Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
Webディレクター
4
エントリー
on 2017/06/15 1,612 views

出版の進化をリードするプロダクト一緒に創りましょう!Webディレクター募集

株式会社フライングライン

株式会社フライングラインのメンバー もっと見る

  • 社会やビジネスの仕組みと技術の関係に、常に興味を持って仕事をしています。

    筑波大学第三学群社会工学類卒業。
    卒論テーマは『書籍注文販売ビジネスモデルの考察と実現』

    “経営とITをデザインする”フューチャーアーキテクトで5年間勤務。プログラミングからコンサルティングの基礎、そして起業家精神。ハードワークの中でキャリアの礎となる経験を得る。

    そして、フライングラインを起業。「出版、広告」の分野を主戦場に選ぶ。どちらも情報産業であり、ITがビジネスの根幹にインパクトを持つ分野です。

  • 高校卒業までは水泳一筋。大学、大学院では高エネルギー物理学(ちょっと前に話題になったニュートリノなどの分野)を専攻していました。
    卒業後フューチャーシステムコンサルティング(現フューチャーアーキテクト)にてITコンサルタントとして大手小売業のシステムコンサル、開発などに従事。
    2006年からは株式会社フライングラインを立ち上げ出版業界の変革期を担えるようなサービスをつくることを目標に活動しています。
    途中でアマチュアキックボクサーになってみたり、ボディーガードの訓練を受けたり、少し変な経歴も持っています。

  • 主に出版社専用ウェブサイト構築システム「HONDANA」のディレクションを担当。

    和歌山の山奥で生まれ育ち、奈良の高校を経て、東京大学に入学。
    大学では教育心理学を学ぶ傍ら、受験勉強の反動からか、将来を見失う。
    お笑い芸人を目指すが、3ヶ月で挫折。留年。
    留年中、インターンとしてフライングラインのお世話になる。
    小学館集英社プロダクションのポケモン事業部でライセンスビジネスに携わる。
    インターンの縁で、フライングラインに転職。
    書評サイト『本が好き!』のエンジニアを担当した後、HONDANA担当に異動。

  • こんにちは!坊主頭がトレードマークの村田肇です。
    現在、こちらで見つけたフライングラインに勤めています。

    最近の時間の使い方は、生活することをメインに、余った時間は集団を作ることに充てています。

    集団を作るというと小難しいですが、個人の時代である現代にあった集団を作ってみようか、と。
    現在活動しているのは、
    ひとつが大学時代のサークルの人間たちとの飲み会。
    年2回くらいですが、OB会のような枠がなくても人が集まれる状況を作っています。
    もう一つが読書会。
    月4回くらい開催して、30-40人くらい参加してくれています。

    昔から集団とは何ぞやと思っていて、
    肩...

なにをやっているのか

  • 出版社専用Webサイトシステム「HONDANA」
  • 書評でつながる読書コミュニティ・本が好き!

私たちは、
「世界の出版の進化させるため、最高の出版技術の会社になる」
ことをビジョンにして仕事をしています。

具体的には、出版に関するWebプロダクトの開発・運営を行っています。

<プロダクト>
■ HONDANA(ホンダナ)
出版社Webサイト専用のCMSです。100社以上の出版社サイトがこのシステム上で稼働しています。http://www.hondana.jp/

■ YONDEMILL(ヨンデミル) 
Web上のあらゆる場所から本を起動し、ワンクリックで読むことを可能にするプラットフォームです。新しい本の形を提案、実現していきます。http://yondemill.jp/

■ 本が好き!
書評でつながる読書コミュニティサイトです。レビューを書くとポイントが貯まり、本がもらえるサービスも行っています。現在、レビュアー会員は9,800名以上、掲載されている書評は15万件以上です。http://www.honzuki.jp/

なぜやるのか

  • イベントでのプロダクト説明には多くの方に集まっていただきました。
  • 本の力を技術で加速していきます!

■ 本が持つ世界を変える力
本には人の行動を変え、その周りの環境を変え、世界を変える力があります。アフリカの貧しい国マラウイに、ウィリアム・カムクワンバという一人の少年がいました。彼はマラウイを襲った飢饉の影響から学校に通えなくなりましたが、NPOが作った図書室に通い『エネルギーの利用』という本に出会います。その本の写真を頼りに彼は自力で風車を構築し、当時人口のたった2%しか電気を使えなかったマラウイで、自宅に明かりをともすことに成功します。

■ 本の力はWebの技術で劇的に拡がる
本の可能性はWebとモバイルを中心とした情報技術により、劇的な拡がりを見せようとしています。多くの場所で紙の本が高級品である一方、モバイル端末は日用品として急激に普及しています。デジタルの本はネットワークを通じてあらゆる端末からアクセス可能になります。それはアフリカの貧村においても、日本の通勤電車の中おいても同じです。

■ なぜ出版の革新は進まないのか
しかし、音楽やゲーム、映像といった産業が大きく革新したのと比較すると、今のところ出版産業には目立った革新がみられないのが実情です。もう何年も前から、業界内では「電子書籍革命」の必然性が叫ばれていますが、社会的に大きなインパクトをもたらすには至っていません。なぜ、出版界の革新は進まないのか。それはこの歴史ある産業の根本的な領域に踏み込む必要があるからです。長らく培ってきたものに対する変化があまりにも大きいため、それに要する時間とパワーがより多く必要なのです。Webとモバイルによるメディア革新の最大の牙城と言えるでしょう。

私たちはこの課題に対して、明るく、クリエイティブなスタンスで取り組んでいます。出版システムの新たなコンセプトを打ち出し、それに則った本当に使えるプロダクトを開発することにより、出版の進化に貢献していきます。

どうやっているのか

  • 少数精鋭で頑張っています。ぜひ、力になってください!
  • 楽しく、クリエイティブに課題に取り組んでいます!

私たちが開発しているのは「出版」に特化したWebプロダクトです。

本や雑誌は本質的に“情報”であり、IT(情報技術)やWEBで大きく進化する可能性を持っています。

例えば「これは誰の本なのか」「誰が使っていいのか」「どうやって使っていいのか」、本を作る人と使う人とが自由に取り決めてやり取りできれば、もっと出版の可能性は広がります。

実はこれには最先端の技術的挑戦が必要ですが、そのようなことが大好きな強力なエンジニア達に加わってもらい、今まさにプロダクトを進化させています。

また現在、ユーザーとしては出版社の方々がメインであり、日々、出版社にお伺いして課題をヒアリングしたり、実際にプロダクトを活用したビジネスのご提案をしています。

この業界のとても面白いところは、一口に出版社といっても、出しているコンテンツによって全く違った側面を持っているところです。コミック、雑誌、学術専門書、等々、同じ「本」であっても、まるで異なる商品のようです。そのため、Web活用の方法もそれぞれに最適化が必要です。

私たちはそうした現場のフィードバックを基に、出版の本質的がどこにあるのかを追求し、情報技術の専門家としての立場から理想的な仕様を考え、プロダクトに反映しています。

こんなことやります

当社の主力プロダクトである「HONDANA」(https://www.hondana.jp/)を活用した、出版社のWebサイト構築のディレクションがメイン業務です。案件獲得の営業サポートから、要件定義・設計、開発のディレクション、導入後のサポートまで、一貫してディレクションしていただきます。

また「HONDANA」の基盤をベースにした複数の新規事業の企画が立ち上がっています。それらの推進に積極的に携わっていただきます。

<業務内容>
・Webサイト構築のディレクション
・稼働中クライアントのサポート
・新規事業計画の立案と遂行
・案件獲得の営業サポート

<求める人物像>
■必要なスキル・経験
・Webサイト構築のディレクション、もしくはITシステム導入のマネジメント経験(3年以上)
・Webシステム開発に関する基本的な知識

■あれば望ましいスキル・経験
・プログラマー経験
・デザイナー経験
・Webを活用した商品またはサービスのプロモーション経験
・事業計画を立案しそれを遂行した経験
・出版業界への知見

■人物像
・自分のアイデアを積極的に提案して形にできる。
・フットワークが軽い。
・本が好き。出版に興味がある。

エントリー状況は公開されません
15人が応援しています
会社情報
株式会社フライングライン
  • 2006/06 に設立
  • 7人のメンバー
  • 東京都中央区銀座7-13-12 サクセス銀座7ビル
  • 出版の進化をリードするプロダクト一緒に創りましょう!Webディレクター募集
    株式会社フライングライン