1
/
5
エンジニア志望の文系23卒へ
新卒
on 2022/05/20 151 views

23卒|かっこいい…動機それでええやん!文系5割環境でゼロからエンジニアへ

株式会社コンピュータマネジメント

株式会社コンピュータマネジメントのメンバー もっと見る

  • 1996年生/福岡生まれ 新入社員研修の講師として社内教育担当に。
    プロジェクトマネージャーを目指して入社し、仕事をしながら資格勉強中。
    趣味は漫画と女性アイドルを見ること。

  • プログラマーとして設計書やプログラムの作成、テスト実施を行っています。
    まだまだ日々勉強ですが、仕事とプライベートを両立しつつ日々頑張っています。
    趣味はカラオケでです。週に一回は必ず通っています。

  • インフラサービス部として社内インフラの保守等を行っています。
    周りの方とのコミュニケーションを大切にし、日々新たな学びを得ることを目標に勤務しています。
    休日は同期や友人と過ごしたり、趣味である読書・カラオケなどをして過ごしています。

  • 学生時代はスケートボード、バスケットボール、陸上競技をしていました。現在はwebサービスの保守運用を業務としており、トラブルやお問い合わせの対応をしながら、iOSアプリ開発もしています。ユーザ目線で使いやすいサービスにするにはどうすれば良いかを日々考えながら仕事をしています。休日はファッションとイラスト制作を楽しんでいます。

なにをやっているのか

お客様のビジネス発展に向けて、ITを軸に幅広く事業を展開している企業です。
保険・不動産・化粧品・教育・メーカーなど、様々な業界のお客様とお取引しております。

企業の発展にとって、切っても切り離せないほど重要なIT。
企業の事業および業務へのIT導入を支援し、創業から着実に黒字経営を続けている会社、
それがコンピュータマネジメントです。

当社は、企業の様々な課題を解決し事業の発展を下支えする為に、提供サービスの範囲が広くなっています。
コンサルティング、アプリケーション開発、インフラ構築、保守受託サービス、運用技術サービス、商品販売サービスなど・・
お客様が抱える課題をITの力を活用し、
お客様と共に解決することを大事にしながら事業に向き合っています。

<弊社の事業・サービス>
・ITコンサルティング(IT戦略の策定や見積判断、セキュリティ診断等)
・文教サービス(学校法人様向けのサービス、インターネット出願システム開発・導入等)
・商品販売サービス(パッケージソフトやクラウドサービスの商品販売)
・アプリケーション開発(保険システム、スマートフォン開発を中心とした多様なアプリ開発)

当社ではお客様にあったシステムをオーダーメイドで開発するだけではなく、
お客様の課題によっては、他社様の既存のサービスを活用する場合もあります。
お客様にとってベストな選択肢を提供する、それが当社の想いです。
「お客様に提供できる価値の広さ」
ここが、他社と一線を画す部分だと思っています。

お客様の課題も解決手段も様々ですが、
ITを用いてお客様のビジネスを支えていることは共通しています。

今後は「デジタルビジネスの推進」に力を入れていこうと考えており、
新しい領域にもどんどん挑戦して参ります。

なぜやるのか

「未来がみえる明るい街づくり」
「人々の笑顔を守る」など、
各企業には実現したい未来があります。

私たちはお客様が描く未来を実現するために必要な課題をITによって解決をしています。

企業の業界や立ち位置によって抱える課題は異なり、
創業の1984年以来必要な知識や技術を取り入れていった結果、
現在のサービス内容となりました。

昨今はスマートフォンなどデジタル化が進み、
企業はITを活用したビジネス展開を迫られています。
しかし、既存のビジネスをITによって新しいものに転換させていくことは容易ではありません。

そこで、ITの知識と技術を持ち、様々な業界のノウハウを持っている当社が、
お客様のビジネスとITを紐づけ、実現していくことが重要だと感じています。

そのためには、今後も技術革新に対応して開発力を上げるだけではなく、
お客様の状況を深く理解した企画を提案する力が求められます。

お客様と共に社会に貢献し、その結果を共に喜びを分かち合えるパートナーでありたい。
そんな想いを持ちながら、邁進して参ります。

どうやっているのか

技術力や企画提案などの力を高める為に、「外部・社内研修」、「自己啓発支援」等、スキルアップ支援を充実させています。
近年の新入社員の5割は文系出身で活躍しています。
また、チームで開発を行い周囲とコミュニケーションをとりながら仕事をしますので、「共に成長し合う環境」となっております。
将来的には、「共に成長し合う環境」をつくるチームのマネジメントのお仕事も可能です。


【事業について】
・自社でシステム開発を全て一貫して行える体制を整えている。(理念の“共に”が関係)
・開発は他社に委託するのではなく、自社の社員で全て対応できる体制となっている。
・お客様の状況をより深く知る為に、開発だけではなく保守業務も大切にしている。

【組織について】
・お客様の業界や立場によって部署を分けている。得意な部署ごとに対応をしている。
・社員の配属は、スキルに偏りが生じないよう、プロジェクトの節目で部署を異動できるような仕組みになっている。
・配属の要望は年2回の「仕事に関するアンケート」の提出など、社員の声を届ける機会が複数ある。

また、今後はお客様の課題への対応力を上げる為、多方面での業務提携も考えています。
社外のパッケージも活用しながら、お客様に対してサービスを提供し、DX領域への挑戦をしていきます。

最後に・・・
自社の商品がないからこそ、お客様に合った提案ができるというのが当社の考えです。
「お客様の課題の本質はなにか」を常に考え、チーム一丸となり日々の仕事に取り組んでいきたいと考えています。
対応できる課題の幅を今まで以上に広げ、コンピュータマネジメント、社員、お客様、協力会社などあらゆる関係者が共に喜び合える未来を描いています。

そんな未来のワクワクと共に、
最高の成長環境を整えてご応募をお待ちしております。

こんなことやります

「エンジニアってかっこいいな…IT業界に漠然とした憧れがある」
「でも正直プログラミングの知識は0に近いし…」
「文系出身で一人前のエンジニアになりたいなんて不可能なのかな…」

そんな23卒へ!
文系出身者が半数を占めるコンピュータマネジメントで、
憧れのエンジニアを目指してみませんか?

◆弊社のエンジニアは、文理出身の割合は5:5!◆

コンピュータマネジメントは、
エンジニアを志す全ての方の味方。

文系理系、経験関係なく、
エンジニアになりたい!という想いと
やる気のある方であれば、大歓迎です!

◇研修の流れ◇
<新卒研修>
新卒研修では、プログラミングの基礎から応用まで
2か月間しっかり学習していただきます。

<実践型研修>
知識をインプットした後は先輩エンジニアと共に、
実際に仕事の流れを経験しながら、
実践的な研修で経験を積んでいきます。
<その他サポート制度>
・希望者には入社前から通信研修を実施
・スキルアップに関わる資格には会社から資格手当を支給
・メンター制度

このように文系出身エンジニアが多いからこそ、
プログラミングの「プ」文字もわからない方でも、
安心して学べる万全のサポート環境を整えています!

◆他社にはない成長環境で一人前のエンジニアを目指せ!

もちろん、エンジニアを目指すなら、
技術力の高い一人前と呼ばれるエンジニアをめざしたい。

弊社には、
”高い経験値を持ったエンジニアになれる成長環境”
も整っています。

なぜそんな環境を整えられるのか?

それは、
【自分達で、開発に必要な全ての工程を行うから。】

エンジニアが行う仕事には、
プログラミングを書いて形にしていく下流工程と、
システムの設計図や費用を考える上流工程があります。

この上流工程を担当するまで、6~7年かかると言われており、
それぞれの工程を異なる会社が担当し、
一つのシステム完成させる場合が多いです。

しかし弊社は、
システムの設計を考えるところから、形にしていくまで、
”自分たちのチームで全て行うため”、
早い段階から様々な工程に携わることができます!

実際にも、入社してわずか3年で
プロジェクト立ち上げまでに関わったエンジニアもいます!

↓プロジェクト立ち上げに関わった社員のリアルな声↓
https://www.cm-net.co.jp/recruit/interview/interview04/index.html

いかがだったでしょうか!

文系出身者へのサポートが手厚く、
成長環境が整うコンピュータマネジメントで、
0からエンジニアに挑戦してみませんか?

「話を聞きに行きたい」からご応募お待ちしております!

会社の注目のストーリー

「採用が他の企業と違う」といわれたい:新卒採用責任者インタビュー
私の挑戦Story-エンジニアから人事へ-
エントリー状況は公開されません
24人が応援しています
会社情報
株式会社コンピュータマネジメントの会社情報
株式会社コンピュータマネジメント
  • 1984/02 に設立
  • 278人のメンバー
  • 東京都台東区松が谷1丁目9番12号 SPKビルディング
  • 株式会社コンピュータマネジメントの会社情報
    23卒|かっこいい…動機それでええやん!文系5割環境でゼロからエンジニアへ