350万人が利用する会社訪問アプリ

  • QAマネージャー

メタバースのUXの改善と開発をリードするQAマネージャーを募集!

QAマネージャー
Mid-career

on 2022/06/27

49 views

0人がエントリー中

メタバースのUXの改善と開発をリードするQAマネージャーを募集!

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Expanding business abroad
Tokyo
Mid-career
Expanding business abroad

Naoto Kato

大阪生まれ。京都大学理学部にて量子コンピュータを研究。同大学院中退後、スマホゲーム開発・受託や技術本の執筆をしながら約3年間のひきこもり生活を過ごした。その際出会ったVRデバイスに感銘を受ける。 2015年夏に起業。翌年、アバターを用いてVR上で数千人規模のイベントを開催することのできるプラットフォーム「cluster」ローンチ。Forbes JAPANの、世界に影響を与える30歳未満の日本の30人「30 UNDER 30」選出

Hiroki Tanaka

2015年にFictbox株式会社(現クラスター株式会社)を共同創業し、CTOとしてバーチャルSNS「cluster」の開発をしています。

Hiroyuki Tomine

はてなインターンに参加したのち、サイボウズ株式会社に入社。 2014年に Increments 株式会社に参加し、 Qiita/Qiita:Team のデザイナー・PMを担当。 コミュニティ活動として、新しい情報共有についてのあり方を考える『情報会議』を主催した他、2016年からはProduct Manager (PM) についてのカンファレンス、『pmconf.jp』 の実行委員をつとめる。 2018年12月からクラスター株式会社でバーチャルSNS「cluster」のデザイン/プロダクトマネージャーを担当。 デザイナーやPM、コミュニティマネジメントが仕事。 趣味は漫画、サバイバルゲーム、イベントスタッフ、自作キーボード等。 築地で奥さんも含めて4人くらいでルームシェアをしています。

「ここは、バーチャルな未来を当たり前に信じられる場所」。新卒サイボウズ→ベンチャーPMを経て、VR領域のPMへ。インターネット文化を愛する彼が想う、クラスターの存在意義。

Hiroyuki Tomineさんのストーリー

Ayumi Kishida

コスト削減や工数、品質管理を得意とし、時にはゲームデザインや開発まで行います。 プロジェクト成功のためにはチームを巻き込み職種の垣根も超え成功を目指す、今年22歳の息子を持つアラフォーオカン。 現在、自身のスキルアップのためARを使ったゲームを趣味で開発中。

クラスター株式会社のメンバー

Naoto Kato

Founder&CEO

Hiroki Tanaka

Co-Founder & CTO

Hiroyuki Tomine

プロダクトマネージャー

ストーリーを読む

Ayumi Kishida

QA Lead

大阪生まれ。京都大学理学部にて量子コンピュータを研究。同大学院中退後、スマホゲーム開発・受託や技術本の執筆をしながら約3年間のひきこもり生活を過ごした。その際出会ったVRデバイスに感銘を受ける。 2015年夏に起業。翌年、アバターを用いてVR上で数千人規模のイベントを開催することのできるプラットフォーム「cluster」ローンチ。Forbes JAPANの、世界に影響を与える30歳未満の日本の30人「30 UNDER 30」選出

なにをやっているのか

誰もがバーチャル上で音楽ライブ、カンファレンスなどのイベントに参加したり、友達と常設ワールドやゲームで遊ぶことのできる国内最大級の「メタバースプラットフォーム」を展開しています。 スマホやPC、VRといった好きなデバイスから数万人が同時に接続することができ、これにより大規模イベントの開催や人気IPコンテンツの常設化を可能にしています。 VR音楽ライブ「輝夜 月 LIVE@Zepp VR」や渋谷区公認の「バーチャル渋谷」、ポケモンのバーチャル遊園地「ポケモンバーチャルフェスト」の制作運営など、バーチャルで"集まる"体験を再定義し、全く新しいエンタメと熱狂体験を提供し続けています。 バーチャルイベント実績は世界トップクラスので総動員数2,000万人を超えています。 2020年12月期は通期黒字化を達成し、 2023年5月に53億円の資金調達。 さらなる事業拡大を担うメンバーの募集とプラットフォーム事業への投資を積極的に行っています。 ■会社紹介資料 https://speakerdeck.com/clusterinc/we-are-hiring
メタバース 黒ひげ危機一発
ポケモンバーチャルフェスト
シリーズDラウンド調達
ClusterCulture
東京ゲームショウ2023 出展
企業によるカンファレンスから仲間内でのお花見まで、メタバースではありとあらゆるイベントを行うことが可能

なにをやっているのか

メタバース 黒ひげ危機一発

ポケモンバーチャルフェスト

誰もがバーチャル上で音楽ライブ、カンファレンスなどのイベントに参加したり、友達と常設ワールドやゲームで遊ぶことのできる国内最大級の「メタバースプラットフォーム」を展開しています。 スマホやPC、VRといった好きなデバイスから数万人が同時に接続することができ、これにより大規模イベントの開催や人気IPコンテンツの常設化を可能にしています。 VR音楽ライブ「輝夜 月 LIVE@Zepp VR」や渋谷区公認の「バーチャル渋谷」、ポケモンのバーチャル遊園地「ポケモンバーチャルフェスト」の制作運営など、バーチャルで"集まる"体験を再定義し、全く新しいエンタメと熱狂体験を提供し続けています。 バーチャルイベント実績は世界トップクラスので総動員数2,000万人を超えています。 2020年12月期は通期黒字化を達成し、 2023年5月に53億円の資金調達。 さらなる事業拡大を担うメンバーの募集とプラットフォーム事業への投資を積極的に行っています。 ■会社紹介資料 https://speakerdeck.com/clusterinc/we-are-hiring

なぜやるのか

東京ゲームショウ2023 出展

企業によるカンファレンスから仲間内でのお花見まで、メタバースではありとあらゆるイベントを行うことが可能

インターネットによって情報の価格は下がっていますが、一方で音楽フェスのように熱狂や興奮を一緒に「体験」する市場はますます拡大しています。 そんな「体験」への価値が高まるなか、「cluster」は最先端のテクノロジーで熱狂や興奮を一緒に「体験」することができるプラットフォームを目指しています。 「cluster」はあらゆる集まる体験をバーチャルで再現します。バーチャル音楽ライブやバーチャルeスポーツ会場など、幅広い可能性を持っています。私たちと一緒に世の中のエンターテイメントを変えましょう! ■注目のメディア記事 日経クロストレンド メタバース・ビジネス&エンタメ最前線 https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00621/ Forbes JAPAN「世界を変える日本の30歳未満の30人」発表 https://forbesjapan.com/30under30/ 国内最大級のメタバースプラットフォームに聞く、メタバース×ファッションでの成功法 https://www.wwdjapan.com/articles/1410466

どうやっているのか

シリーズDラウンド調達

ClusterCulture

グーグル、サイバーエージェント、ヤフー、グノシー、Aiming、コロプラ等の出身メンバーで、技術的なスタンダードが少ないバーチャル領域において、リアルタイム通信システムを独自に開発するなど、日々技術的なチャレンジを行っています。 組織としては、『Team Geek』にあるHRT(謙虚・尊敬・信頼)の精神を大切に開発に取り組んでいます。 さらに、我々のサービスには、多方面の方々に関心を持っていただいているというのも、今後の事業展開を加速させる要素となっています。 具体的には、プログラミングなどの専門知識がなくても、誰でも手持ちのデバイスから簡単に自分の想像したバーチャル空間をつくれるワールドクラフト機能があります。また、ご自身で作成したアバターやアクセサリー、アセット等を他のユーザーに販売することで収益が上げることができるというのも重要なポイントです。有り体に言えば、3Dコンテンツを自由に販売し稼ぐことのできる「3D版のYouTube」のようなプラットフォームを目指しているとも言えるでしょう。 2023年5月に53億円の資金調達を実施し、累計調達額は67億円となりました。 「人類の創造力を加速する」をミッションに掲げ、さらなる事業拡大に向けてプロダクト開発やマーケティング強化を図って参ります。

こんなことやります

仕事概要 世界に先駆けてメタバースプラットフォーム・バーチャルSNSを扱うスタートアップ企業です。 今後、さらに盛り上がりを見せる仮想空間=メタバースでのエンターテインメントやコミュニケーション。 ポストスマホ時代が少しずつ到来しつつある中、「メタバースプラットフォーム」の先駆者として、さらなる事業拡大を目指しています。 Clusterのユーザー数は日々加速度的に増えており、それに伴い安定的な品質を担保することに加えて、さらなる品質向上を図っていきたいと考えております。 そして今後も品質を安定させながら高速な改善サイクルを維持するために、さらなる開発プロセスの整備が重要です。 ▼会社説明資料 https://speakerdeck.com/clusterinc/we-are-hiring ❏部署全体の業務概要 ・clusterのワールドやイベントが開催されているプラットフォームの開発 ・cluster内で使用できるアバターなどのユーザーが利用するコンテンツやギミックの開発 例えば ・アバター ・VR空間 ・クリエイターエコノミーを生み出すための課金・決済機能 ❏具体的な業務内容 ・QA方針および戦略の立案、遂行 ・戦略/指標に基づいたテスト計画の立案、遂行 ・品質向上のための業務フローの構築、効率化 ・組織マネジメント、メンバーの育成 ❏一緒に働くメンバー 配属先:プラットフォーム事業部QA TEAM メンバー:2022年5月現在:6名 ▼社員インタビュー ユーザーに「いつもワクワクするcluster」を届けることがQAのミッション。その道10年のプロがQAの真髄にたどり着くまでの軌跡 https://note.com/cluster_official/n/n37a1dc5dc534?magazine_key=m9e663aa38b11 ❏clusterの魅力 ・メタバース領域はあらゆるビジネス領域から高い注目を集めており、Fortniteを運営するEpicGamesや、  2021年3月に上場したROBLOXといった海外プレイヤーも含めて、ひとつの産業として立ち上がりを見せており今後更なる成長が期待されています。  今までにはなかったインフラ・経済圏を生み出し、社会に私たちのサービスを広めていく面白さと醍醐味を感じることができます。 ・2015年7月に創業し、当社が運営するメタバースプラットフォーム「cluster」上で開催されたイベント総動員数は、2020年単年で300万人を突破。  2022年には述べ1000万人を超え、「イベント数」「総動員数」「売上」全てにおいて国内トップクラスのサービスとなります。 ・IPコンテンツや企業・自治体との連携も活発でポケモンやソードアートオンライン、  ディズニーとのコラボ。横浜ベイスターズ、吉本興業様、音楽ライブ、オンラインゲームジャム、バーチャル丸の内など、  大規模イベントの開催・運営実績を多数持っています。 ・経営陣との距離も近いので、スピード感をもって自由闊達に業務に携わることができます。
0人がこの募集を応援しています

    0人がこの募集を応援しています

    話を聞きに行くステップ

    1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
    2. 会社からの返信を待つ
    3. 話す日程を決める
    4. 話を聞きに行く
    募集の特徴
    オンライン面談OK

    会社情報

    2015/07に設立

    224人のメンバー

    • Expanding business abroad/
    • CEO can code/
    • Funded more than $1,000,000/
    • Funded more than $300,000/

    東京都品川区