Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

小布施の地域商社で働く!商品開発から販促まで担うマーケター候補を募集します

小布施町役場

小布施町役場のメンバー

全員みる(5)
  • 小布施町役場の企画政策課、西原です。

    歴史と文化、栗と北斎と花の町として、多くの皆さんに訪れていただいている
    小布施町ですが、基幹産業は、りんごやブドウ、桃を中心とした果樹農業です。
    小布施町のおいしい果物を全国の皆さんに召し上がっていただきたい。
    都会の喧騒を離れ、地方で農業と観光を融合し全国に発信したり、新しい農産
    加工品を開発したりする地域商社で仕事をしたいと考えている若い皆さん。
    ぜひ、一度お会いしましょう。

  • 熊本県出身。学生時代に、小布施町で受け入れていた地域づくりインターンシップのプログラムに参加したことをきっかけに、小布施町の事が好きになり、小布施町役場に入庁し、新規就農者の育成・支援事業を担当。
     現在は所属する小布施町役場から小布施町振興公社に出向し、主に直売所や事務局の運営全般を担当。
     
     小布施町は、移住者の視点から見ても、外部や若い力を拒まず受け入れてくれる気質が強い町!環境を変えることを恐れずに、自ら新しいことにチャレンジする仲間を求めています。

  • 一般財団法人小布施町振興公社 営業マネージャー

    大学卒業後、アパレルチェーン企業にて約10年間、十数の地域で店舗開発、MD、店長を経験。出身の小布施町の基幹産業である農業に興味を持ち、Uターン。小布施町の地域商社を目指す小布施町振興公社では主に営業に従事し、今年からは商品開発にも。

    四方を篠井川、松川、千曲川(信濃川)、雁田山に囲まれた素晴らしい里山が広がる小布施町。一見クローズされた町と思いきや、年間100万人を引き付けるこの町は交流にも力を入れ“人”も実にオープンです。ここに地域の可能性がある。

    あなたにお会いできるのを楽しみにしております!

  • 小布施町役場のふるさと納税の事務を担当しています。

    小布施町のことが大好きで、いつかは町に関わる仕事がしたいという思いから3年ほど前にUターンしました。
    現在はふるさと納税のPR(Facebookやメールマガジン)を通して農産物や町の魅力を発信しています。小布施町振興公社や地域おこし協力隊とも関わることが多いのでどんな方が入ってくるのか楽しみです。

    小布施町でお待ちしております!

なにをやっているのか

  • 84b5165c d58b 4f2a a276 e89573cb0a0b?1525913570 小布施町の中心部にある「栗の小径」。栗の間伐材のブロックが敷き詰められています。
  • C1eba32b b304 4eaa b16f 9798db7f362c?1525916496 上:スラックラインW杯大会は小布施総合公園内で開催されました。下:小布施町振興公社が運営する「6次産業センター」。雁田山の近くに位置しています。

▼「栗と北斎と花のまち」長野県小布施町は農業に注力しています
長野県小布施町は、毎年100万人近くが訪れる人気の観光地です。その背景には、約40年前から始まった町づくりがあり、大学などの研究機関や町外企業を巻き込み、様々な取組が行われてきました。
近年では「スラックライン」というスポーツも盛り上がりを見せており、町内からプロ選手が輩出され、2017年にはアジア初のW杯が開催されました。
観光の町と思われがちな小布施町ですが、実は、果樹を中心とした農業立町でもあり、現在、町の基幹産業である農業に注力しています。

▼今回、小布施の農産物を地域内外に販売する地域商社「小布施町振興公社」の仲間を大募集!
今回、共に働く仲間を募集している小布施町振興公社(以下、振興公社)は、小布施の農産物を地域内外に販売するため、農産物のブランド化、商品開発、国内外への営業、農産物直売所・飲食店運営などを行っている地域商社です。

振興公社オリジナルブランド「小布施屋」HP
http://www.obuse.or.jp

なぜやるのか

  • 4b13cbd9 02d0 42c6 a53c 816ef567e82f?1525685522 小布施屋ではブランド価値を高めるため、様々な加工品を開発しています。
  • 3af4841b 4254 418e 94f9 2c90135f2fc3?1525686036 小布施ブラムリーアップルは1991年に商業栽培を開始しました。栗に次ぐ町の名産に育てるべく様々な取り組みを行っています。

▼小布施のこだわりのフルーツを多くの人に届けたい
小布施では、寒暖差の大きい気候や酸性土壌といった特徴を活かし、多種多様なフルーツ・野菜が作られています。こだわりの農産物を、小布施を訪れた人はもちろん、町外の方にも美味しい状態で食べて頂きたいとの思いで、都市部や海外に営業しています。
また、旬の時期に収穫したフルーツを年中美味しく食べてもらうため、ジュース、ジャム、はちみつ、栗の甘露煮、フルーツゼリーなどの加工品を開発・販売にも注力しています。

▼小布施の農業をもっと強くしたい
小布施は室町時代に栽培が始まった「栗」が有名で、とくに老舗栗菓子屋が作る栗スイーツは毎年多くの観光客を惹きつけ、観光の目玉ともなってきました。
現在、小布施は新たなフラッグシップ作物として、調理用りんごの王様「小布施ブラムリー」とコクと鮮やかな色味が特徴の調理用さくらんぼ「チェリーキッス」に注力しています。
どちらも小布施が他地域に先駆けて生産する非常に特徴的な果物です。公社は農家さんと二人三脚で生産方法の改善、用途提案を行い、小布施農業のブランディングの一翼を担っています。

どうやっているのか

  • 319eec58 0891 44e7 993a 5088f1b75570?1525666771 振興公社で運営している農産物直売所では地元で採れた野菜などが並びます。
  • 75bccaa1 fdd1 4911 8c16 a1c28be7e569?1525666772 農村レストラン「OBUSE 花屋」では、シェフが朝採れたての野菜を仕入れてオリジナルのドレッシングと共に提供しています。

▼商品開発からレストラン運営まで幅広く展開しています
小布施産の栗、多様な果物、花を最大限活かし、加工品の開発、国内外への販売、飲食店経営、公園管理など幅広く事業展開しています。

主な事業
・農産物直販所(ろくさん)
・オンラインショップ(小布施屋)
・レストラン(OBUSE 花屋)
・花ミュージアム(フローラルガーデンおぶせ)
・おやすみ処(味の文化茶屋)

▼自由な雰囲気の中、支え合って働いています
現在、振興公社にはパートタイムの方も合わせ、30名近くが働いています。若いメンバーも多く、明るい雰囲気・フラットな組織が魅力です。
出荷の最盛期、ビアガーデンなどイベント時など繁忙期には、職員が互いにカバーし合い、お客様の信頼に応えています。

こんなことやります

▼商品開発から販促までを担うマーケター候補を募集
中長期の成長のため
①小布施産品の魅力を活かした商品開発を行い、
②開発した商品の魅力を工夫して伝える、
マーケター候補を募集します。
※地域おこし協力隊としての募集となります。

▼3年で地域産品の開発・マーケティングのプロに
1年目はOJTで学びつつサポート業務
2-3年目は商品開発~営業までを自ら主導
※4年目以降の雇用や待遇については別途相談となりますが、引き続き、小布施で活躍してくれることを期待します。

▼活躍したいとの「思い」がある方、大歓迎
経験者が望ましいのは言うまでもありませんが、未経験者であっても、小布施で活躍したい、良い商品を開発したい、開発した商品を広めたい、という「思い」をお持ちの方であれば大歓迎です。

▼各種手当もあります
住宅・車の補助に加え、規定の時間以上働いてもらった場合には残業代、期待以上の成果を上げた場合には賞与(ボーナス)についても支給予定です。

募集情報
探している人 地域おこし協力隊
採用形態 副業・契約・委託
募集の特徴 Skypeで話を聞ける
会社情報
設立年月 1965年4月
社員数 100人のメンバー
関連業界 公官庁・団体

応援している人(18)

全員見る

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(18)

全員見る

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

長野県上高井郡小布施町大字中松496-1

Page top icon