Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
Web エンジニア

リクルートの新規サービス開発にチャレンジしたいエンジニアWanted!

㈱リクルートコミュニケーションズ

㈱リクルートコミュニケーションズのメンバー

全員みる(4)
  • 古川 裕美
    コーポレート・スタッフ

  • 腰高 里奈
    エンジニア

  • 阿部 直之
    エンジニア

  • Laura Tarkiainen
    エンジニア

なにをやっているのか

  • Afb3f98d ef34 45a9 ba39 ec6e9bb8fd79 データサイエンティストは自社で採用し、データドリブンな開発を志向しています。リクルートの保有するビッグデータをどのようにサービスに結び付けるかは、私たちの腕の見せどころ。
  • 8a6573e7 ca88 4294 86ef 5a8fd1a0b9d3 社内では、外国籍のエンジニアも活躍しています。様々なバックグラウンドを持つ人材が集まり、イノベーションを起こせる職場でありたいと思います。

■■リクルートの新規開発を担当しています

私たちリクルートコミュニケーションズ(RCO)は主に
リクルートが運営するアドテクサービスをはじめとする
サービスの新規開発を担っています。

エンジニア部隊には、30名ほどの開発者が所属し
常時5~6本のサービスのフィジビリティが行われ、
マネタイズできる見込みが立つものを
スピーディーにリリースするという体制をとっています。

■■エンジニアドリブンな組織です

営業や企画担当からオーダーされるのではなく、
テクノロジーサイドが主体となって、
より世の中の役に立つ、より儲かるビジネス・サービスを
エンジニアから発信することができます。

リクルートの思想にマッチしていて、マネタイズできるものであれば
作り出すものに制約はありません。
自分で課題を見つけて、周囲を巻き込み、
解決するまで責任を持つことができます。
エンジニアが企画部分まで役割を広げて
グロースハッカーとして活躍しているケースも多々あります。

■■今はアドテク分野に注力

広告配信技術が日々めまぐるしく進化している昨今、
リクルートのサービスにもその最先端技術を組み込むべく、
RCOでは現在、アドテク分野での商品・サービス開発に注力しています。

リスティング広告の配信エンジンのほか、
DSP(Demand Side Platform)の自社開発も進めており、
秒間5万リクエストに近い世界の中で
高速処理に対応しています。

黎明期ゆえに勝ちパターンがまだないので、
新しい事を試みて、間違っていたら止めて、
また別の試みをすることの繰り返しです。
アドテク分野はテクノロジー自体が売り物になるところに
面白みを感じています。

なぜやるのか

  • 0cdb050e 66d1 43d3 9567 69fee6b4a3d5 ビジョンについて語る大石部長。自身もエンジニア出身のため、エンジニアの気持ちを細部までわかってくれる名部長です。
  • D873dc83 03e5 4dc9 9186 81835f013b24 本棚にはプログラミング言語やデータ解析に関する本がぎゅうぎゅうに並んでいます。業務に活かしたい本があれば、経費で購入可能です。

エンジニア組織を率いる大石部長に
ビジョンについて語ってもらいました。

■■ビジネスに結びつくエンジニアのすごいチームを作りたい

ビジネスとテクノロジーを紐付けられるようにしたい。
エンジニアががんばるほど、
ビジネス側の収益が上がる構造にしたいんですよ。
そうすれば、エンジニアの価値も上がっていく。

うちは、優秀なエンジニアが多いので
「この人の可能性に賭けてみたい」とやってみる例も多いです。
高い水準のエンジニアを採用している自負はあります。
スキルも把握できていますので。

やれそうな人にはやらせてみて、
結果を出した人にはさらに挑戦できる環境を与える、
失敗したらその失敗を徹底的に振返り、次の機会に活かす
そういうサイクルを、ビジネスに直結する形で作れたら、と考えています。

今はアドテク分野をやっていますが、
どの分野でも世界にまだないプロダクトを作りたい。
エンジニアがコンピュータサイエンスの分野はもちろん、
統計学、マーケティングなどこれまでのエンジニアにはないスキルを持ち、
組み合わせることで、イノベーションを起こす。
そういう状態を作り出したいですね。

■■ずっとプログラムを書きつづけられるキャリを用意する

よくエンジニアとして経験を積んでいくと
プログラムを書けなくなるということを聞きます。
プログラムを書くことに価値を置ききれていないから
そういう発想になるのかなと思っています。

例えば我々のプロダクトは優秀なロジックが収益を生み出す。
つまり、エンジニアの書くプログラム・アルゴリズムが収益を左右します。
そうすることでエンジニアの価値が明確になり、
安心してプログラミングに没頭してもらえます。
プログラムは動けば何でも同じみたいな話にしたくないんですよね。

今、我々の現場では、単なるWebサービスを作れるエンジニアから
統計学などの知識を活用しながら開発できるエンジニアの価値が高くなってきています。
エンジニアも進化し続けることが必要です。
近い未来、ビジネススキルを持ったエンジニアが普通に活躍しているかもしれませんね。

ただ、そういう世界になっても
プログラムを書けることが基本であり続けると考えています。

ちなみに僕はいつもエンジニアの給料を上げるには
どうしたらいいかなぁってことばかり考えています(笑)

どうやっているのか

  • 7be3d901 f1a6 416f aab7 6c150d9e7b9f 社外向けの勉強会を開催したりもしています。このときは、データ分析をテーマに開催し、大好評でした。「RCOアドテク部」というFBページで勉強会情報も発信をしていますので、ぜひチェックしてみてください。
  • 13628690 debb 4c89 bd8f 1ce738cd47d4 社内には、お菓子コーナーとドリンクコーナーがあり、もちろん無料です。お茶漬けの素も入っていたり(笑)開発で煮詰まった頭をリフレッシュすることができます。

エンジニアが快適に開発に打ち込めるよう、様々な環境を整えています。

■■開発環境

◎プログラミング言語
Ruby、Perl、Java、PHP、Scala、Python、いろいろ使っています。
プロジェクトの特性やメンバーのスキルによって言語が選択されているので、
既存プロジェクトにアサインされたときに自分が得意な言語が使えるかどうかは、
五分五分といったところです。

ビジネス面、技術面の変化についていくために、どの言語も使えることが望ましいですし、
自分の守備範囲に固執せず新しい言語にもどんどんチャレンジしていく
そんな柔軟性を大事にしています。

◎エディタ
エディタもIDEも自由です。
必要な有償ツールがあればそれぞれ買って使えばいいという文化です。

◎PC
主に使用いただく端末は、
メーカー・モデル・スペック(CPU・メモリ・HDD/SSD・キーボード)・
ディスプレイ仕様・サイズなどをリクエストしてもらい、全て会社で購入します。
また、2〜3年毎に最新モデルに入れ替えています。

上記端末に加え、業務ニーズがあれば
持ち運びしやすい軽量端末(MacBook Air11インチなど)の保持も可能です。

◎ディスプレイ
24・27インチのディスプレイ(各種アダプタ・コネクタ含む)を
必要な方に用意しています。

◎インフラ環境
OSはCentOS・Amazon・Linuxなど。
データベースはMySQL・PostgreSQLなどで、
クラウド環境はAWSなどを使用しています。

セキュリティ面を考慮したベースの環境は用意していますが、
案件によってはアプリ担当者が責任を持って、Verやミドルウェアの選択をしています。

◎デプロイ環境
AWS OpsWorksによるデプロイ自動化などの導入を進めています。

◎ソースコード管理
最近はGitを使うことがほとんどです。

◎プロジェクト管理
AtlassianのConfluence/JIRAでプロジェクト管理をしています。
またプランナーチームとのコミュニケーションにはBacklogを活用しています。

◎ローカル開発環境
ローカルに環境構築する場合もありますが、
Webアプリ開発ではVMwareやVirtualboxを用いて、
本番環境と揃えた開発構築を構築することが多いです。

◎検証用デバイス+モバイル1台提供
各種デバイスは必要に応じて会社で購入しているため、
iPad・iPhone・Androidなどの端末を複数台常備しています。
また、会社用携帯として、iPhone・Android端末を選択することができます。

◎その他デバイスやハードやガジェット
新しい発想を生み出すために役立ちそうなものがあれば、
希望の物を会社で購入し、試すことができます。
オフィスにはKinectやアイトラッキングなどが転がっています。

■■エンジニア育成

自分たちのスキルアップのため、
自発的に勉強会を実施して知識をシェアしています。

◎エンジニア自身が有志で行っている勉強会
 ・コーディング勉強会
 ・テクノロジー勉強会
 ・機会学習大会 など

◎エンジニア主体で企画運営し、組織として行うもの
 ・コードバトル
 ・開発合宿 など

◎最近の勉強会テーマの一例をご紹介
「Technology Radarから読み解く技術トレンド」
「手を動かしながら学ぶ ビジネスに活かすデータマイニング」
「イノベーションと開発プロセス」

【お菓子・ドリンクゾーン(FREE)】

メンバーであればだれでも自由にアクセスできる
お菓子・ドリンクゾーンも日に日に充実しています。
夜な夜な新しいお菓子をポチっとしているのは
部長の大石さんだという噂も(笑)

こんなことやります

「まだ、ここにない、出会い」というメッセージのもと
人材・結婚・住宅・進学などの領域で
さまざまなサービスを展開しているリクルートグループ。

世の中にはまだ見ぬ世界や可能性が満ち溢れている。
このひとりひとりの可能性を信じて、新たな暮らしや人生にまつわるチャンス。
豊かなそして楽しい時間、希望、人や仲間と出会うことをリクルートはお手伝いしていきたい。
こんな気持ちが、このフレーズに込められています。

その思いのもと、世の中のために何ができるのかを
テクノロジーとコミュニケーションの側面から考えているのが
わたしたちリクルートコミュニケーションズ(RCO)です。

今回は、RCOのエンジニアとして、
ともに世の中を変えていきたいと考えている仲間を募集します。

=============
Webサービスの開発経験者(Webサービス設計、アプリ開発、テスト、リリース)
※ 実務経験年数不問です

◎具体的には

Java・Ruby・PHP・Perl・Pythonなどのいずれかでのアプリ開発経験がある方
※ 開発言語に決まりはありませんが、特定の言語に依らずに開発できる方を求めています。

◎以下いずれかの志向を持っている方

・エンジニアとして技術を極めたい方
・開発だけでなく、サービス企画まで挑戦したい方
※ 「技術を極めたい」「プランニングをしたい」どちらのキャリアパスも用意しています。

◎Webサービスの設計、インフラ構築、アプリ開発、テスト、リリース、スケールまでを
自力かつ高速で行うことが求められます。

◎以下の方優遇します

・要件に応じて開発フレームワーク、ミドルウェアの拡張ができる方
・オープンソースコミュニティーへのコミット経験がある方
・パフォーマンス、セキュリティ対策などの知識・経験がある方
==================

会社の注目の投稿

募集情報
探している人 Web エンジニア
採用形態 中途採用
会社情報
設立年月 1971年5月
社員数 515 人
関連業界 メディア・出版 / 広告・販売促進

応援している人(24)

全員見る

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(24)

全員見る

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

Page top icon