Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
広報/PR/資金調達マネジャー
on 2018/03/14 2,339 views

広報と資金調達でイノベーションを起こす。NPOのPRマネジャー候補募集!

認定NPO法人D×P

認定NPO法人D×Pのメンバー もっと見る

  • 認定NPO法人D×P(ディーピー)の資金調達・ファンドレイジング・広報・マーケティング担当のひと。ブランド経営コンサル・広報戦略立案・グラントライティングなどの仕事を経て、現職。
    (マーケティング/広報/メディア対応/WEBマーケ/ファンドレイジング/寄付/ライティング/プレゼンテーション/プロジェクトマネジメント/組織づくり)

    ・主な生息地→Twitter:@sachiiritani
    ・はじめました→LINE BLOG:http://lineblog.me/sachiiritani/
    ・たまに更新→Instagram:https://www.instagram.com/s...

  • 今井紀明(いまいのりあき)
    認定NPO法人D×P(ディーピー)理事長。
    1985年札幌生まれ。高校生のとき、イラクの子どもたちのために医療支援NGOを設立。その活動のために、当時、紛争地域だったイラクへ渡航。その際、現地の武装勢力に人質として拘束され、帰国後「自己責任」の言葉のもと、日本社会から大きなバッシングを受ける。結果、対人恐怖症になるも、大学進学後、友人らに支えられ復帰。

    偶然、通信制高校の先生から通信制高校の生徒が抱える課題に出会う。親や先生から否定された経験を持つ生徒たちと自身のバッシングされた経験が重なり、何かできないかと2012年にNPO法人D×Pを設立。

  • 認定NPO法人D×P生徒と社会をつなぐ事業部部長。
    ■2011年:D×Pの前任団体Dream×Possibilityに所属、通信・定時制高校に特化したプログラム「クレッシェンド」の開発に従事
    ■2013年:大学卒業、NPO法人D×Pに入社。高校数学非常勤講師を2年間しながら、D×Pではクレッシェンドの改善と展開、新サービスの開発、ボランティアマネジメントを担当。
    ■2017年までに、D×Pで延べ約2000人以上の高校生と、延べ約400人以上のオトナ(社会人・大学生)が関わる場創りをしてきた。
    ■2017年度現在は、経営企画メンバー、生徒と社会をつなぐ事業部部長として、マネジメント...

  • 現在、認定NPO法人DxP(ディーピー)生徒と社会をつなぐ事業部にて、主に生活困窮世帯のこどもたちや定時制に通う高校生対象の居場所事業運営を担当。

    高校時米国へ留学。そこで移民問題を肌で感じると同時に途上国出身の人たちの高い能力と素晴らしい人柄を知る。その後関西外国語大学英米語学科へ進学。在学中、多民族国家のマレーシアへ留学し、世界に跨る格差社会の存在を再度痛感。その原因の一つが、「途上国」という単語が持つネガティブなコノテーション(誤解)だと考え、その誤解に気づいた自分だからこそ、何かをしなければと思うようになる。大学卒業後、家具屋にいったん就職したものの、「途上国の可能性を伝え...

なにをやっているのか

  • 通信制高校・定時制高校で実施しているD×Pのプログラムの様子です♪
  • 最後の授業プログラムの様子。高校生に色紙を渡しました

D×P(ディーピー)は、 「ひとりひとりの若者が自分の未来に希望を持てる社会」を目指す大阪のNPOです。

「つながる場をつくる」「いきるシゴトをつくる」「いきる暮らしをつくる」の3つの事業を行っています。

通信・定時制高校で行う授業「クレッシェンド」
定時制高校のなかで開くカフェ「いごこちかふぇ」
高校生が卒業した後のいきるシゴトをつくる「ライブエンジン」
など、さまざまな取組みを行っています!

なぜやるのか

  • 高校生が「自分の可能性が拡がっている」と 感じられるように。

通信制高校・定時制高校には、
さまざまな高校生が集まっています。

不登校やいじめ経験、経済的困窮、 発達障害などさまざまな生きづらさを抱えている人や、自分でお金を稼いでいたり、 SNSのフォロワーが多かったり、突出した特技がある人など、 高校生一人ひとりはとても多様です。そんな一人ひとりのニーズを受け取ることができている高校だとも言えます。

私たちは、2012年から通信・定時制高校に通う高校生に関わり続けるなかで、高校生一人ひとりが持つ「しんどさ」と「可能性」の両方を実感しています。

わたしたちは、例えば「いじめをなくそう!」とか、そういったことは考えていません。
それよりも、高校生がそのしんどさとともに歩めるような
「人とつながる場」があり、次第に顔をあげていった先に何かをやってみようかと思えて、自分なりの「いきるシゴト」をつくっていける環境が必要だと私たちは考えています。

人とのつながりを通して、悲しみを分かち合ったり、
自分もこれから大丈夫かもしれないなと思えたり。

ちょっとした「できた」と思える経験で、 自分の可能性を信じられたり。

そんなふうに、高校生が「自分の可能性が拡がっている」と
感じられるような社会をつくること。

「ひとりひとりの若者が自分の未来に希望を持てる社会」をつくるために、D×Pは活動しています。

どうやっているのか

  • Welcome to DxP!ここが、D×P事務所の入り口です!(Photo by Yusuke Nishikawa)
  • ↑打合せ中です!打合せしてるんです!

D×Pは、職員が10名、インターン生が23名の小さな組織です。

平均年齢は27歳くらい。熱くもなく、冷めてもいない、
一つの色に染めようとされないし、
染まろうともしないマイペースな雰囲気があります。

常にBGMが流れるオフィス。
ノンアルコールビールで昼間っから乾杯しだすひともいれば、
バランスボールではずみながら仕事をするひともいる。

もちろんただ自由なだけではなくて、
仕事のクオリティにはとことん
こだわるメンバーが多いと感じます。

こんなことやります

「とにかくあまねくいろんな人に届けよう」
という盛大な広報活動も。
「30代独身女性」というターゲット設定も。細かなペルソナ設定も。
 
なんだかしっくりこない。
 
ほんとうに大切なのは、だれかひとりに伝わること。
その情報を必要にしているひとにとって、
いま、まさにほしい情報がすっと届くということ。

世の中にあふれる広報メッセージの一部は、なんだか機械的で、苦手だったりします。「ターゲット」でも「ペルソナ」でもなく、わたし個人が実際に出会って感じた「ただひとり」を想像したい。
 
DxPでは、ただひとりを想像して、WEBサイトも、SNSも、紙媒体も、メールマガジンも、イベントも、すべての広報メッセージを形作っています。そして、丁寧にその人ひとりの行動が考えられ、戦略が練られた広報を、していきたいと思っています。
 
あらためまして、こんにちは。
わたしは、認定NPO法人DxP(ディーピー)というところで、
広報・ファンドレイジング部の部長をしている入谷佐知(いりたに さち)です。

わたしは、いま、とっても仲間がほしい気持ちなんです!

 
DxP(ディーピー)の取り組みや価値観を、
自分ごとのように大切に思ってくれる仲間。
常に「高校現場」や現場のスタッフを大切にしてゆける仲間。
私達のビジョン「ひとりひとりの若者が自分の未来に希望を持てる社会」
を、共に目指してくれる仲間。

DxPと社会にいる「ひとりひとり」を、
丁寧につないでいくのが、広報/PRの仕事です。
そして、DxPが大切にしている高校生や高校現場の一番の理解者であり、翻訳者であってほしいと思います。
常に傾聴でき、真摯に向き合い、あらたなメッセージをかたちづくる仕事です。

DxPの広報/PRマネジャーの仕事内容は、
一般的な企業っぽく具体的に言うとこんなかんじです。

★広報戦略立案
★WEBサイトの運用(リニューアルや新サイト制作)
★WEBコンテンツの企画運営
★SNSでの発信
★メールマガジンの発信
★LINE@の配信
★WEB広告の管理運用
★マスメディア対応(リリース配信)
★自主イベントの企画運営
★紙媒体の制作管理

なんかすっっごいたくさんありますよね汗。
でも、DxPには、DxPの広報を学んでキャリアに活かしたいと思う熱意あふれるインターン生がたくさんいます!インターン生とともに、このさまざまな広報機会をかたちづくることのできるひとを、正職員として、募集します。

ちなみに、もっと資金調達や寄付集めの仕事をしたい!
という方にはこんな仕事も考えています。

★ご寄付にいたるまでのマーケティング戦略立案
★寄付いただいた方とのコミュニケーション(個人・法人)
★寄付決済管理/寄付情報管理
★財団・助成金での申請や活動報告・コミュニケーション

DxPの収入の8割は、ご寄付です。寄付集めでも広報と同じように、
大勢じゃなくひとりにとどけるコミュニケーションを
戦略設計しながら、仕事を形作っています。

正直なところ、わたしはこの広報と資金調達の仕事を、
暗中模索のなか歩んできました。
DxPは、まだまだできていないことばかりです。
だから、働きづらいときも、あると思います。
組織としてまだ成り立っていないことも多いです。
こんなカオスのなかを、一緒に整えてくれる
パートナーとなる正職員を、募集しています。

わたしはD×Pという組織を、ひとりひとりが、
自分らしく面白く生きられる組織にしたいです。
次世代の個人のありかた・組織のありかたを模索する、
そんなマネジャーになってみたい!
という方に、応募してほしいです。

ぜひ仲間になってください!
ご応募、お待ちしています。

★採用プロセスはこのような感じです!
1.電話面談(広報・ファンドレイジング部 部長 入谷)
2.エントリーシート送付&面接1(入谷)
3.面接2(理事長 今井)
4.面接3(生徒と社会をつなぐ事業部 部長 川上)

会社の注目の投稿

エントリー状況は公開されません
29人が応援しています
会社情報
認定NPO法人D×P
  • 2012/06 に設立
  • 7人のメンバー
  • 3000万円以上の資金を調達済み /
  • 大阪市中央区天満橋京町1-27 ファラン天満橋33号室
  • 広報と資金調達でイノベーションを起こす。NPOのPRマネジャー候補募集!
    認定NPO法人D×P