350万人が利用する会社訪問アプリ

  • Web Engineer
  • 8エントリー

ロボットの部品管理システムの開発を行うエンジニア募集

Web Engineer
Freelance
8エントリー

on 2022/08/23

885 views

8人がエントリー中

ロボットの部品管理システムの開発を行うエンジニア募集

Online interviews OK
Tokyo
Freelance
Tokyo
Freelance

Shinichi Ishimura

都内でソフトウェアエンジニアをやってます。得意領域はバックエンド(主にGoとJava)とインフラで、フロントエンドはあまり経験がありません。2017年に生まれた第一子の子育て奮闘中です。 ・16personalitiesの性格診断では“仲介者”(INFP-T)でした http://www.16personalities.com/ja/infp%E5%9E%8B%E3%81%AE%E6%80%A7%E6%A0%BC

Takahiro Asaka

Sungjae Kim

京都大学工学部を卒業後2008年にモルガンスタンレー(Fixed income division)に入社 2010年4月から2年半ロンドンで勤務 2012年に東京に戻り一貫して、円金利デリバティブのトレーディングに従事 2015年より米国債のトレーディングを兼務 2016年6月から2018年3月まではクラウドファンディングベンチャーのクラウドクレジットにてCIOとしてポートフォリオマネージメント及びプロダクト設計を行う。 2018年3月に高い技術力とテクノロジーで実社会に変化を与えるミッションに共感しSEQSENSEに転職 学生時代は中学ではサッカー部、高校、大学ではアメリカンフットボール部に所属 週末は東工大アメフト部のコーチ

SEQSENSE株式会社のメンバー

都内でソフトウェアエンジニアをやってます。得意領域はバックエンド(主にGoとJava)とインフラで、フロントエンドはあまり経験がありません。2017年に生まれた第一子の子育て奮闘中です。 ・16personalitiesの性格診断では“仲介者”(INFP-T)でした http://www.16personalities.com/ja/infp%E5%9E%8B%E3%81%AE%E6%80%A7%E6%A0%BC

なにをやっているのか

私たちSEQSENSEは、高い自律移動性能を有する警備ロボットと、洗練されたクラウド技術を統合した警備システムを提供しています。 気鋭のロボット工学者である黒田洋司教授とその仲間たちが培った技術を基に、大手SIerやメーカーだけでなく、国際的研究機関やITベンチャー出身といった多種多様なバックグラウンドを持つ優秀なエンジニアが集合し、自律移動型警備ロボットシステムの開発・製造を行っています。
ロボットの精度向上のため議論しながら調整を加える
アプリケーション開発に没頭するクラウドサイドエンジニア

なにをやっているのか

私たちSEQSENSEは、高い自律移動性能を有する警備ロボットと、洗練されたクラウド技術を統合した警備システムを提供しています。 気鋭のロボット工学者である黒田洋司教授とその仲間たちが培った技術を基に、大手SIerやメーカーだけでなく、国際的研究機関やITベンチャー出身といった多種多様なバックグラウンドを持つ優秀なエンジニアが集合し、自律移動型警備ロボットシステムの開発・製造を行っています。

なぜやるのか

超高齢化の歯止めが全くきかないこの国で、労働力不足は国の根幹すら揺るがしかねない深刻な問題となっています。その中でも警備業界は求人倍率が6倍を超えるほど人材がひっ迫しています。当社が開発・製造する自律移動型警備ロボットは、労働力不足問題の一つの解決策となります。 ただし、すべての業務をロボットが行うのではなく、ロボットに適した業務はロボットが行い、人に適した業務は人が担当することで“労働力の最適化”と“人とロボットの分業化”を目指しています。 なんでも叶えてくれる夢のロボットや、四次元ポケットを持つロボットではなく、実用的な業務を高精度でこなす業務ロボットこそが、世界で最も高齢化が進んだこの国において本当に必要な存在だと確信しています。 エンターテイメント主流の“コミュニケーションロボット”ではなく、本当に人類、社会のためになる“ロボット産業”の創出こそが当社の社会的使命だと考えています。

どうやっているのか

ロボットの精度向上のため議論しながら調整を加える

アプリケーション開発に没頭するクラウドサイドエンジニア

この国のロボット工学の第一人者である黒田教授と大手企業とが共同研究し培われた技術を基礎とし、ハードウェアからソフトウェアまでを一気通貫で開発できることがSEQSENSEの最大の強みです。  弊社のエンジニアは、それぞれが異なる多様なバックグラウンドとスキルセットを備えた非常に優秀な集団です。実社会の物理空間で動くロボティクスから、警備システムを管理するクラウド、UI、人工知能開発まで、幅広くカバーすることが可能となっています。  弊社ではそれぞれのエンジニアが、各自の特性を最大限生かすことが最も大切だと考えており、ビジネスサイドはエンジニアにとって最高の環境を実現することを最優先課題としています。そこに加えて、未来にわたる社会ニーズを捉え、産業として持続可能なプランを策定し、高品質なプロダクトを作り出すことが出来れば、大きく成長する新しい市場を作り出すことが出来ると信じております。

こんなことやります

警備ロボットを構成する部品を管理する社内アプリケーションの開発を行うエンジニアを募集します。 【業務内容】 SEQSENSEが開発している警備ロボットは約1,500点の部品で構成されており、また、日々様々な改善が行われており、管理コストは日に日に増加しています。 今回担当していただくWebアプリケーションはその様な部品管理を効率化するための社内アプリケーションになります。さまざまな部品を登録しロボットの設計・製造・生産管理などに利用されます。 開発にあたっては、社内のハードウェア開発メンバーにヒアリングを行い、必要な機能を設計・実装していただきます。タスク管理はGitHub issues, コミュニケーションにはSlackやGoogle Meetを用います。 【必須スキル】 ・Ruby on RailsとVue.jsを用いたWebアプリケーションの開発経験 ・GitHubを利用した開発経験 【歓迎スキル】 ・CIサービスのビルド・テスト経験 ・Dockerについての理解 ・生産管理システムの開発経験
2人がこの募集を応援しています

2人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2016/10に設立

32人のメンバー

  • Funded more than $1,000,000/

東京都千代田区内幸町2丁目2-3 日比谷国際ビル 1階