資の橋渡しとなるエコシステムを構築するべく、業務提携をしました。

【ヴィンキャピタルとは】
ヴィンキャピタルはマレーシアを拠点とする大手のテック系ベンチャーキャピタルで、東南アジア全域のスタートアップ企業への投資を手掛けています。特徴はテック系地場企業の発掘力と投資後のバリューアップであり、エンターテイメント、不動産、食品、金融、及び女性のライフスタイルといった分野でのテック系企業が投資ターゲットです。既に、日本を始めとするアジアの投資家の資産を相当規模、運用しています。

【オプティの狙い】
オプティは2010年の設立以降、大手企業を中心に400社以上の日系企業の海外進出を支援しております。今回、東南アジアのスタートアップ企業に強いベンチャーキャピタルと提携し、アドバイザリー事業を開始することにいたしました。日本と東南アジアという2つの地域のスタートアップエコシステムを結びつけ、日本から東南アジアへの投資の架け橋になることで、日本経済に貢献することを図ります。

【ヴィンキャピタルの狙い】
ヴィンキャピタルは、東南アジアのテック系企業のエコシステムに強いネットワークを持っています。今回の提携により、日本の投資家とのリレーションシップをオプティが行うことで、日系企業からの関心をさらに喚起することができます。ヴィンキャピタルは、東南アジアのスタートアップ企業が早い段階で資金調達を可能にすることにより、各国のGDPへ貢献することを図ります。

【両社の狙い】
オプティは国際税務面でオートメーション化を進めており、テック系に強いヴィンキャピタルとはシナジーがあります。この提携により、両者の強みを生かしながら、新しいテクノロジーにより東南アジアと日本が豊かになることを目指してまいります。

【オプティとは】
タックス(税務)テックの最大手で、欧州VATの登録・申告・還付・コンサルティング、及び投資アドバイザリーに強み。東京とオランダに拠点を有する。一般社団法人フィンテック協会、新経済連盟、国際VAT協会に加盟。

https://www.opti.co.jp/news/southeast-asias-vynn-capital-partners-with-opti-japan-to-bridge-japan