Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
UI/UX デザイナー

[次世代のデザイナーを目指す方へ] UI/UXだけではなく、AI、IoTのノウハウを身につけたデザイナー/ディレクターを目指したい方募集!

株式会社ジェナ

株式会社ジェナのメンバー

全員みる(7)
  • 慶応義塾大学環境情報学部在学中より複数のモバイル関連ベンチャーに参画し、2006年に株式会社ジェナを設立。
    また、数多くのMobile / AI / IoT 関連の講演を行い、企業における新しいテクノロジーの活用促進、および普及に努める。

  • 小谷田 洋一
    ディレクター

  • 岡村 正太
    ディレクター

  • 2006年の(株)ジェナ創業時より取締役として経営に参画。クリエイティブディレクターとして、スマートデバイスのアプリ開発・ウェブ制作において多数の実績を持つ。
    スマートデバイス向けのUI/UXにこだわったインターフェイスデザイン、デザイン性の高いクリエイティブは、国内外のクライアントから絶大な支持を受けている。
    プライベートではボーカルユニット「3ound's†(サウンズ・クロス)」として音楽活動を行っている。

なにをやっているのか

2006年に代表の手塚、クリエイティブ統括の鈴木の2人で、3畳間のレンタルオフィスからスタート。

当時25歳と22歳の二人で初めた会社は、まだまだ小規模ではありますが、30人程度の企業になりました。

『まだまだ、企業としても成長途上の私たちの一番の信条は、アラビア語で「楽園」を表す社名のとおり、「ビジネスを通して、お客様や社内のメンバーはもちろん、全ての人々の未来を楽園にする」ことです。』と語るのは代表の手塚康夫。

why 手塚 康夫/代表取締役

大学在学時から複数のモバイル関連ベンチャーに参画。2006年 に25歳でジェナを設立。

働く人にとっては「やりがいのある仕事」を、関係各社にとっては「最高のサービス」を提供することで、関わる全ての人に「楽園」を提供できるようにする。それが私たちのミッションです。

『創業当時は若さだけが自慢だった当社も、さまざまな経験や人との出会いを繰り返すことにより、WEBデザインやコンサルティングだけを行っていたビジネスが、今ではモバイルアプリや、AIやIoT、さらにはロボットに至るまで、先端技術を含む様々な分野に積極的に参入してきました。もちろん、時がたって20代だった平均年齢も30代半ばくらいになりましたけどね(笑)』そう語るのは、共同創業者でもある鈴木。

why 鈴木 勝則/取締役

共同創業者であり、UI/UXに強みを持つジェナのクリエイティブの基礎をゼロから作った。クリエイティブ事業部責任者。

今では当たり前になりつつあるUI/UXデザインという言葉を、ビジネスの世界でも必要であると発信し続けたジェナは、パートナーやクライアントからビジュアルの綺麗さだけではなく、ユーザー体験を意識したデザインも高く評価されている。

そんなジェナのクリエイティブ事業部が今回募集するのは、クリエイティブチームの中核として一緒に働いてくれるクリエイティブ・ディレクターです。

主な業務内容は以下のとおりです。

アプリのデザイン

お仕事の7割がスマートフォン・タブレットを対象としたモバイルアプリのデザイン制作です。ただ、ひとくちにアプリのデザインといっても、見た目のデザインだけを行うことは少ないです。

お客様の問題の本質を理解し、改善するためにどんなデザインが最適かを考えるのはもちろん、IoTやAIなどの先端技術のノウハウを活用することで、最高のユーザー体験が何かを考え、提案することもジェナのクリエイティブチームの大切な使命です。

お客様から依頼されたシステムをなんの疑問もなく作るのではなく、コンセプトやサービスの構成内容を含めデザインできるのがやりがいになってくれると嬉しいです。

what

事例1:BVLGARI様 モバイルアプリ
BVLGARI IL CAFÉの梅田店にて利用するメニューアプリのクリエイティブを担当

what

事例2:MIKIMOTO様 モバイルアプリ
MIKIMOTOのブライダルリングのカタログアプリのUI/UXクリエイティブコンサルを担当

AI/IoT/ロボットなどのデザイン

AIやIoT、ロボティクスのような先端技術を活用したサービスのデザインを担当させて頂くことも多くなりました。お客様自身もどのように活用すればいいのか分からないケースも多く、それぞれの技術において「できること」と「できないこと」を理解して、コンセプトや企画からデザインをさせて頂くことも少なくありません。

これらの業務はIT業界においての最先端技術に触れながら、サービスのコアな部分のデザインを行うことができる貴重な経験になるはずです。

  • what

    事例3:日本IBM様 IoTテーブルサッカー
    Watson IoTを活用したテーブルサッカーの開発及びクリエイティブを担当

  • what

    事例4:ハイアット リージェンシー 東京様
    Pepperを活用してホテルに来館するお客様に対して都内の観光案内をするサービスをコンセプトを含めトータルでデザイン

  • what

    事例5:ネスレ日本様 物流効率化
    トラック集荷時の待ち時間の削減とステータスの可視化に関する課題をアプリ+Beacon技術を用いて解決

事例ムービー

HYATT REGENCY TOKYO:TOKYO PHOTO SPOT
ハイアット リージェンシー 東京様向けにコンセプトを含めトータルデザインを行ったプロジェクト「TOKYO PHOTO SPOT」のコンセプトムービーです。

Tokyo Motor Show 2015:Official App TMS Mobile
アプリそのものの企画やデザインに携わらせて頂いた、第44回東京モーターショー2015公式アプリ「TMSモバイル」の紹介ムービーです。


目次

■  新しいものが好き。その気持が重要。

■  目的は新しい技術を使うことでなく、お客様の問題解決をデザインすること。

■  見た目だけではなく全てをデザインする

■  大切なのは知識や経験ではなく課題解決力

■  メンバーの価値観を共通化する『バリューズ』

なぜやるのか

新しいものが好き。その気持が重要。

最近色々な方から質問されるのが「なぜ今のジェナのビジネスのスタイルができあがったんですか?」という質問です。

  • how
    手塚
  • お客様に対しては『学生時代から複数のモバイル系ベンチャーに参画し、モバイルを活用したサービスの企画や開発に関するノウハウを持っていて・・・』というようなことをお話するのですが・・・

  • how
    鈴木
  • 硬いよね(笑)

  • how
    手塚
  • 鈴木からはいつも『カッコつけている』と言われるんです(笑)

  • how
    鈴木
  • そうなんです。ジェナがひとえにアプリや先端技術をここまでやっているのは『代表の手塚が新しいもの好き』だからですね

  • how
    手塚
  • ミーハーなんです(笑)もちろん、ただミーハーというだけではなく、自分なりにビジネスにどう活用できるのかを常に考えていますけどね。

  • how
    鈴木
  • そうですね。手前味噌ではありますが『先見の明』がある代表だと思います。それに、手塚のやりたいことをサポートしてくれるパートナー様や、お客様と多くつながっているというのも手塚の人徳であり、ジェナが今存在できる理由ですね。

「新しいものが好き」というシンプルさがあるからこそ、市場に埋もれることなく、常に挑戦し続けることができる。それがジェナの強みであるといえます。

目的は新しい技術を使うことでなく、お客様の問題解決をデザインすること。

ジェナのクリエイティブが常に注意しているのは「新しい技術を使う」というのが目的にならないようにするということです。

それは、デザイナーだからこそ考えられるお客様の「本質」とは何かを見極め、どのようなアプローチがお客様にとって、最適な問題の解決策となるのかをデザインし提案することこそが最も重要だと考えるからです。

見た目だけではなく全てをデザインする

  • how
    鈴木
  • 既に今までの話しでお気づきだと思いますが、当社のデザイナーはいろんな業務を任されています。

と語る鈴木。以下にてジェナのクリエイティブチームが実施する業務を簡単にまとめてみよう。

・企画/提案:お客様に対してヒアリングを行い、最適な提案を考える

・ディレクション:アプリの進捗管理やクオリティチェックを実施

・要件定義支援:システムエンジニアとは異なるクリエイティブ視点での要件定義

・デザイン:実際のデザイン制作

「ベンチャーだからこそ」という言葉を使うことは簡単だが、ジェナのクリエイティブがこれらの業務を全て行っているのはひとえに、最高の品質のサービスをお客様に対して提供したいからです。

例えば、今までアプリ開発の要件定義はシステムエンジニアが担当することも多かったが、デザイナーがデザイナーの視点から要件定義に参加することにより、対象のユーザーに対して最適な画面遷移とは何か、最高のユーザー体験とはなにかを考え、要件定義の段階からそのアプリに大切な要素を意識してデザインすることが可能となります。

  • how
    鈴木
  • 私自身、デザイナーを初めた当初に心がけていたのは『ワイヤーフレームをぶっ壊す』ことです。特に、デザイナー以外が作ったワイヤーフレームに則って作っているのはデザインしているとは言えませんからね。

  • how
    手塚
  • そうなんです。僕が作ってお客様と合意してきたワイヤーフレームをぶっ壊してくるから、お客様との調整が大変だったんですよね〜(笑)でも、壊したほうが良いものができるから結果としていいんですけどね。

  • how
    鈴木
  • 今ではそのやりとりをなくすために、デザイナーがワイヤーつくるようになりましたね(笑)結果なんでもやるという・・・・

広い知識、多岐にわたる業務内容、どれをとっても大変に聞こえてしまいますが、「決して歯車の一部」にはなりません。

「なぜこのデザインを作っているのか」という問いに対して「お客様が求めているから」という会話はジェナの社内ではありません。常に理由をもって、自分で答えを考えてデザインを行うことができる自由な環境がジェナにはあります。

価値のある仕事をお考えのみなさま、最高の経験と知識の習得をぜひジェナで行ってみませんか?

why

どうやっているのか

大切なのは知識や経験ではなく課題解決力

「IT業界の専門知識がなくても、本質を見極めて課題を解決できれば問題ない」

と語るのはクリエイティブ事業部マネージャーの田村。

why 田村 祐一朗/クリエイティブ事業部 マネージャー

前職は空間演出や紙媒体などのデザインを手がけていた。デジタル領域におけるUI/UXデザインを通してクライアントの課題を解消することに興味を持ち2014年に入社。

デジタル領域のデザインは、ほぼ未経験で転職してきた田村。デザインの本質を考えると、違いはそれほどないと話します。

  • how
    田村
  • 前職は、空間演出や紙媒体など、いわゆるアナログ系のデザインをメインで行っていました。ジェナに入社して、はじめてウェブやアプリのデザインに携わりましたが、想像していたほど違いや戸惑いはありませんでした。もちろん、デザインの手法やツールの違いはありますが、ジェナで手がける案件はBtoBが多いため、デザインを通してクライアントの課題を解決する部分はつながっているなと

  • how
    鈴木
  • 大切なのは、デジタル領域のスキルや経験よりも、クライアントが抱える本質的な課題を見つけて、その課題に対する解決方法を考えることなので、田村が言うとおりかも知れません。誰もやったことがない、世の中に前例が存在しない新しいテクノロジーを活用したUI/UXデザインにチャレンジすることも多く、知識や経験よりもゼロから企画を考える力や課題を解決する力がものを言います

  • how
    田村
  • 普通の企業のデザイナーの役割だけではなく、ディレクターでもあり、プロデューサーでもあるようなジェナのデザイナーの働き方は、直接お客様の声を聞くことはもちろん、それに対して自分の意見をぶつけることができ、 さらにそれらをダイレクトにデザインに反映できるので、 非常に刺激的でやりがいもあります。そして、BtoBだからこそできる、今までにない全く新しい領域のプロジェクトにチャレンジしつづけられるのは面白いですね

これまでデジタルの分野のご経験がない皆さんも、この機会にぜひジェナへの転職をご検討ください。

how

こんなことやります

メンバーの価値観を共通化する『バリューズ』

クライアントの課題解決のためにアプリやサービスを開発するジェナでは、メンバーの働きやすさも重視し、メンバー全員で目指す姿を定めた『バリューズ』を掲げています。

  • how
    手塚
  • もともとあった、『バリューズ』を最近リニューアルしました。この『バリューズ』は、企業理念である『共に未来を創る』をベースに、『ジェナとしての価値観』を言語化したものです。 日々の仕事の中では、判断に迷うことが沢山あると思うのですが、その際には『バリューズ』に立ち返り、ブレない意思決定を行うんです

ビジネスにおいての機動力を維持しながら、常に「自分の意思決定が自社の価値観を反映したものなのか」を考えることも、ベンチャーにとっては重要なことであり、それをジェナはこの『バリューズ』を通して実践しています。

who

対象となる方

・モバイル/BtoBアプリのデザイン制作に興味がある方

・AIやロボットなど新しいテクノロジーを活用したUI/UXデザインに挑戦したい方

・UI/UXデザインだけではなく、コンセプトやブランドのデザインにも興味のある方

求める人物像

・向上心を持っている方

・コミュニケーションを取りながらチームを取りまとめる事ができる方

いずれかに当てはまる方歓迎

・ウェブやアプリのコーディングができる方

・デザイナーからクリエイティブディレクターへのキャリアアップをしたい方

募集情報
探している人 UI/UX デザイナー
採用形態 新卒採用 / 中途採用
会社情報
創業者 手塚 康夫
設立年月 2006年3月
社員数 30 人
関連業界 情報通信(Web/モバイル) / 情報通信(基盤/SI/パッケージ)

応援している人(41)

全員見る

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(41)

全員見る

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

東京都千代田区東神田3-1-2  THE CANAL GATE -AKIHABARA-3F

Page top icon