Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

各種IaaSでの自動化に興味がある方歓迎!インフラエンジニア募集!

株式会社アプトポッド

株式会社アプトポッドのメンバー

全員みる(11)
  • 柏崎 輝
    インフラ/サーバエンジニア・プログラマ

  • 坂元 淳一
    マーケティング

  • 小沢 幸平
    人事

  • 現在の会社では、仕事の主軸として一貫してデータセンターサービス、中でもマネージドホスティングのビジネス(サービス名:データホテル)にかかわってきました。
    時代とともに変化するホスティングサービスへの要求に対応して業務内容を変化させつつ、また、最近では会社組織として必要とされる管理部門機能の整備、機能向上へもかかわっています。

    ■ 2002〜2003年ごろ
    法人向けの比較的単純なウェブサーバのホスティングに関する営業活動の支援から設計構築後の運用への引き渡しまで
    ■ その後2006年ごろまで
    自社のポータルサイトやblogサービス(サービス名:livedoor)のアクセス増に合わせて設計...

なにをやっているのか

  • 5685c918 ad33 4099 b9fd a5c515291c9d?1501060317 デザイン性にも拘ったVisualM2M
  • Db2aa5a6 5d73 4c7c a651 dfea150d071a?1501060318 双方向でのリアルタイムなデータ伝送を実現するintdash

アプトポッドは、日本のIoT、M2Mを牽引するテクノロジーカンパニーです。

「ファストデータ」と呼ばれる膨⼤かつ短周期な⾼粒度データを⾼速で伝送、収集することを強みとしており、自動車、産業機器、ロボティクス等の遠隔制御やセンサーデータの可視化をするプロダクトの開発を行っています。

【プロダクト】
■Visual M2M
リアルタイムにクラウドに収集した高粒度のセンサーデータを、解析・分析するSaaSです。解析用途に応じてカスタマイズ可能で、UI/UXデザインにも拘ったユーザーフレンドリーなインターフェースを提供しています。
https://www.aptpod.co.jp/products/vm2m/

■intdash
自動車や産業機器と遠隔操作端末などの機器との間でやり取りされる短周期データをモバイル回線を介して、リアルタイムに、そして"双方向"に伝送するためのIoTフレームワーク(Paas)です。 intdashにより、操作、制御、可視化などといったエッジ間をつなぐ、超低レイテンシーの高粒度データの双方向伝送を実現します。
https://www.aptpod.co.jp/products/intdash/

【実例】
■本田技研工業様 マーシャル諸島共和国ソーラーEV共同実験プロジェクト
マーシャル諸島共和国にて立ち上がった「ソーラー電気自動車(EV車)プロジェクト」に『Visual M2M』が採用された例です。
車両のバッテリー状況、位置情報等各種データを記録するための装置を搭載し、クラウドサーバーへ上がったデータの運用状況を日本でモニタリングし、不具合があった際に迅速に対応する体制をつくりました。
https://www.aptpod.co.jp/casestudy/001/

■トランポリン選手の練習テスト計測
JISS(国立スポーツ科学センター)と協業し、スポーツにおける取り組みも行っております。
iPhoneを体に取り付け、9軸センサーを用い体軸を計測。リアルタイムに体軸の動きやブレがわかる3Dモデルや散布図を表示し選手へフィードバックするといった、科学的な練習を実現するための支援も行っています。
https://www.youtube.com/watch?v=u8RUKfNgBBg

【技術的な取り組み】
■高粒度データストリーミング
■双方向リアルタイム伝送
■リアルタイムインテリジェンス
・変動する通信帯域に対応するダイナミックフィルタ処理
・低サンプリングデータをRAWレベルに再現する予測補完モデルの実装
・機械学習による故障予測モデル生成
■データ欠損補完
・不安定な回線でもRAWデータを完全回収するデータ欠損補完
■モバイル伝送最適化
・2G,3GからLTEまで、モバイル帯域への最適化

【展望】
2017年2月にはSBIインベストメント株式会社をリードインベスターとする総額6.6億円の第三者割当増資を行い、事業を加速しております。ファストデータを扱うIoT分野において、ソフトウェアインフラとしてグローバルなシェアを獲得していくことを目指しています。

海外拠点展開や上場も見据えています。

なぜやるのか

  • 0c258589 41e1 4c44 9d20 dac1b127dc39?1501137021 自動車では安全運転支援や自動運転支援で活用を見込んでいます
  • Fc81f390 dac1 4167 bc8a 948bbf670bce?1501137021 スポーツ選手の体軸計測にも利用し、練習のフィードバックで活用

2020年までに300から500億個のデバイスがネットワーク化されるともいわれるIoT (Internet of Things)/ M2M (Machine to Machine)市場。

たとえば自動車、ウェアラブルデバイスなどから高速に出力される制御信号、センサー信号の活用のためには高度なファストデータ処理が必要とされます。1/1000秒レベルの高速で膨大な時系列データをインターネットを介して処理するためには複合的な最適化と処理技術が必要です。

エンドユーザーの挙動をリアルタイムに把握することが可能なファストデータの活用は生活とコンピューティングを密着に結び付ける革新的な世界観をもたらします。

自動車における安全運転支援、自動運転への活用、ヘルスケア・医療における遠隔診断、スポーツ・フィットネスにおけるティーチング・コーチング、エネルギーマネジメントなど、その活用シナリオは無限です。

どうやっているのか

  • B94e9db6 03a0 4fec 8f04 c3cc1e9d0123?1501137022 計測用ターミナルも自社でハードから設計を行っています
  • Cc833584 d629 4c3b 8614 d03b18226eb6?1501137021 少人数のため全員が各々のレイヤーを跨ぎながら協力しています

少数精鋭のエンジニアリングチームによる研究開発型組織でありながら、強力な実装実現力をモットーとしています。

IoT/M2M事業を推進するのに必要なエンベデッド技術から最新のWebテクノロジー、アプリケーションテクノロジーに取り組み、他社にはなかなか実現できないスピード感とエンドツーエンドの実装能力で自動車、スポーツ、ヘルスケア、エネルギーなど様々な分野の先行開発や最先端プロジェクトに貢献しています。

こんなことやります

・自社開発製品『intdash』サーバーサイドのシステム構築
・インフラ設計・構築自動化
・サーバ設計・構築自動化
・CI環境・デプロイ環境整備
・運用ツール導入

■使用している技術 (インフラ)
AWS: EC2, ELB, Route53
OS: Amazon Linux AMI, CentOS 6/7, Debian 7/8
ミドルウェア: Nginx, PostgreSQL, Supervisor, Mosquitto, InfluxDB 等
Ops: Terraform, Ansible
開発: Docker, Vagrant
監視: Zabbix, Prometheus

【必須】
・TCP/IP・HTTP 等のネットワークプロトコルについての基礎知識
・Linux (RHEL系またはDebian系) の利用経験
・インフラ設計または運用の実務経験3年以上

【歓迎】
・クラウド構成管理ツール (terraform, cloudformation など) の利用経験
・構成管理ツール (ansible, chef, puppet など) の利用経験
・サーバ環境テストツール (Serverspec など)や CI ツール (Jenkins, Travis CI, CircleCI など) の利用経験
・バージョン管理ツール(gitなど)の利用経験

会社の注目の投稿

募集情報
探している人 インフラエンジニア
採用形態 中途採用
募集の特徴 言語を活かした仕事 / Skypeで話を聞ける
会社情報
創業者 坂元 淳一
設立年月 2006年12月
社員数 50人のメンバー
関連業界 情報通信(Web/モバイル) / 情報通信(基盤/SI/パッケージ) / 自動車・重機

応援している人(9)

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(9)

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

東京都新宿四谷4-3 四谷トーセイビル3F/5F

Page top icon