350万人が利用する会社訪問アプリ

  • サポートスタッフ
  • 21エントリー

宮崎県宮崎市勤務 保育・教育を支える、ICTカスタマーサポート!

サポートスタッフ
Mid-career
21エントリー

on 2022/05/23

1,560 views

21人がエントリー中

宮崎県宮崎市勤務 保育・教育を支える、ICTカスタマーサポート!

Online interviews OK
Miyazaki
Mid-career
Miyazaki
Mid-career

Yoshinori Koike

小池 義則 -CEO 兵庫県宝塚市出身。2002年横浜国立大学経済学部を卒業し、株式会社ベンチャー・リンクに入社。ITを活用した新規の顧客開拓を目的としたWeb推進室室長を経て、2007年に退社。 2009年に株式会社スパインラボを設立。 自らエンジニアとしてUI設計、HTML、JavaScript、PHPコーディングに携わりながら全体統括を行う。

【コドモンの代表 ~後編~】力を合わせて当たり前を変える。よりよい保育と社会を目指すコドモンのこれから

Yoshinori Koikeさんのストーリー

Shoko Arai

コドモン入社当時は既存顧客のサポートを中心に対応、その後カスタマーサクセス領域の対応をスタート。時短でマネージャーを務め、現在はカスタマーサクセス部のGMとしてカスタマーサクセス、カスタマーサポートを統括しています。

Yoma Saeki

高専卒業後、大手造船メーカーの三井造船株式会社に就職し、重機械の現場監督として新規機械据付、メンテナンス、工事見積等に携わってきた。また、セールスエンジニアとして大手貿易会社や大手製鉄会社に新規機械の据付の営業を行った。 業務実績として既存機械の改造工事にて世界初の新システムを提案し、貿易クレーンのHYBRID化を行った。また、官公庁から請け負った業務を現場代理人として数多く行い、個人で年間売上5億円を達成した。 新規システムの開発にも携わり、2015年2月に「クレーン装置およびクレーン制御方法」特許第5700887号を取得し、大幅なコストダウンに貢献した。 その後、ニチイ学館株式会社に転職し、総合職として保育現場の環境整備等を行い保育士の業務の効率化を行なっている。また、保育現場を理解するために保育士の資格を取得し0歳から5歳までのフリー保育士としても業務を行なっている。 他にも、保育士採用戦略の一環として保育園紹介ムービーを自ら作成し、採用活動を行なっている

【コドモンの中の人 Vol.27】保育士経験者として願う。ICT導入が進んで、子どもと向き合う時間が増える保育の未来

Yoma Saekiさんのストーリー

谷口 美香

園長や保育士の日々の業務負担軽減を目的とした保育園専用の業務支援システム「コドモン」を提供している会社にカスタマーサポートとして2020年5月にジョイン。 2021年10月よりキャリアチェンジし、主に宮崎オフィスの採用に関わるお仕事をさせていただいています。 好きな言葉は「下手くその上級者への道のりは、己が下手さを知りて一歩目」(by安西先生) 採用や人事という未経験の仕事に、日々無知を実感しつつ、頼りになる仲間に囲まれて感謝の毎日を送っています。

株式会社コドモンのメンバー

小池 義則 -CEO 兵庫県宝塚市出身。2002年横浜国立大学経済学部を卒業し、株式会社ベンチャー・リンクに入社。ITを活用した新規の顧客開拓を目的としたWeb推進室室長を経て、2007年に退社。 2009年に株式会社スパインラボを設立。 自らエンジニアとしてUI設計、HTML、JavaScript、PHPコーディングに携わりながら全体統括を行う。

なにをやっているのか

「子どもを取り巻く環境をテクノロジーの力でよりよいものに」というミッションを掲げ、ビジネスを通して、子どもの周りにいる大人や社会の抱える課題解決を行っています。 現在の提供サービスは、以下5つです。 ■ ​​保育・教育施設向けICTサービス「CoDMON(コドモン)」 https://www.codmon.com/ 主力プロダクトである「コドモン」は、保育園などで働く先生向けのSaaS型業務支援サービスです。 これまで手書き作業が中心だった保育や教育現場に対し、ICTを活用した事務業務の自動化や省力化を通して、先生が子どもと向き合う時間と心のゆとりを持てるための環境支援を行っています。 その他にも、保育・教育施設の課題解決/保護者の子育て支援/子育ての社会インフラづくりという3つの軸で複数のプロダクトを展開しています。 ■ 保育施設の採用・園児募集マッチングプラットフォーム「HoiciL(ホイシル)」 https://www.hoicil.com/ ■ 保育者向けのオンライン研修サービス「CoDMONカレッジ」 https://college.codmon.com/ https://www.codmon.co.jp/wayofthinking/7947/ ■ 保育施設向けのECモールサービス「CoDMONストア」 https://store.codmon.com/ https://www.codmon.co.jp/wayofthinking/7401/ ■ 保育施設での成長ログや思い出の整理・共有サービス「CoDMONプリント」 https://www.codmon.com/service/photo/
保育者は、iPadで園児の情報を確認・記録
保護者は、自宅や職場から園からの連絡をチェック
カフェスペース談笑風景
MTGスペース打ち合わせ風景
ナチュラルカラーで落ち着いたエントランス
自然と集まりたくなる場所、カフェスペース

なにをやっているのか

保育者は、iPadで園児の情報を確認・記録

保護者は、自宅や職場から園からの連絡をチェック

「子どもを取り巻く環境をテクノロジーの力でよりよいものに」というミッションを掲げ、ビジネスを通して、子どもの周りにいる大人や社会の抱える課題解決を行っています。 現在の提供サービスは、以下5つです。 ■ ​​保育・教育施設向けICTサービス「CoDMON(コドモン)」 https://www.codmon.com/ 主力プロダクトである「コドモン」は、保育園などで働く先生向けのSaaS型業務支援サービスです。 これまで手書き作業が中心だった保育や教育現場に対し、ICTを活用した事務業務の自動化や省力化を通して、先生が子どもと向き合う時間と心のゆとりを持てるための環境支援を行っています。 その他にも、保育・教育施設の課題解決/保護者の子育て支援/子育ての社会インフラづくりという3つの軸で複数のプロダクトを展開しています。 ■ 保育施設の採用・園児募集マッチングプラットフォーム「HoiciL(ホイシル)」 https://www.hoicil.com/ ■ 保育者向けのオンライン研修サービス「CoDMONカレッジ」 https://college.codmon.com/ https://www.codmon.co.jp/wayofthinking/7947/ ■ 保育施設向けのECモールサービス「CoDMONストア」 https://store.codmon.com/ https://www.codmon.co.jp/wayofthinking/7401/ ■ 保育施設での成長ログや思い出の整理・共有サービス「CoDMONプリント」 https://www.codmon.com/service/photo/

なぜやるのか

ナチュラルカラーで落ち着いたエントランス

自然と集まりたくなる場所、カフェスペース

コドモンで実現したいことは3つ。 1. すべての先生に 子どもと向き合う 時間と心のゆとりを 2. パパママと、子どもとの時間に 1秒でも多くの笑顔と愛情を 3. 子どもの育ちや学びを 社会全体で応援できる 世の中に 子育てや保育・教育を、保護者や先生だけが担うのではなく、 社会が連携しあって、支え合える世の中を実現することが、わたしたちのビジョンです。 【子どもの育ちや学びを社会全体で支えられる世の中へ】 子どもを取り巻く環境には、解決すべき課題がたくさん存在しています。 ニュースでもよく取り上げられていた待機児童問題ですが、実は、2021年ごろから一気に解消し始めました。それにより園児の定員割れが起こり、保育園の運営は今後さらに厳しくなることが予想されています。 共働き世帯が増えても、保護者に求められる様々な活動は働きながら柔軟に対応せざるを得ない状況であり、家庭での子育て環境整備の支援も間に合っていません。加えて、日本の教育レベルも主要な先進国と比べて見ると低い水準である、という現実もあります。 このような課題を解決するために、今まで関わりのなかったさまざまな関係者も巻き込みながら、子育て・保育・教育分野におけるインフラとしての役割を目指しています。 【家族やパートナーに誇れる仕事で、何かを成し遂げたい】 保育者として働いていて、業務負担を感じていた。 子どもを持ち、保護者になってみて、保育者のありがたみに気づいた。 子どもたちが大好きで、幸せに育つことのできる成長環境・社会にしたい。 入社の決め手はそれぞれですが、コドモンメンバー全員がミッション実現を目指しています。 実際に子どもを持つメンバーも多く在籍しており、日々課題と理想を隣り合わせに感じながら、事業に貢献しています。 より詳細を知りたい方はこちら 【NewsPicks】コドモン代表が語る、「“子育てネットワーク”の中核を担う急成長ベンチャーの戦略」 https://newspicks.com/news/7001709 【Forbes JAPAN】シェア率約30%、コドモンはなぜ「資金調達ナシ」で飛躍的成長を遂げられたのか? https://forbesjapan.com/articles/detail/64995

どうやっているのか

カフェスペース談笑風景

MTGスペース打ち合わせ風景

2018年には10名だった社員数もわずか4年で200名を超えるチームに成長し、アルバイトや業務委託、インターンなど様々な形で関わる仲間も増え続けています。 社員の平均年齢は32歳。スタートアップでありながらも20代前半から40代後半まで偏ることなくバランスが取れた組織で、子育て中のメンバーも半数ほど在籍中です。 現在はフルリモートのメンバーも多く、出社率は20%程度となっています。 【チーム・個人のさらなる能力・生産性向上に向けて】 事業が急成長し多角化する中でも、コドモンでは個々人の長時間労働で出力を上げるのではなく、チーム・個人の能力と生産性の向上でもって事業を推進できる環境を目指し、カルチャーならびに制度設計を行っています。 例えば、各種研修、書籍代補助や外部勉強会参加費の補助などの学習支援制度をはじめ、なかでも「0.5投資制度」という「週5日の勤務時間のうち、0.5日分を自己研鑽や学習の時間にあててよい」という制度は好評で、業務時間を使って自分が学びたいことについて学習ができます。 「Forbes JAPAN WOMEN AWARD2022」の活躍実感度ランキングで1位に https://newscast.jp/news/2010151 【ミッション実現のために全員で掲げる行動指針】 全メンバーがミッションに対して適切な行動が取れるよう、また判断に困ったときの指針となるよう、5つの行動指針を設けています。 (1)目的から考えよう (2)持続可能性を高めよう (3)勇気をもって踏み出そう (4)誠実であろう (5)チームコドモンをみんなでつくろう その他、コドモンのカルチャーをまとめたドキュメントを公開しています。 https://www.codmon.co.jp/company/culturedeck/

こんなことやります

【仕事内容】 全国のこども施設(保育園・幼稚園・小学校など)の先生たちから、「コドモン」の使い方に関するお問い合わせをいただいた際に、質問回答や運用サポートをするお仕事です。 【アピールポイント】 1. 入社後研修の実施 研修やOJTを通じて業務に慣れていただきます。 2. サービス利用者は優しい方が多い お客様は全国のこども施設(保育園・幼稚園・小学校など)の先生なので、優しい方ばかり。親身になって相談に乗りたいという気持ちが自然と生まれてきます。 先生の働き方改革をお手伝いできるお仕事です。 3. 落ち着いた雰囲気の中での業務 お子さんのいるメンバーも多く、落ち着いた雰囲気です。子育て中の方でも、周囲の理解を得ながら働ける環境です。 【求める人物像】 <必須要件> ・コドモンの事業に共感していただける方 <歓迎要件> 以下のような方を大募集中! (すべてに当てはまる必要はありませんが、多く当てはまるとマッチ度が高いです) ・宮崎で働き続けたい ・丁寧・誠実な電話応対ができる方 ・Excelなどの表計算ツールを業務で使ったことのある方 ・ITシステムや保育業界に関わるお仕事をされてきた方 ・おもてなし意識(ホスピタリティ)の強い方 ・コールセンター経験のある方 ・顧客折衝のご経験がある方 <こんな方が活躍されてます!> 保育士や学校の先生、管理栄養士や医療事務など、 多種多様なお仕事をご経験されていた方が活躍しております。 未経験の方から経験者の方まで、様々な方が活躍されている活気ある職場です!
3人がこの募集を応援しています

3人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2018/11に設立

263人のメンバー

  • CEO can code/

宮崎県宮崎市広島2丁目10番20号 坂下ビル 5F