350万人が利用する会社訪問アプリ

  • PLMシステム開発エンジニア
  • 3エントリー

ITの力で日本のモノづくりに変革を!PLMシステムの開発エンジニア募集!

PLMシステム開発エンジニア
Mid-career
3エントリー

on 2018/05/09

3,936 views

3人がエントリー中

ITの力で日本のモノづくりに変革を!PLMシステムの開発エンジニア募集!

Online interviews OK
Kanagawa
Mid-career
Kanagawa
Mid-career

保科 勇樹

自社製品「Visual BOM」の開発マネージャを担当しています。 開発メンバは、お客様や市場からの要望を製品に反映していくのが主な仕事です。ただし通常の開発と異なるのは、エンジニア自身が要件を定義するという点。これはシステムがパッケージ製品であり、どのお客様でも利用していただけるよう汎用的な機能の必要があるためです。この設計と開発が一番面白く、エンジニアとしての腕の見せ所です! 製造業の知識が無くても大丈夫。開発メンバだけでなく、SEや営業といった周りのメンバが優しく(?)サポートしてくれます。 是非興味を持った方、横浜で一緒に開発しましょう!

Tomohiko Furuya

図研プリサイトで開発部門のマネージャを担当しています。 弊社は、横浜でオリジナルパッケージ製品の開発をしております。 SI開発と大きく異なり、製品の仕様の決定はユーザではなく開発者となります。 自身で企画・設計した機能を、コーディングしリリースすることがパッケージ製品開発の醍醐味です! 決まった仕様をただコーディングするだけじゃ物足りない! 企画から開発まで一貫して携わりたい! そんな方は、是非ご応募ください!!

望月 肇

将 尾関

1994年に大学を卒業し、今の親会社である株式会社図研に入社しました。以来、ずっと営業畑を歩んできましたが、2018年からマーケティングも管轄することになりました。それまでマーケティング部隊の支援を受けて業務を進める立場だったのですが、いざ自分で担当してみるとその奥深さと面白さに直面し、若手時代に戻ったようなやりがいを感じています。そして2020年4月、コロナ真っ只中のタイミングで代表取締役に就任しました。先行き不透明な状況ですが、だからこそ一歩先を読んで手を打ち、社員一丸となってこの難局を克服していきます。

株式会社 図研プリサイトのメンバー

自社製品「Visual BOM」の開発マネージャを担当しています。 開発メンバは、お客様や市場からの要望を製品に反映していくのが主な仕事です。ただし通常の開発と異なるのは、エンジニア自身が要件を定義するという点。これはシステムがパッケージ製品であり、どのお客様でも利用していただけるよう汎用的な機能の必要があるためです。この設計と開発が一番面白く、エンジニアとしての腕の見せ所です! 製造業の知識が無くても大丈夫。開発メンバだけでなく、SEや営業といった周りのメンバが優しく(?)サポートしてくれます。 是非興味を持った方、横浜で一緒に開発しましょう!

なにをやっているのか

私たちは、モノづくりを幅広く、強力に支援するIT技術プラットフォームをつくっています。 << 事業ポートフォリオ >> ① PLM事業 製造業という確立した市場向けに、自社開発のPLMパッケージシステムを提供しています。 PLM(Product Lifecycle Management)システムとは、モノづくり企業における情報活用を促進するICTインフラです。この事業は当社の基幹事業で、収益の柱となる盤石なビジネス基盤です。 『 モノの価値を作り込む ” 設計 ”と、モノを生み出す " 製造 "とを真の意味で繋ぎ、スマート化する 』 という新たな命題を掲げ、3Dデータを有効活用した斬新かつ的確な視点でソリューションを展開しています。  - PLMソリューション「Visual BOM」 https://www.presight.co.jp/product/visualBom.php  - 導入事例 だからプリサイトに決めました!( 株式会社タチエス 様 ) https://www.presight.co.jp/case/detail/cs20190627.php   ② ナレッジマネジメント事業 分社直前からの新規事業として、AIを実装したナレッジマネジメントシステムを提供しています。 ほしい情報を " 探す " ではなく、適切なタイミングで " 届ける "という新しい仕組み作りを行っています。 『 " 情報を探す手間 " をなくして、働き方を変える!』 これこそが、私たちが実現するナレッジ活用のあり方です。 モノづくり業界で培った利用者目線の利便性と、AI技術を融合させる、 " 活用型 " ナレッジソリューションを展開しています。  - ナレッジ活用ソリューション「Knowledge Explorer」 https://www.presight.co.jp/product/knowledgeExplorer.php  - 導入事例 だからプリサイトに決めました!( 大鵬薬品株式会社 様 ) https://www.presight.co.jp/case/detail/cs20180905.php  - AI実装品質情報共有プラットフォーム「Qualityforce」 https://www.presight.co.jp/product/qualityforce.php  - 導入事例 だからプリサイトに決めました!( 澁谷工業株式会社 様 ) https://www.presight.co.jp/case/detail/qlf-cs20221122.php
PLMソリューション「Visual BOM」
ナレッジ活用ソリューション「Knowledge Explorer」
コロナ以降はリモートワーク体制を整備し、現在はオフィスワークとのハイブリッド勤務となっています。
図研自社ビルの5階がプリサイトのオフィスです。横浜といえども住宅街にあり、駅から近く満員電車を避けられるため通勤しやすい立地です。
営業部門によるお客様との「ユーザー交流会」の様子
マーケティング部門による展示会出展の様子

なにをやっているのか

PLMソリューション「Visual BOM」

ナレッジ活用ソリューション「Knowledge Explorer」

私たちは、モノづくりを幅広く、強力に支援するIT技術プラットフォームをつくっています。 << 事業ポートフォリオ >> ① PLM事業 製造業という確立した市場向けに、自社開発のPLMパッケージシステムを提供しています。 PLM(Product Lifecycle Management)システムとは、モノづくり企業における情報活用を促進するICTインフラです。この事業は当社の基幹事業で、収益の柱となる盤石なビジネス基盤です。 『 モノの価値を作り込む ” 設計 ”と、モノを生み出す " 製造 "とを真の意味で繋ぎ、スマート化する 』 という新たな命題を掲げ、3Dデータを有効活用した斬新かつ的確な視点でソリューションを展開しています。  - PLMソリューション「Visual BOM」 https://www.presight.co.jp/product/visualBom.php  - 導入事例 だからプリサイトに決めました!( 株式会社タチエス 様 ) https://www.presight.co.jp/case/detail/cs20190627.php   ② ナレッジマネジメント事業 分社直前からの新規事業として、AIを実装したナレッジマネジメントシステムを提供しています。 ほしい情報を " 探す " ではなく、適切なタイミングで " 届ける "という新しい仕組み作りを行っています。 『 " 情報を探す手間 " をなくして、働き方を変える!』 これこそが、私たちが実現するナレッジ活用のあり方です。 モノづくり業界で培った利用者目線の利便性と、AI技術を融合させる、 " 活用型 " ナレッジソリューションを展開しています。  - ナレッジ活用ソリューション「Knowledge Explorer」 https://www.presight.co.jp/product/knowledgeExplorer.php  - 導入事例 だからプリサイトに決めました!( 大鵬薬品株式会社 様 ) https://www.presight.co.jp/case/detail/cs20180905.php  - AI実装品質情報共有プラットフォーム「Qualityforce」 https://www.presight.co.jp/product/qualityforce.php  - 導入事例 だからプリサイトに決めました!( 澁谷工業株式会社 様 ) https://www.presight.co.jp/case/detail/qlf-cs20221122.php

なぜやるのか

営業部門によるお客様との「ユーザー交流会」の様子

マーケティング部門による展示会出展の様子

私たちの進める事業は、横浜市にある株式会社図研(東証1部:6947)において、それぞれ2010年(PLM)、2014年(ナレッジマネジメント)より始まりました。そして2016年4月、人・ソフトウェア資産・市場の全てを継承する形で、分社独立化に至りました。 立ち上げ期間を経て、事業拡大に着手し、新たなメンバーも数多く迎えたところで、一個の会社としての歩みが確実なものとなっています。そこで改めて原点となる思いをメンバー・お客様とともに再認識したいという考えから、2023年春に企業理念を体系化いたしました。 << Purpose >> ”日本の製造業を強くする"  ・ 製品開発にクリエイティビティとスピードを  ・ 事業に推進力と競争力を  ・ エンジニアにやりがいと閃きを ★Purpose実現のための << Mission >> "高度な開発力と卓越した提案力で、モノづくりの未来を創造する" ★Missionの達成を通じて到達したい << Vision >> "共に創る"  ・ しなやかでしたたかなモノづくりの向こう側(お客様の未来) "共に生きる"  ・ ウェルビーイングでレジリエントなディープテックカンパニー(私たちの未来) 日本が世界に誇る国力である製造業、そこに根付く"モノづくり"を、テクノロジーの力でまだ見ぬ先へと"まっ先に"導きたい。また私たちも一つのモノづくり企業として、しなやかにしたたかに、未来を創造したい。そのような思いが込められています。 製造業と私たち自身の未来のために、これからもお客様とともに歩み続けます。

どうやっているのか

コロナ以降はリモートワーク体制を整備し、現在はオフィスワークとのハイブリッド勤務となっています。

図研自社ビルの5階がプリサイトのオフィスです。横浜といえども住宅街にあり、駅から近く満員電車を避けられるため通勤しやすい立地です。

Missionの達成とそれによるVisionへの到達のために実行していることについて、経営的観点と組織マネジメント的観点からそれぞれ紹介します。 【経営的観点からの施策】 ◎パートナーの活用 社員数は約50名と小さな会社ですが、優秀なパートナー企業に恵まれており、数十名単位のメンバーに当社の仕事を分担してもらっています。 ◎資本提携・業務提携 パートナーよりも一歩踏み込んで、資本提携を行った上で、業務提携している会社があります。一社は3Dデータの扱いで、世界的な技術を誇るラティス・テクノロジー株式会社です。主要取引先のトヨタ自動車様では、同社の3D軽量化技術であるXVLを社内システムに実装して活用しています。当社においても、このXVLをPLMシステムに融合し、他社との差別化を図っています。 もう一社は、国内ERP大手の、ビジネスエンジニアリング株式会社です。元々、モノの価値を創りこむ設計周辺しか理解できていなかった当社ですが、同社から生産に関する様々なことを学び、お互いの知見を出し合って、設計と生産をインタフェースするシステムを共同で開発することに成功しました。 また、ギリア株式会社との業務提携により、AI技術を搭載したナレッジマネジメントシステムの開発に成功しました。これにより、" 探さなくても、気付いていなくても、必要な情報をナレッジとして活用できる " という、新しいナレッジマネジメントへのアプローチを実現しています。 https://www.presight.co.jp/lp/detail/ghelia01.php 【組織マネジメント的観点からの施策】 ★社員の行動指針となるValuesの共有 << Values >> ”つながり、分かち合い、まっ先に目指す先"  ・ 自走するプロフェッショナリズムと自律的なエンゲージメントの両立  ・ 成長の山に挑み、共感の橋を架け、仲間と共に研鑽し、物心両面の豊かさを追求する これらを体現すべく、就労環境の整備および組織マネジメントに意欲的に取り組んでいます。 ◎オフィスについて 勤務地は、横浜市にある一箇所のみ。転勤の心配はありません。 営業・マーケティング・開発・SE・管理部門、そして社長までもが1フロアに集結する、名実共に”フラットな環境”が特長です。 Valuesを共有する多くの仲間と、コミュニケーションを重視し、真剣に、それでいて明るく、それぞれの役割に取り組んでいます。 ◎リモートワークの併用について 全社員にノートPCを貸与しており、いつでもリモートワークが可能な体制を整えています。 年間勤務日数のうち50%出社・50%リモートワークを目安とした就業方針を取っています。 (個別の事情がある方はリモートワーク割合を多くすることも可能です。) ◎自社組織 会社組織は各部門別に分かれていますが、プロジェクトごとに部門の垣根を超えて活動していきます。マーケティングが市場性を測り、開発は最適な実現方法を考え、営業・SEが協力しながらお客様に使ってもらえるためのサービスを作り上げていくというサイクルですが、これらは日々の擦り合わせでアップデートされていきます。 ◎働きやすい環境づくり 男性育休の積極推進により、過去3年間においては取得率約90%という実績に加え、半年以上の長期にわたる育休取得も多数実現されています。また、年間休日129日・有給休暇取得日数平均10日以上という環境のため、自己のワークライフバランスに基づきメリハリをつけて勤務することができます。日々の業務においては、2023年度より各部門における1on1の導入を開始。オープンでフラットな人間関係の構築を目指すことと、「メンバーのための時間を作る」ことを組織マネジメントの一環として取り入れ、個々のメンバーが安心して、最大限パフォーマンスを発揮できる職場環境づくりに取り組んでいます。

こんなことやります

今回は、自社開発のパッケージソフトウェア「Visual BOM」の開発メンバを募集します! お客様やユーザの声から、要件定義-設計-開発まで一貫した作業が主な業務となります。 当システムは製造業の基幹システムであるため、利用期間が長く、数年後に機能拡張を求められることもしばしば。そのため、いかにシンプルに設計、開発しておくか、これが重要であり、エンジニアとしての腕の見せ所です。 また、同時にパッケージ製品として機能エンハンスを日々続けているため、プロダクトのあるべき姿を中長期的に見据えた要件定義・アーキテクチャの設計していくことも必要となり、必然的に日々触れる技術スタックも幅広いものになります。 様々な技術に触れながら、使いやすくシンプルなシステムを設計していく。エンジニアとして難解なこの問題に取り組む中で自身のスキルを高め、日本社会の根幹を支える製造業の課題に日々向き合い、「ユーザー視点もわかるフルスタックエンジニア」として私たちと一緒に成長していきませんか? 【具体的な業務内容】 はじめは一開発者としてジョインいただき、将来的には下記のような領域を中心にご活躍いただきます。 ・システム全体のアーキテクチャ選定 ・マーケ、セールスと連携し、ユーザーの声をもとにした機能拡充における仕様設計 ・チーム内のエンジニアを束ねる 【開発環境】 ※客先常駐はなく、社内での開発となります。 ※在宅勤務が中心となります。(クラウド環境やチャットツールを利用し業務を進めております。) システム構成:3階層システム 開発言語:Java( IDE:Eclipse)、JavaScript(Node.js,React)、C# フレームワーク:Spring Webアプリケーションサーバ:Tomcat、WebLogic DB:PostgreSQL、Oracle 【応募条件】 <必須条件> ・ソフトウェア開発の経験7年以上 <歓迎条件> ・Java、JavaScriptの開発経験のある方 ・業務アプリケーションの開発経験のある方 ・設計・製造業向けアプリケーションの開発経験のある方 ※Visual BOM はWebアプリケーションで、言語はJavaといたってシンプルなシステム。Javaの経験があれば大歓迎ですが、Javaの経験が無くても開発の経験を積めば十分に活躍することができます。
13人がこの募集を応援しています

13人がこの募集を応援しています

+1

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2016/04に設立

50人のメンバー

  • Funded more than $1,000,000/

神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央32-11 センター南ビル5F