350万人が利用する会社訪問アプリ

  • 法人営業
  • 9エントリー

感性を解析するAIで社会課題を解決するサービスのセールスマネージャー

法人営業
Mid-career
9エントリー

on 2022/09/14

372 views

9人がエントリー中

感性を解析するAIで社会課題を解決するサービスのセールスマネージャー

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Tokyo
Mid-career

Yuki Watanabe

SENSY株式会社代表取締役CEO 2005年慶應義塾大学理工学部卒。同年㈱フォーバル「アントレプレナー制度」入社。2007年IBMビジネスコンサルティングサービス㈱(現・日本IBM)入社、戦略コンサルタントとして従事。在籍中に1年で公認会計士試験へ合格。2011年11月SENSY株式会社ファウンダー兼代表取締役CEO就任。

須田 久斗

大学院卒業後、有限責任監査法人トーマツに入社。 大学院時代には、Philippines EYにて3ヶ月間のインターンを経験。会計監査をフィリピン現地企業に対し実施。 トーマツ入社後、ベンチャー支援を軸にするためトータルサービス事業部に所属。 ミドルクラス及びベンチャー企業に対し、会計監査、内部統制監査、IPO支援等を実施。 4年弱監査を経験後、SENSY株式会社(旧:カラフル・ボード株式会社)に入社。公認会計士。

Takashi Okamoto

2007年慶應義塾大学大学院理工学研究科博士課程修了。博士(工学)。 2014年千葉大学大学院工学研究科准教授。 システム工学、最適化理論、ソフトコンピューティング、計算知能、複雑系を中心に、人工知能技術に関する教育研究に携わる。計測自動制御学会論文賞・友田賞をはじめとして9件の学会賞を受賞。 2017年よりSENSY人工知能研究所所長就任。 電気学会論文委員会(C2グループ)副主査、計測自動制御学会 代議員、SICE JCMSI Associate Editor等、学協会でも活躍の傍ら、千葉大学 グローバルプロミネント研究基幹 特任准教授、同大学 非常勤

SENSY株式会社のメンバー

SENSY株式会社代表取締役CEO 2005年慶應義塾大学理工学部卒。同年㈱フォーバル「アントレプレナー制度」入社。2007年IBMビジネスコンサルティングサービス㈱(現・日本IBM)入社、戦略コンサルタントとして従事。在籍中に1年で公認会計士試験へ合格。2011年11月SENSY株式会社ファウンダー兼代表取締役CEO就任。

なにをやっているのか

SENSY Inc.は、データからヒトの「感性」を読み解くAI技術で、企業活動と生活者のミスマッチを解決したいという想いから、2011年に創業し、パーソナル人工知能の研究開発及びその技術を活用した事業展開をしています。特に、人工知能アルゴリズムの研究開発は、当社の人工知能研究所で行っており、慶應義塾大学や千葉大学、東京工業大学などとも連携した研究組織となっております。 弊社は、日本全国の消費の1%に相当する約3.2兆円分のビッグデータを集積しており、日々拡大しています。明日売れる商品を予測するのに、「どういうタイミングで来店し、どういう商品を買いたいか」という消費者一人ひとりの気持ちを解析し、需要予測やマーケティングに活用するAI技術を作り上げています。 具体的なプロダクト例は以下のようなものです。 ーSENSY Marketing Brain 当社が独自開発する感性を解析するパーソナル人工知能「SENSY」を活用し、お客様ひとりひとりの属性・購買履歴などをもとに、パーソナライズしたマーケティングを実現します。最適なチャネルの選定、レコメンド商品、キャッチフレーズ、デザインなどを全てパーソナライズ化します。パーソナライズDM(ダイレクトメール)、パーソナライズメール(メルマガ)などで活用・導入が進んでいます。 ーSENSY MD(需要予測・MD最適化)  数10万を超える様々な商品・アイテムの特徴量を人工知能が学習し、お客様・アイテム単位で需要や売上を予測します。従来は、MD担当者の経験に依存し正確な予測が難しいと言われている、メーカーの生産計画や小売り・流通の商品発注・仕入といったMD計画を人工知能が科学的に予測し、売上・利益率を最適化します。
フリーアドレスで伸び伸びと働けます。
チームワークを大切にしてます!

なにをやっているのか

SENSY Inc.は、データからヒトの「感性」を読み解くAI技術で、企業活動と生活者のミスマッチを解決したいという想いから、2011年に創業し、パーソナル人工知能の研究開発及びその技術を活用した事業展開をしています。特に、人工知能アルゴリズムの研究開発は、当社の人工知能研究所で行っており、慶應義塾大学や千葉大学、東京工業大学などとも連携した研究組織となっております。 弊社は、日本全国の消費の1%に相当する約3.2兆円分のビッグデータを集積しており、日々拡大しています。明日売れる商品を予測するのに、「どういうタイミングで来店し、どういう商品を買いたいか」という消費者一人ひとりの気持ちを解析し、需要予測やマーケティングに活用するAI技術を作り上げています。 具体的なプロダクト例は以下のようなものです。 ーSENSY Marketing Brain 当社が独自開発する感性を解析するパーソナル人工知能「SENSY」を活用し、お客様ひとりひとりの属性・購買履歴などをもとに、パーソナライズしたマーケティングを実現します。最適なチャネルの選定、レコメンド商品、キャッチフレーズ、デザインなどを全てパーソナライズ化します。パーソナライズDM(ダイレクトメール)、パーソナライズメール(メルマガ)などで活用・導入が進んでいます。 ーSENSY MD(需要予測・MD最適化)  数10万を超える様々な商品・アイテムの特徴量を人工知能が学習し、お客様・アイテム単位で需要や売上を予測します。従来は、MD担当者の経験に依存し正確な予測が難しいと言われている、メーカーの生産計画や小売り・流通の商品発注・仕入といったMD計画を人工知能が科学的に予測し、売上・利益率を最適化します。

なぜやるのか

「AI技術で究極にパーソナライズされた社会を実現する」 私達は、究極のパーソナライズ社会の実現を目指して、事業を展開しています。人の生活におけるあらゆる場面で、全ての商品やサービス、コミュニケーションのあり方、ものづくり等がパーソナライズされ、無理無駄がなくスマートな社会システムを実現することで、人の人生をより豊かなものにしてゆきたいと考えています。

どうやっているのか

フリーアドレスで伸び伸びと働けます。

チームワークを大切にしてます!

■経営理念 SENSYでは、経営理念(企業としての存在意義)として、「発明を通じて社会システムを最適化する」を掲げ、世の中の仕組みをより良いものにしていくための発明家集団でありたいと考えています。 ■コアバリュー その理念を実現するために、コアバリュー(大切にしている価値観)として、下記の5つを掲げています。 【Value-first】すべての活動は世の中に対する価値創造が最大目的であると意識すること 【Sync】組織と価値観やベクトルをシンクロし、全体最適の視点を持つこと 【Creativity】常に自らのクリエイティビティを問い、仕事の仕方を改善できること 【Science】科学的思考に基づいて、常識に囚われず、常に自分の頭で考えられること 【Activeness】すべての価値創造は行動から生まれると意識すること ■組織体制 組織体制は、現在3つの部門に分かれており、約35名が所属しています。 - 事業開発 - SAILS(SENSY人工知能研究所) - コーポレート企画 ■人事評価制度 経営理念やコアバリューを体現する人事評価システムとして、各社員が世の中に生み出したバリューを公正に評価する仕組みを構築しています。 客観的でフェアに人事評価がなされ、年に4回昇給昇格のチャンスがあるので、思いっきり成長したい人には向いている環境です。 ※上場に向けて計画を進めており、ストックオプション制度もあります。

こんなことやります

■■私達が、実現したいこと■■ 私たちは、「Follow your Sense(感性のまま自分らしく)」をビジョンに掲げ、必要なモノや情報が、 必要なタイミングで、 必要とするヒトのもとへ届く世界を作ろとしています。 そのために、あらゆる産業における、ロスやミスマッチを解消するビジネスを展開しています。 このビジネスの根幹にあるのは、ヒトの「感性」を学習する独自のAI技術(特許出願済)です。 どのような刺激によって、ヒトは心を動かされ、行動が変わっていくのか。 私たちはそのようなヒトの感情のメカニズムのことを「感性」と呼び、AI技術とビッグデータを駆使して、 感性を科学する研究を日々重ねています。 現在は主に、リテールや消費財メーカーなどを対象に、需要予測やマーケティングなどのサービスを提供 していますが、今後幅広くライフスタイル領域において、企業活動と生活を支える社会インフラへと 事業拡大してまいります。 ■■当社の強み■■ 当社は、データからヒトの「感性」を読み解くAI技術で、企業活動と生活者のミスマッチを解決したいという想いで2011年に創業し、人工知能の研究開発及びその技術を活用した事業展開をしています。 特に、人工知能で「感性」を学習するアルゴリズムの研究開発は当社の研究所で行っており、慶應義塾大学や千葉大学、東京工業大学などとも連携した研究組織となっております。 また、弊社は、約14.9兆円分にも及ぶ消費ビッグデータ(レシートデータ)を集積しており、日々拡大しています。明日売れる商品を予測するのに、「どういうタイミングで来店し、どういう商品を買いたいか」という 消費者一人ひとりの気持ちを解析し、需要予測やマーケティングに活用するAI技術を作り上げています。 ビジネス面では、国内トップクラスの大手メーカーや大手小売、総合商社などをクライアントに持ち、日々業界の構造的な課題解決に向けて事業を推進しています。 ■■募集背景■■ 弊社ではさらなる成長のアクセルを踏むべく、独自の技術とデータを活用した、新しいビジネスを開発したいと考えています。 これまでのプロジェクトから得られたナレッジを活かしてプロダクトを開発し、事業展開していきます。 また、これまでの事業ドメインも拡大し、金融、物流、不動産、外食など、新しい業界の課題解決にチャレンジしていきます。 そこで、事業開発のセールスマネージャーを若干名募集しています。 ■■業務内容■■ 主に以下の業務をお任せします。 ・新規法人クライアントの開拓 ・既存法人クライアントに対するカスタマーサクセス ・見込み客獲得を目的としたマーケティング ・外部パートナーとのアライアンス
0人がこの募集を応援しています

    0人がこの募集を応援しています

    話を聞きに行くステップ

    1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
    2. 会社からの返信を待つ
    3. 話す日程を決める
    4. 話を聞きに行く
    募集の特徴
    オンライン面談OK

    会社情報

    2011/11に設立

    30人のメンバー

    • Funded more than $300,000/
    • CEO can code/
    • Funded more than $1,000,000/

    東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5 リンクスクエア新宿13階