1
/
5

グランピング事業の可能性

編集

161 views

ABOUT

私たちは、すでに国内20施設以上に導入実績があり、「里楽巣FUJINO(リラックスふじの)」(相模原市緑区)、「GRAX PREMIUM CAMP RESORT京都るり渓」(京都府南丹市)、「UFUFU VILLAGE」(静岡県伊豆市)、「Mt.Shakushi Gateway Camp」(山梨県富士吉田市)といった注目度の高い新施設への導入を進めています。

日本国内のグランピング施設は黎明期を経て、現在は手ぶらキャンプを謳った“第4世代”、快適なドームテントを導入した“第5世代”が主流で、これらはトイレが共同であったり、空調設備が整ってなかったり、従来のキャンプ場と大差ありません。しかし、欧米のグランピング施設に目を向けると、富裕層をターゲットに快適性と付加価値の高い“第6世代”“第7世代”と呼ぶべき施設が主流です。日本国内のグランピング施設も、欧米並みの水準に進化させる事が、当社グランピング事業の狙いです。

また、グランピング施設のブランドとして「deluxsアウトドアリゾート」を新たに立ち上げ、FC事業としての展開をスタートしています。旗艦店として京都府京丹後市にある同社のショールームを、2月に「deluxsアウトドアリゾート」としてリニューアルオープン。さらに、4月にはFC1号店をオープンさせ、順次FC施設を全国展開していく予定です。

同時に、グランピング専門の予約サイトを立ち上げ、このサイトをとおしてFC施設の集客を図っていく。サイトと連動した各種Web戦略やSNSを活用した多角的な集客施策もサポートします。