Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
テクノスポーツ新競技ディレクタ

テクノスポーツ新競技を生み出すディレクター求む!

株式会社meleap

株式会社meleapのメンバー

全員みる(6)
  • 主な身体の成分は自由、創造、好奇心。
    サービスのプロトタイピングを繰り返し、HADOを生み出す。優秀なエンジニアメンバーによってHADOはバケモノのように進化を遂げる傍ら、採用・文化醸成を中心に会社として必要なあらゆることへ創造の矛先を向ける。
    最近の趣味は、コナン君のスケボーのような電動スケボーと、唯一無二の輝きを求めて山へ鉱石採り。長い目で見たら世界を股にかけた鉱石ハンターにもなりたい。浮いてるデバイスに最近お熱。いつか、浮いてるスケボー(もちろん前に進むやつ)生み出したい。

  • テクノスポーツで世界の夢を描きたい。
    次世代の希望を作りたい。
    誰もが感動するドラマをテクノスポーツで作りたい。

  • Erina Ogawa
    デザイナー

  • 1982年生まれ。埼玉県出身。
    2014年11月より株式会社meleapにて取締役として従事。

    世界を面白くするために、空間認識技術とウェアラブル技術を使い、まったく新しいコンテンツを生み出します!

    <これまでの職歴>
    ・ソーシャルゲームディレクター(約4年)
    ・ARG(代替現実ゲーム)ディレクター(約2年)
    ・WEBディレクター(約2年)
    ・ボーカル&ギター(約8年)

なにをやっているのか

  • A2e33d62 cb6b 43a0 a300 bd87da5f07bf HADO WORLD CUPでの対戦の様子。コートを駆け回る、アクティブなプレイ。
  • D7d69ca8 ae90 4f85 a62f d69dbc4008de?1501396535 HADO WORLD CUPワンシーン

ドラゴンボールのようにかめはめ波を撃ちたい!
ハリーポッターのように魔法を使いたい!
子供の頃、皆さんもこのようなことを一度は考えたことがあるのではないでしょうか。
しかし、魔法を使おうと頑張っても技を放てるわけではありません。私たちはそこに強いもどかしさを感じています。
自由自在に魔法を使いたい。 技を放ちたい。
その想いから、この「HADO」というARスポーツを開発し始めました。

【HADOとは?】
HADOとは、実際にフィールド動き回り、自らの手で"技"を放って戦い合うスポーツです。 プレーヤーは今までのゲームのようにディスプレイに向かってプレイする訳ではありません。自由に走り回り、体を動かしてプレイします。必要なデバイスは、ヘッドマウントディスプレイとアームセンサー。HADOのように、ITが融合した全く新しいスポーツを私たちは「テクノスポーツ」と名付けました。HADOはテクノスポーツの最初の競技です。私達はこのテクノスポーツの開拓者となり、市場を切り開いていきます。そして2020年、東京五輪と同時開催でテクノスポーツ五輪を開催し、世界を湧かせます。

参考動画
https://www.youtube.com/watch?v=tN4BCDWBtlA

【HADO WORLD CUP】
昨年よりHADOの世界大会「HADO WORLD CUP」を開催しています。今年も賞金総額を300万円に拡大し、1年を通して大会を行なっていきます。
このように大会を開催することでただのゲームで終わらず、eSportsのようにプロ選手を育て、産業として大きくしていきたいと考えています。

HADO WORLD CUP 2016 動画
https://www.youtube.com/watch?v=ey5TLmujIwo&t=40s

なぜやるのか

  • 2e4e3f1c 760a 4151 ab49 4c91221cfef3?1501396165 HADO WORLD CUPワンシーン
  • Aba12d60 f204 4b92 b3c0 c5fe8e125d29?1501396165 HADO WORLD CUPには有名アニメのそっくりさん芸人も参加!

【テクノスポーツのオリンピックを創造する】
HADOは、自由に体を動かしてプレーするという点で、新しいスポーツ競技であると言えます。
私たちはこのITと融合した新しいスポーツを「テクノスポーツ」と名付け、普及させていきます。
これまでサッカー野球のようなアナログスポーツがあり、その後、工業社会になるにつれてモータースポーツというものが生まれてきました。
そして現在、情報社会になりITが発展する中、必ずや次世代の新しいスポーツが生まれてくるはずである。そのスポーツジャンルが私たちの言う「テクノスポーツ」となるのです。
私たちはまず最初に市場を切り開いていく開拓者となります。
そして2020年、東京五輪と同時開催でテクノスポーツ五輪を開催し、世界を湧かせます。

【「AR」という概念を超える 】
ここ数年、リアルとバーチャルの融合というテーマにおいて、AR(拡張現実)という概念が広く知られるようになりました。しかし、実際の生活にARが普及している訳ではありません。それには2つの理由があります。1つ目の理由は「リアルさ」の欠如です。これまでのARはCGを背景映像に貼付けて表示しているだけでした。このやり方では、「バーチャルキャラクターが実際にそこにある椅子に座る」などの表現は不可能でした。実際の空間とリンクさせなければ本当に「そこにある」と感じることはできませんし、背景に実写映像をわざわざ表示する意味がありません。2つ目の理由は、スマートフォンをかざさなければ体験できないという点です。これまでのARを使用すると、スマートフォンの画面越しに辺りを見回さなければいけないため、虫眼鏡を使うような感覚になってしまいます。それではリアルとバーチャルを自然に融合しているとは言えません。meleapはこの2つの課題を解決し、これまでの「AR」を超える圧倒的臨場感のある体験を創造します。

【空間認識技術とウェアラブル技術で臨場感溢れる体験を生み出す 】
meleapは、空間認識技術、ヘッドマウントディスプレイやモーションセンサーなどのウェアラブル技術によって高い臨場感を実現します。ユーザーの位置や動きをリアルタイムで認識するため、ユーザーは自由に動き回りながら魔法の世界を体感することができるのです。

どうやっているのか

  • 42cf2ace 4b4b 4f4f 98e0 969e7551487d?1501396165 会社のメンバーでHADOをプレイ!
  • Bf68eb44 4b67 4ee1 98bf c96d9daa0e01?1501396165 個性豊かなメンバー

HADOの最新情報はこちらから!
http://hado.hatenablog.com/

受賞歴やメディア出演歴の一部抜粋

【受賞】
・KDDI ∞ LABOに採択
・ドコモディベロッパーアプリケーションコンテスト:ユニーク賞 / EPSON賞
・ドコモDEVICE HACKATHON:優勝
・Digital Hollywood Samurai Venture Summit:優勝

【テレビ出演】
・フジテレビ「とくダネ!」
・フジテレビ「めざましテレビ」
・日テレ「シューイチ」
・日テレ「ZIP!」
・テレビ東京「WBS」
・TBS「Nスタ」
・NHK「NEWS WEB」
・福島テレビ「叶えて魔術先生」
・毎日放送「VOICE」:シリコンバレーで投資家にプレゼンする様子を紹介
・サンテレビ「堀江貴文の世界を変えてしまおう会」:堀江さんが体験

【WEBメディア掲載】
・東洋経済オンライン
・CNET Japan
・ギズモード
・週刊アスキー
・TechCrunch
・ハフィントンポスト
・ガジェット通信

【イベント出展】
・CEATEC 2016
・Samurai Venture Summit
・IAPPA

こんなことやります

世界を面白くする。それも圧倒的に。
そのため、「ヒザがガクガク震えるほどの面白さを創造する」というビジョンのもと、
meleapはHADOを世界中へ届けようとしています。
merryとleapを組み合わせ、陽気に飛び跳ねながら進んでいく会社として
2014年1月24日に生まれたmeleapは、まもなく5年目が見えてきました。。
今年はまさにグロースするタイミングです。
現在、meleapには23人の最高な面白メンバーが揃っています。
今後、HADOだけでなく新たなテクノスポーツ新競技を次々と生み出し、
モータースポーツと同規模の市場を生み出したいと考えています。
そのため、この文章を読んでくださっているあなたの力をぜひ貸してください。

私たちの文化をシンプルに表すとしたら、自由、創造、好奇心、この3つのキーワードです。

面白い、楽しいからどんどんやりたいというモチベーションドリブンでの働き方、
どうやったら実現できるかという発想の方向へ自然と進む考え方、
そしてどんな時も遊び心を忘れない、そんな方と一緒にHADOを進化させていきたいです。

私達のビジョン、文化、働き方に共感してくださったら
ぜひ「話を聞いてみたい」ボタンを気軽にポチってください。週一ペースでHADO練習会をオフィスで実施しているので、そのタイミングでももちろん構いません。

【手掛けてほしい領域】
◆業務領域
・テクノスポーツ新競技の開発進行ディレクション
(スケジュール管理、情報共有)
・テクノスポーツ新競技としての企画立案
・リリース後の運用KPI改善

【求めるスキル・経験】
・ディレクター職の業務経験2年以上
・5人以上のチーム開発進行ディレクション経験
・対外交渉経験
【歓迎要件】
・求心力となって過去にヒットタイトルを出した方(プロジェクトのリーダーとして)
・複数走るライン含めてプロジェクト全体進行管理の経験
・海外案件の業務経験
・リアルビジネス(カード、グッズなど)の実務経験
Unityを使用した開発プロジェクトのディレクション経験

将来的に慣れてきたら、開発1ラインをお任せします。
企画立案、スケジュール管理、リリース、運用時のKPI改善など、
裁量と責任、そいてディレクション業とは何か?を意識して取り組んで頂ける方とご一緒したいです。

会社の注目の投稿

募集情報
探している人 テクノスポーツ新競技ディレクタ
採用形態 中途採用
募集の特徴 Skypeで話を聞ける
会社情報
創業者 福田浩士、新木仁士
設立年月 2014年1月
社員数 22 人
関連業界 情報通信(Web/モバイル) / エンターテイメント / レジャー

応援している人(6)

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(6)

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

東京都港区 芝公園4-1-4メソニック38ビル地下2階

Page top icon