Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

インフラエンジニア(サーバ、ネットワーク、ストレージのアッセンブリ、オンサ

データライブ株式会社

データライブ株式会社のメンバー

全員みる(1)
  • 阿部 英明
    エンジニア

なにをやっているのか

  • 3c1d7d5a d45f 4ea8 bb37 c7a1d64eaa06 中古機器のリファービッシュ
  • 291c2440 7020 4ad4 82be 71cff3ebfe98 保守部材として本体6000台、パーツ30000個保持

データライブは、2003年12月設立の12期目の会社です。
「世界中のIT資産を最適化しよう」「システム延伸をする専門企業」といったメッセージを掲げ、日本では類を見ないユニークな事業「EOSL/EOL保守サービス」を立ち上げ、新しい価値を提供してきました。

「EOSL/EOL保守サービス」の主な取り組みとしては、メーカーの保守期間が切れたサーバ、NW機器、ストレージなどに対し、部品交換などのメンテナンスを施すことで、メーカー保守期間が過ぎたシステムも安定稼働を可能にし、ユーザーのタイミングでリプレイスの計画ができるといった、リユース機器を使った新しいITライフサイクル環境を提案しています。

なぜやるのか

  • 9c5ef648 da44 45f1 afdd a644f9d41048 配送設備もあり迅速に保守パーツを供給します
  • 4e28e50d 5e21 4fd6 86a7 21e2426ded5c 保守サービス統括をし障害発生時にコントロールします

日本ではこの考え方が浸透せず、中古機器・リユース機器に対する信頼がなく、ユーザーは、自社のシステムの組み込むことができませんでした。(2009年頃は中古=ジャンク品のイメージが拭えなかった)
そこでデータライブでは「リユースサーバ」ブランドを立ち上げ、リユース機器の自社の保守サービスを付与し、お客様に安心してご利用いただけるリユース機器を目指しました。
この活動からお客様が本質的に抱える課題に気が付きました。「メーカー保守期限」です。

日本国内では5年経つとメーカーは保守サービスを終了し、新しいシステム導入の提案をすることが当たり前となっており、その度に数千万~数億の費用をユーザーは負担してきました。ユーザーに選択権がなかったのです。当社は、ITライフサイクルに新たに「延伸」といった考え方を提案し、これまでのメーカー主体から、ユーザー主体のITライフサイクルになるよう提案してきました。

欧米では約20 年前から普及しているEOSL/EOL保守事業でして、新品と中古機器が合理的に利用され、また「第三者保守会社」も多く存在し安心して中古機器を利用できる環境が出来上がっていました。当社では2009 年から日本でいち早く取り組みを開始し「第三者保守会社」として独自の保守技術開発体制とサービス体制を構築してきました。

お客様もここ数年の不景気の中でシステムの在り方について見直してきており、当社の考え方を受け入れて頂ける機会も増えてきました。現在は約5000 社の顧客へサービス導入実績があり、売上高は5 期連続で130%増となっています。

どうやっているのか

  • 46da1b25 fee2 4164 b1c6 bef675a86a8e HDDの検品技術開発設備です
  • C6ee25d6 484c 493a 8027 a87a9acfd348 「東京テクノセンター」保守や技術に関わる全機能を集約

【技術力】
元々、半導体のプリント基板を製造する工場だった建物を活用。そのため、電源設備が充実しているだけでなく、配備場所も優れています。床は静電気対策が施され、エンジニアが作業しやすい空調環境も整っています。また入庫から簡易検査を経て、倉庫に格納され、精密検査を行った後に出荷するという導線が最適化された造りになっています。
また、技術開発・品質管理も行っており、メーカーと同じ品質のサービスに近づけるべく最大限の努力をする一方、メーカーにはない独自のサービスで付加価値を提供できるよう日々、技術向上を図っています。
【EOSL パーツの調達力】
世界中の中古I T 機器情報を収集。アメリカ、ヨーロッパを中心に中国、韓国、シンガポール、インド、オーストラリアなど約7 0 0 社の海外ネットワークと取引があり、国内だけでは調達が困難な機器もカバーしています。1 0 年以上前に発売された機器などの調達・調査も行っています。3~5営業日で取り寄せます。
【サービス力】
① ユーザからの障害発生連絡 ② 原因の特定 ③ 部材( 交換パーツ) の手配 ④ エンジニアの手配 ⑤ 原因を特定できない場合、専門部門と連携して技術検証 ⑥ ユーザへ報告などのコントロールを一括で行っています。
【設備】
2 0 1 5 年4 月東京都荒川区内に「東京テクノセンター」を新設しました。
保守や技術に関わる全機能を集約。大幅拡張することで、従来より迅速で細やかな顧客ニーズに応えます。

こんなことやります

1 お客様システムの保守サポート業務 ハードウェアの修理、点検、障害対応(オンサイト作業有)
2 カスタマーサポート(ヘルプデスクサポート対応)
3 UNIX(Solaris/HP-UX/Linux等)・x86機サーバのキッティングやネットワーク・ルータ等の検品など
4 社内技術サポート業務(主には営業部への技術サポート)
5) 保守技術の開発(上級エンジニア)

募集情報
探している人 インフラエンジニア
採用形態 中途採用

応援している人(4)

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(4)

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

Page top icon