1
/
5
アカウントエグゼクティブ
中途
1
エントリー
on 2022/05/26 54 views

せっかくの英語力をいかせずに、今日も遅くまで広告業界で働くあなたに

Rival Schools

Rival Schoolsのメンバー もっと見る

  • ロイはこの業界には珍しく、社交的なことが苦手だ。それなのに、ときどき思いついたように友だちが欲しいと熱望し、初対面の人にこんな感じで話しかけている。
    「そのナプキンは無料ですか?」
    「そのもみあげのシルバーグレー、いい感じですね」
    「あなたも自分の子供のこと嫌いですか?」
    軽井沢の裏路地をあてもなく歩いているとき以外は、コーヒーショップの狭苦しい片隅を何時間も無愛想な表情のまま占領し、濃い目のコーヒーを片手に、今度こそなにか大きなことをやってやろう、と息づかいだけは荒々しく、iPadに何やら落書きをしているのだった。

  • Yuko Sakazaki
    UX designer

  • Yusuke Wakita
    エンジニア

なにをやっているのか

  • Open Workspace Plan
  • Craft Beer Custom Label

Rival Schoolsは、どこにも依存しない
独立したクリエイティブエージェンシーとして活動を行なっています。

ほとんどの仕事は、クライアントとパートナーシップ契約を結ばせて
いただいて、ロングタームなお付き合いが基本です。

海外に拠点を置くグローバルブランドが多く、
日本市場の参入にあたってのブランディングに関わるご相談を
いただいています。

具体的には、ブランド戦略の立案はもとより、デジタルを中心とした広告制作、
プロモーションの企画立案、映像制作などの業務が中心です。

クライアントとの会議、ドキュメントなどは英語を使うことも多く
グローバルブランドをより広い視点で俯瞰しながらクリエイティブを考えて
行くことが求められています。

ヘッドオフィスが制作した広告原稿をローカライズする仕事も得意ですが
私たちは、Brand Localizationという独自のメソッドにより、たんなる英文翻訳
などの作業だけでなく、ブランディングの観点から最適化を行なった
クリエイティブを開発しています。

なぜやるのか

  • Branding
  • Working on site

Rival Schools(ライバルスクールズ)という名前は
おそらく目にされていると思います。

もちろん学校ではなく、れっきとした事業法人ですが
この名前には、私たちの思いが込められています。

代表のロイは、ライバルスクールズをカナダで設立したのですが、
当時から、会社を作ろうと考えたからではありません。

もともと友だちが少ないので寂しかった、というのが
1番の理由ですが、2番目の理由は、ロイなりの夢を叶えるためです。

カナダで育ったロイは、幼い時から絵を描くことが大好きで
今でも仕事でイラストレーションを描くことも多いのですが、
ある日、気がつきました。

ロイが描いた絵を見せると、笑いが生まれます。
普段から気難しくて、生まれてから一度も
笑ったことがないような人も、表情筋がピクッと動きます。

絵だけではありません。
ウェブサイトを作ったり、広告ビジュアルを考えたときも
同じような現象が起こりました。

考えてみれば、クリエイティブって、すごいパワーがあるんですね。
絵を描いたり、文章を書くだけで、人の心を動かすことが
できます。そして、みんなが喜んでくれます。

インターネットにより、今では誰でも自分の作品を
世の中に簡単に、発表できます。
自己表現のためのツールは驚くほど充実し、
作品づくりも一部のプロだけのものではなくなりました。

人間がもつ、想像力、クリエイティブの素晴らしさを
今ほど、身近に感じられる時代はなかったのでは
ないでしょうか。

私たちは、クリエイティブの、この素晴らしさをもっともっと
広めていきたいと思います。
みんなが、ひとりひとりの豊かな可能性に気づき、
それを理解しあうことで、少しでもいい世界に近づけるのではないか、
などと夢想しています。

Rival Schoolsという名前は、
こうした「理想の学校」を実現したくて名付けました。

フラットで、自由で、そして常に学ぶことを忘れない。
そんなカルチャーを大切にしています。

どうやっているのか

  • Photoshoot
  • Internal Workshops

Rival Schoolsでは、アートディレクター、コピーライター、そしてプロダクショ
ンマネージャー(制作進行)の3名でチームを編成します。
戦略立案、アイディア開発からプレゼンテーションまでの過程では、
クリエイティブディレクターからディレクションを受けますが、基本的には
個々のクリエイターの裁量を大きくし、より成長できるようなマネジメントを
行なっています。
オフィスは虎ノ門にありますが、フリーデスク形式です。
オンラインツールを多用し、リモートで仕事をすることが多く、
海外在住のクリエイターとのコラボレーションなどもあります。

こんなことやります

5年以上のキャリアがあるのに、まだ部下も
いなくて残業が多すぎる。
クライアントの言いなりばかりの提案を
するのに疲れた。
もっとクライアントのためになる提案を、
ちゃんと考えたい。
英語は得意だけど、外資系の会社に行くほどの自信もない。

そんな思いをお持ちのあなたに
聞いて欲しい話があります。

はじめまして。ライバルスクールズの代表、ロイです。

カナダで育った僕は、幼い時から絵を描く
ことが大好きで今でも仕事でイラスト
レーションを描くことも多いのですが、ある日、気がつきました。

僕が描いた絵を見せると笑いが生まれます。
普段から気難しくて、生まれてから一度も
笑ったことがないような人も、表情筋がピクッと動きます。
(僕は見逃しません)

絵だけではありません。ウェブサイトを
作ったり、広告ビジュアルを考えたときも
同じような現象が起こりました。

そんな経験が忘れられなくて、この仕事を
初めて、もう20年以上が経ちました。

そんな僕が、この数年、気になっている
ことがひとつあります。
それは、自分の思いや仕事をもう少し広く
より多くの人と取り組めないか、
ということです。

今回、アカウントエグゼクティブの募集を
開始したのもじつは、そんな思いが
ベースにあります。

日本では、いわゆる「営業」という仕事
なのかもしれませんが、僕がイメージする
アカウントエグゼクティブの仕事は
ちょっと違います。

たとえば、売り上げ数字を伸ばすことは
大切ですが、それがすべてとは思いません。

それ以上に、クライアントのために、
もっとも大切なことをじっくり考え、
提案していくことを重視したいと思います。

クライアントの方と積極的に話をして
いただき、クリエイティブチームと一緒に
企画を考え、楽しいアイディアを提案して
もらいたいのです。

自分たちの売り上げを最大化するのでなく、
クライアントの成長を最大化させることに
力を貸していただきたいと思っています。

もちろん、収益は大切ですが、
誠実な仕事をすることが結局は、収益に
つながってくることを僕は20年近くの
仕事人生で痛感してきました。

また、新しいクライアントやビジネス
アイディアもぜひ一緒にチャレンジして
いただきたいと思います。

日本はもちろん、欧米やアジアの
パートナーとも連携しながら、今までに
ないクリエイティブのチームをつくって
いく予定です。

っと、ついつい、話が長くなってしまい
ました。この続きは、ぜひ改めて、
ゆっくりお話しきたいと思います。

といっても、僕は軽井沢にいますので
最初は、モニター越しになるかも
しれませんが人見知りの僕にとっては、
じつは話しやすかったりします。

インタビューは、日本語、英語、
どちらでも可能です。

【What you'll do】
いわゆる「営業」というよりも、クリエイティブチームと一緒にクライアントのブランドをより成長させるためのアカウント業務を担っていただきます。売り上げのコミットやノルマ、セールスのプレッシャーは一切ありません。

・デジタル領域を中心とした広告制作、プランニングに関わるアカウント業務。
・既存クライアントおよび新規クライアントに対するコミュニケーションプランの策定をはじめ、あらゆるクリエイティブの企画制作の管理、運用をリードしていただきます。
・既存クライアントだけでなく、新規クライアントの相談も多く、裁量も広く、自由に仕事をつくっていけます。

【What you’ll need 】
・広告業界で広告制作の業務経験5年以上
・外資系および海外のエージェンシー経験あれば尚可(広告代理店、制作プロダクション、デジタルエージェンシー、クリエイティブエージェンシー、その他)
・デジタルマーケティングに関する広告制作および業務経験3年以上
・バイリンガルでなくてもいいですが、ビジネス英語ができる方
・学歴不問

【Work Style】
・勤務地 東京都港区虎ノ門
・在宅勤務・リモートワークも可能ですが、一定の出社日の条件があります。
ご相談ください。

・勤務時間 10:00 – 19:00
・担当クライアントの実情にあわせたフレックス勤務可能
・休日・年休
・完全週休2日制 

【Benefits】
・カルチャー支援制度/セミナー・ワークショップなどの参加時の費用を補助する制度もあります
・誕生日/誕生日は休日です。ただし、全社員からお祝いのメッセージが届きます。

会社の注目のストーリー

フリーランスで働くことを選択したグラフィックデザイナーのあんなことやこんなこと
よく学びよく学びよく学ぶ、学びと成長に妥協を許さないデジタルデザイナーのこだわり
学びや経験をカタチにする、ノンデザイナーから出発したUXスペシャリストのデザイン力
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
Rival Schoolsの会社情報
Rival Schools
  • 2016/11 に設立
  • 12人のメンバー
  • 社長がプログラミングできる /
  • 〒105-0003 東京都港区西新橋2-21-2 第一南櫻ビル7F
  • Rival Schoolsの会社情報
    せっかくの英語力をいかせずに、今日も遅くまで広告業界で働くあなたに