Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
Apps/Web Infra

Engineer to boost our productivity

株式会社日本リーガルネットワーク

株式会社日本リーガルネットワークのメンバー

全員みる(3)
  • 東京大学法学部3年次に司法試験に合格。大学卒業後は、司法修習を経て、都内大手法律事務所で勤務。社会の問題を構造的に解決するためには、法律の知見に加えて、他の分野の知見が必要だとの思いから、一旦、法律の分野を離れ、大手戦略コンサルティングファームであるボストン・コンサルティング・グループに入社。
    その後、「法律の知見」と「経営戦略の知見」を組み合わせて、社会の問題を解決したいとの思いから、他のメンバーとともに、株式会社日本リーガルネットワークを設立。
    現在は、自身の法律事務所を運営しつつ、同社にて、サービス残業問題の解決に挑むサービス「残業証拠レコーダー」を提供・運営している。

  • ㈱Verifore創業メンバー・プログラマー。
    2008年より在宅勤務をしながら自閉症の長女を療育。
    半導体検証業務をサポートする社内ツールや、クライアント企業のチップのドライバープログラム、アルゴリズムのソフトウェアモデルの開発等の傍ら、社の副業制度によりソフトウェア技術維持・向上のため複数の業務を個人的に請け負う。
    2015年に自閉症の娘の障害者入居を期に、新しい挑戦を考えています。

    東京大学教養学部基礎科学科第一、卒。
    メリーランド大学応用数学科、中退。
    通算5年半の在米経験(中学生時2年、大学院3.5年)

  • 東京大学法学部卒業。東京大学法科大学院2年次に司法試験に合格。弁護士法人大江橋法律事務所で弁護士として勤務。
    弁護士業務の中で情報や知識の格差によって不公正な結論に至ることに疑問を抱き、法知見を社会に広く普及させることで、社会の不公正を少しでも解消したいとの思いから、他のメンバーとともに、株式会社日本リーガルネットワークを設立。
    現在は、自身の法律事務所を運営しつつ、同社にて、サービス残業問題の解決に挑むサービス「残業証拠レコーダー」を提供・運営している。

なにをやっているのか

  • D01a5de6 1ac5 429a 8b7c 479349df2f0a 提供中サービス「残業証拠レコーダー」ロゴ
  • E1c40b72 b668 4756 b1a9 6fabb2a4f9f3

当社は、日本では数少ないリーガルテック(「テック(IT)」×「法律」)の会社です。
リーガルテックの分野は、アメリカと異なり、日本ではまだ有名ではありませんが、社会の基盤である法律分野に変革をもたらすことで、社会に大きなインパクトを出せる分野です。
特に、「社会の不公正の解消」という他の業界ではアプローチが難しい課題に挑戦できるのが、独特の魅力です。

現在、当社では、「残業証拠レコーダー」(『残レコ』)というスマートフォンアプリを開発・提供しています。
『残レコ』は、サービス残業問題を解決するためのサービスです。
現在、日本では1500-2000万人程度がサービス残業をしていると推測され、サービス残業問題は非常に多くの人に関わる問題です。さらに、サービス残業問題は、過労死の原因となっているだけでなく、内需刺激、少子化問題、労働生産性の向上、企業間の過当競争、不公正な競争など、多くの社会課題に関わっています。
社会の関心も非常に高く、『残レコ』は昨年5月のローンチ以降、フジテレビ・日本経済新聞・週刊ダイヤモンド等各種のメディアで取り上げられたほか、東京都のベンチャー支援プログラム(ASAC)に選ばれたり、ICCのスタートアップ・コンテスト・カタパルトの本選に出場するなど、話題を集めております。

とはいえ、サービス自体は、まだまだ改良中・普及中なので、当社の理念に共感し、僕らとともに当社のサービスを支えてくれる、スキルをもった方を探しています。

また、当社では、今後、『残レコ』だけでなく、日本の社会問題の解決に貢献できるような新しいリーガルテックサービスを出していくことを計画しています。
当社は、日本のリーガルテックをリードするベンチャー企業であり、現在、弁護士2名とエンジニア2名が在籍しています。現在のメンバーに、当社の理念に共感してくれる新しい仲間が加われば、日本の社会問題を解決するサービスを生み出すことができると思っています。

<ご参考 現在の『残レコ』の機能>
https://zanreko.com/
A. スマホのGPSによる位置情報とユーザーの入力を基に、残業代を推計
B. 上記の位置情報とユーザーの入力情報を当社サーバーで保存し、証拠化
C. 『残レコ』開始前も使える『残業代概算シミュレーション』で、「残業代が貰えるか」と残業代の概算額を表示
D. 実際に残業代を請求する際は、『残レコ』から、弁護士に相談・依頼のアポイントが可能

なぜやるのか

  • 445ff2df 1dbd 4900 b4f8 f64e2f5ddb94

「社会には、明らかに法律に反していて公正でないのに、“当たり前のこと”“仕方がないこと”として黙認されている問題が多すぎるのでないか。」
そのような問題を、「テック(IT)」×「法律」の新たなサービスによって、解決していこうというのが当社の目的です。

そのような問題のなかでも、現在、当社が取り組んでいるサービス残業問題は、非常に多くの人に関わる問題です。
「1日8時間勤務、完全週休2日制と聞いていたのに、残業代なしの深夜残業・休日出勤が当然」
「どう考えても残業なしでは終わらない仕事をさせられているのに、残業代はもらえない」
「長時間のサービス残業で、身体や心の健康を害してしまう」
僕らは、このような状況は法律に違反するだけでなく、ブラック企業による契約違反を許す不公正であり、日本の人々の幸せを損なっていると考えます。
このようなサービス残業問題を引き起こしている社会の構造を、革新的サービスで抜本的に変えること。これが、『残レコ』プロジェクトのゴールです。

『残レコ』によって、以下のことを実現していきたいと考えています。
① まずは、サービス残業をしていた方々が、残業代を取り返すお手伝いをします。
② 多くの方が残業代を請求できるようになり、サービス残業が抑制され、日本の人々のワークライフバランスが改善。過労死・過労自殺等の問題も減少。
③ 育児・介護と仕事の両立も可能になり、少子高齢化問題の解決にも貢献できます。
④ ブラック企業がアドバンテージを得る不当な市場競争から、ホワイト企業同士の健全な市場競争に
⑤ サービス残業というコスト0の労働力に頼った安易なビジネスが継続困難になり、労働生産性向上へのインセンティブも増大

今後は、「サービス残業問題」以外の社会問題に対しても、新しいリーガルテックサービスを生み出すことで、問題の解決に貢献することを目指しています。

どうやっているのか

  • F5156995 8c55 4e00 9848 424d36d1f7cd?1513046414
  • Ab505713 07e9 4797 8f96 745cfa4601f8?1513046414

当社は、2015年に創業した新しい会社です。
20代後半から40代前半で、弁護士とエンジニアという、それぞれが専門の知見やスキルを持ったメンバーで構成されています。

リーガルテックは、「テック(IT)」×「法律」という2つの分野を架橋するビジネスであること、『残レコ』が対象とする市場が、未開拓の新しい市場であることから、異なる分野の専門家が集まり、各自が自分の強みを生かすことが必要です。
サービスの開発・普及で生じる多くの問題は、1つの分野の知見・スキルで解決するのが難しく、大変な部分もありますが、
メンバーそれぞれが、自分の知見・スキルからアイデア・解決策を提示し、それを組み合わせることで、新しい発想で問題を解決しています。

当社が挑んでいる市場は、今まで存在しなかった新市場であること、「テック(IT)」と「法律」という非常に離れた分野の組み合わせであるため、新市場開拓の興奮や、当社のサービスにしか出せない社会的インパクトを実現することができます。

カルチャー的には、お互いにしっかりとコミュニケーションをとりつつも、それぞれのメンバーが自分の分野の専門家として責任を持ち、自律して働くスタイルの会社です。

こんなことやります

"Legal Tech" is our primary interest and our vision is combining legal knowledge with IT to help people who are not familiar with the laws. As our first product, we released "Zangyo Recorder" (overtime work evidence recording service for a later lawsuit)

We have been improving our service, but, as unpaid overtime works become bigger social issues in Japan today, we are thinking it's urgent to boost our productivity.

Moreover, we are planning to create new legal tech services, and we need help of skilled engineers (like you!) to realize it ASAP!

As you can see this proposal is written in English, we don't require you to be a fluent Japansese speaker, and as our CEO and CFO are both lawyer themselves, we can offer you legal support for working in Japan.

[Job description]
・Maintaining and enhancing our current mobile app "Zangyo-Recorder"(残業レコーダー)
The current system is composed of PHP + Android(Java) / iOS(Objective-C), but we are not eager to stick to it.
・Planning, desinging and coding next legal tech service.

[Required]
・As a legal related company, we expect you to be honest and fair.
・Full-stack experience in smart phone apps and server devlopment, including html, javascript, css.
・Can use any of Python, PHP, JAVA, Objective-C, Swift.
・Basic knowledge of VCS(git) and Containers(docker).
・Can write proper bug reports and documents.
・On the interview, we require giving us presentation about two or more projects you participated and how did you played your role. Explaining actual codes you wrote are preferred.

[Not Required]
・Fluent Japanese Speaking/Writing.

募集情報
探している人 Apps/Web Infra
採用形態 中途採用 / 社会人バイト・契約・委託
募集の特徴 Skypeで話を聞ける
会社情報
創業者 南谷泰史、早野述久
設立年月 2015年8月
社員数 4 人
関連業界 情報通信(Web/モバイル)

応援している人(11)

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(11)

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

東京都千代田区

Page top icon