350万人が利用する会社訪問アプリ

  • オープンポジション
  • 418エントリー

新世代家庭用ロボット会社で働いてみたい方!オープンポジション

オープンポジション
Mid-career
418エントリー

on 2018/04/12

10,875 views

418人がエントリー中

新世代家庭用ロボット会社で働いてみたい方!オープンポジション

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Tokyo
Mid-career

Kaname Hayashi

GROOVE X 創業者兼 CEO。トヨタ自動車で空力技術者としてスーパーカー”LFA”やドイツでFormula-1の開発に従事。11 年よりソフトバンク孫正義 CEO が立ち上げた「ソフトバンクアカデミア」参加。12 年、同 CEO から誘いを受けて「Pepper」のプロジェクトに携わる。15 年から現職。

Junya Hayashi

主に、少人数のチームを率いたウェブ開発を行ってきました。自身でコードを書くとともに、スクラムベースで効率的なチーム運営をすることを得意としています。現在は、初めてのロボット業界で四苦八苦しながら、上流から下流までのソフトウェア全般の開発に携わっています。

GROOVE X株式会社のメンバー

GROOVE X 創業者兼 CEO。トヨタ自動車で空力技術者としてスーパーカー”LFA”やドイツでFormula-1の開発に従事。11 年よりソフトバンク孫正義 CEO が立ち上げた「ソフトバンクアカデミア」参加。12 年、同 CEO から誘いを受けて「Pepper」のプロジェクトに携わる。15 年から現職。

なにをやっているのか

■新世代家庭用ロボット「LOVOT」開発 https://lovot.life/ 私たちGROOVE Xは2015年に設立したスタートアップです。 GROOVE Xの考えるロボットは、人々の生活に潤いを与える存在として、人が一緒にいたくなるような新世代の家庭用ロボットです。それは、将来癒しを与える存在を超え、人の潜在能力を向上させる力も持ち得ると考えています。 ■LOVOT [らぼっと] とは 『LOVOT』は人の代わりに仕事をする便利なロボットではありません。人に甘えて邪魔もしてくるし、時には知らない人に人見知りをするかもしれません。 だけど、一緒にいるとホッとする、うれしくなる、笑ってしまう。なんだか、あたたかい気持ちになってくる。 そんな風にロボットが人と信頼関係をつくり、生活に潤いと安心を与えられる存在になれば、人のパフォーマンスは高められると、私たちは信じています。
代表の林要
海外の展示会でも注目を浴びました

なにをやっているのか

■新世代家庭用ロボット「LOVOT」開発 https://lovot.life/ 私たちGROOVE Xは2015年に設立したスタートアップです。 GROOVE Xの考えるロボットは、人々の生活に潤いを与える存在として、人が一緒にいたくなるような新世代の家庭用ロボットです。それは、将来癒しを与える存在を超え、人の潜在能力を向上させる力も持ち得ると考えています。 ■LOVOT [らぼっと] とは 『LOVOT』は人の代わりに仕事をする便利なロボットではありません。人に甘えて邪魔もしてくるし、時には知らない人に人見知りをするかもしれません。 だけど、一緒にいるとホッとする、うれしくなる、笑ってしまう。なんだか、あたたかい気持ちになってくる。 そんな風にロボットが人と信頼関係をつくり、生活に潤いと安心を与えられる存在になれば、人のパフォーマンスは高められると、私たちは信じています。

なぜやるのか

代表の林要

海外の展示会でも注目を浴びました

テクノロジーは、人を幸せにしたのでしょうか? テクノロジーは生活を豊かにし、様々な効率化を進めました。でも、人が幸せになったかと問われると、イエスと言える人は実はそんなに多くないのでは、と思います。 なぜなら、テクノロジーの進化がライフスタイルと人類の本能の間のギャップを拡大し、感情的なハレーションを拡大する傾向にあったから。そのギャップを埋めるのが、私たちがつくっている“LOVOT”です。 テクノロジーの進化によって多くのモノを手に入れたからこそ、大事なのはモノよりも体験や思い出だとみんな気づいています。“LOVOT”は今までのロボットになかった「気持ちをテクノロジーで満たす、ケアをする」という新たな価値観へのはじめての一歩として、世界の後続製品にとって目指すべき一つの指針になるはずです。ロボットによって人は幸せになり、パフォーマンスをあげることができる。そんな社会を描いていきたいと思っています。

どうやっているのか

GROOVE Xの開発現場には、様々なジャンル、経歴、年代の人たちが集まっています。 多様性があるからこそアイディアが飛び交い、場にグルーヴが生じ、時に誰も予期しなかった発想の高みにたどり着くことができています。 型にはまらない優れた技術力・才能を持つ様々な分野のスペシャリストの集団が、様々なアイディアを出し、トライ&エラーを繰り返して、まだ誰も見たことのないロボットを創造できるのだと考えています。 トライ&エラーを繰り返すために、スクラムと言う開発プロセスを活用し、1週間単位のスプリントを繰り返し、開発を進めています。みんな、どんどん失敗します!失敗から学び、軌道修正しています。 情報の透明性を重視し、物理的なカンバンとともに、Slack, Confluence, Bitbucket, G Suite などのツールを活用しています

こんなことやります

GROOVE Xの人事があなたのご経歴、やりたい事を確認させていただき、社内でマッチするポジションをご紹介します! 私たちGROOVE Xは2015年に設立したロボット開発のスタートアップです。ヒトとロボットが寄り添い合う、新たな関係性を探求しており、累計80億円の資金調達を実施して、2019年の製品リリースに向けて準備を急ピッチで進めています。 現在幅広く募集ポジションがあるため、「自分の経験がGROOVE Xのどのポジションで活かせるか?」などをお話しさせていただきます。 ポジションをご確認の後、選考に進むかを判断していただければと考えています。 もちろん人事より情報提供させていただきますし、不明な点があればご相談に乗らせていただきます。 まずは"話しを聞きに行きたい"をクリックください! ▼応募の流れ 1)「話しを聞きに行きたい」ボタンより応募 2)下記いずれかのアクションになります。 ■Wantedlyの内容で判断可能なご経歴の登録がある場合 ポジションの有り無し、及び有る場合は具体的な内容のご案内をさせていただきます。 ■Wantedly上のご経歴内容では判断が不可能な場合 詳しいご経歴を教えていただく場合がございます。 3)さらに情報を聞きたい場合や選考に進まれる場合は面談やskype、メッセージ等でコミュニケーションを取らせていただきます。 ※注意 ・本内容ではご活躍できうるポジションをご紹介させていただくだけであり、実際のご活躍、または内定等を保証するものではありません。 ・募集職種はタイミングによって変わるため、現状ではポジションをご提案できない場合もございますのでご了承ください。
17人がこの募集を応援しています

17人がこの募集を応援しています

+5

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2015/11に設立

95人のメンバー

  • Funded more than $300,000/
  • Funded more than $1,000,000/

東京都中央区日本橋堀留町1丁目8−12 さくら堀留ビル 7F