Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

ビジネスチャットで古い組織に風穴を開けたい開発エンジニアを募集!

AI CROSS株式会社

AI CROSS株式会社のメンバー

全員みる(3)
  • 小中高と幼少時代をドイツで過ごす。慶應義塾大学経済学部卒業後、SAPジャパン㈱に入社。AOSテクノロジーズ㈱に転職し、米国支社や東海岸拠点の立ち上げに従事。2010年に帰国し、モバイル事業部立ち上げに参画。2015年3月同事業部を子会社化し、代表取締役に就任。

  • シンガポール日本人学校を経て、1996年早稲田大学理工学研究科を修了。動くもの、面白いもの、ネットワークが大好きで、1社目の富士ゼロックスでは当時まだ珍しかったネットワークスキャナーの開発に仕様レベルから関わり、2社目のAOSテクノロジーズでは、ペットに餌をあげる給餌器にネットワークカメラを内蔵して、飼い主が遠隔からカメラ映像を見ながら餌出し指示を行う"ISeePet"を開発。その後、影響力の大きい製品をやりたくなり、WindowsのOS開発チーム(米国本社レポート)に加わり、Windows7/8/8.1/10の開発に従事。そして、2015年のAOSモバイル分社化に伴い、CTOとしてJ...

  • 北尾 さなえ

なにをやっているのか

  • B011f31a 53e7 48db 9834 52b58e2db1fd
  • 988e288a c17e 4328 ba89 dfd923ef2f89?1532623794

-----------------
★SMSソリューション、ビジネスチャットサービス事業を行なっています
-----------------
当社は"Smart Work, Smart Life"を実現するため、SMS配信サービス、ビジネスチャットサービスを行なっています。

(1)AOSSMS
顧客と企業との間で、双方向SMS通信を可能にするSMS配信プラットフォームを提供しています。強みとしては全携帯端末にて使用することができ、メール等と比べて開封率が高いです。

顧客との連絡を取り巻く環境を整理すると、
・電話をして不在の場合は、しつこく架電をしすぎてしまうと嫌われてしまうかもしれない
・メールをお送りしても、チャット文化の今、開封をしてくれている可能性も低い
・LINEなどチャットサービスのIDを聞くのは、プライバシーの関係もありハードルが高い
という状況です。

B to C企業の場合、コミュニケーションの取り方が異なってきます。相手に連絡をした内容が伝わりやすく、且つライトに連絡をするにはSMSが適切です。そのため、B to C企業でSMSが導入されるケースが多くなっています。

(2)InCircle
B to B向けのビジネスチャットサービスです。競合製品としてはSlack、チャットワーク。また、マイクロソフトやセールスフォースも同様のチャットサービスを開発しています。

InCircleの特徴としては、
・セキュリティに優れていて、500名以上の大手企業に導入実績が多数
・サービスが複雑すぎず、ITリテラシーが高くない企業でも導入しやすい
等があります。

Slack、チャットワークはIT、Web業界で導入が増えていますが、同サービスはITリテラシーが高い方をターゲットに開発されています。故に、複雑な機能も多くあります。非IT業界の方々は、必ずしもITリテラシーが高いわけではないので、社員が使いこなせないケースが多く、シンプルな機能である必要があります。

また、日系の大手企業はセキュリティを重要視します。海外製品だと海外にデータセンターがあることも多く、そもそも自社のチャットデータを海外に蓄積することができない大手企業も多く、そういった企業に好評です。

-----------------
★SMS、チャットをより有効に利用するために「ボット」の強化をして参ります
-----------------
「チャット」や「SMS」といったコミュニケーションインフラが広まってきますと、その上で動く「ボット」やデータに基づいて応答をするレコメンドをする「自動応答システム」が必要になってきます。
それは、社内コミュニケーションのビジネスチャットでも顧客とのコミュニケーションのSMSでも求められてきており、その開発を強化しています。

なぜやるのか

  • Ef99df80 3bb7 4fb4 80bd dd1a9ee23e41?1532674977
  • 9d367816 be14 4d67 a5e8 edbc3ea171dc?1532623794

-----------------
★大手企業がチャットサービスを導入する理由
-----------------
チャットツールは直近2〜3年で導入企業数が急増しており、テレビCMで見かけることも増えてきました。ただ、大手企業の多くは依然としてメール文化であり、社内のコミュニケーションツールを容易に変更することができません。

そんな中、数千名、数万名以上の企業が社内チャットツールを導入する理由としては、
 ・気軽にコミュニケーションを取ることができる仕組みを作りたい
 ・ただ、各部署ごとにLINEでやり取りをしていては統制が取れない
 ・LINEはプライバシーな連絡先なため、同僚にIDを知られるのは億劫
などがあります。

徐々にメールからチャット文化になりつつある昨今ですが、LINEを主たる連絡手段として使うことはセキュリティ的にもプライバシー的にもベストな選択肢ではありません。また、大手企業はライトなチャットアプリを使うことに対して抵抗感がある場合が多いです。そのため、ここ数年で大手企業による導入数が急増しています。

例えば、Slackでやり取りをしているデータはアメリカに蓄積されており、LINEでやり取りをしているデータは韓国のデータセンターに蓄積されています。日本の大企業は、海外にデータを置くことを避ける企業が多く、そもそも海外製のチャットツールを使いたがりません。

InCircleには、オンプレミス環境のサービスとクラウド環境のサービスがあります。オンプレミス環境のサービスの中には、ネットを介さずに社内LANのみでやり取りをする形態もあり、セキュリティを徹底している企業に好評です。

また、既存のチャットサービスはITリテラシーが高い方向けに開発されていることも多く、大手企業については色々な年代の方が在籍しているため、社員全員が問題なく使用できるようなチャットツールを導入する必要があるため、InCircleのニーズがあるとも言えます。

-----------------
★ミッション
-----------------
「Liberate the World - 世界をもっと自由に」

日本が人口衰退国家でありながら、その一方で働き方改革も問われています。つまり、働く人口が減り、働く時間も減るとなると、総労働時間は減ることになります。そうなると、同じ生産性を維持するためには、業務の効率を上げていかなければなりません。

-----------------
★ビジョン
-----------------
「Smart Work, Smart Life - あなたの仕事をスマートに」
新しいテクノロジーを活用したビジネスコミュニケーションプラットフォームを提供することで、あらゆる業務を効率化し、企業と働く人の生産性の向上に貢献し続けます。

どうやっているのか

  • Cc735317 2e6d 4c22 b905 6745f9728163?1534141764
  • 39f44b1e d151 4346 a3e7 5ab30b192ef3?1532623794

-----------------
★ミッション、ビジョンが生まれた背景
-----------------
代表の原田の原体験に基づきます。原田はアメリカで働いていた経験が長く、日本とは異なる環境でした。連絡のやり取りはSMSとチャットが当たり前で、Skypeなどでも気軽にやり取りをしていました。

「帰国後、日本の就業スタイルに変更していくのが、ものすごく窮屈だったんです。日本はメール文化ですし、いつメールがきたのかが分からない。定型の挨拶文など無駄な文章も多く、気軽にやり取りをすることができない。間違いなくSMSやチャットの方が楽であり、働き方改革を推進すると確信していました。」

また、原田は子供がいることもあり夜の部内飲み会などに参加できないことが多くありました。

「飲み会で本音が出てくることもあるかと思いますが、それを拾うことができなくなりました。メールだと畏まって伝えにくいことでもチャットだったら楽に言えるということもあります。ミーティングについても同じです。ミーティングでは発言がなかなか出ないけど、チャットだと発言量が多かったり、ということがあります。」

-----------------
★社風
-----------------
平均年齢:37.8歳
社風としては、「落ち着いたベンチャー企業」というイメージです。しっかり経験を積んできたメンバーが多く在籍しています。代表の原田が外資系企業出身ということもあり、社員同士が依存することなく、独立して仕事をしています。

また、フレックスタイム制を取り入れており、リモートワーク制度にも取り組んでいます。
当社の企業理念が「世界をもっと自由に」であるため、働き方は柔軟に対応しています。
ママさんも多数おり、全体の30%が女性で構成されています。

-----------------
★代表 原田の経歴
-----------------
幼少時代から高校までをドイツで過ごし、慶應義塾大学経済学部を卒業後、SAPジャパン株式会社に入社。その後、AOSテクノロジーズに転職し、米国支社や東海岸拠点の立ち上げなどに従事した経歴を持っています。2010年に帰国し、モバイル事業部の立ち上げに参画すると、2015年3月に同事業部を子会社化し、代表取締役に就任しております。

-----------------
★CTO 鈴木の経歴
-----------------
シンガポールの日本人学校の出身。1996年に早稲田大学理工学術院理工学研究科を修了後、富士ゼロックス株式会社に入社。当時はまだ珍しかったネットワークスキャナーの開発に仕様レベルから関わり、その後、AOSテクノロジーズに転職。ペットに餌をあげる給餌器にネットワークカメラを内蔵し、飼い主がカメラ映像を見ながら遠隔で給餌の指示ができる『ISeePet』の開発に従事しております。
その後、もっと影響力の大きな製品開発に携わりたいとの気持ちから、WindowsのOS開発チーム(米国本社レポート)に参画し、Windows7/8/8.1/10の開発に従事した経歴を持っております。

こんなことやります

チャットBot開発、運用エンジニアとして、ビジネスチャットアプリ「InCircle」におけるチャットBotの開発および運用に取り組んでいただきます。
短い時間でお客様の要件を実現するため、コンテナ技術やサーバレス環境、新サービス等を積極的に取り入れより早く、簡単に開発ができる環境構築も業務に一つとなります。

【具体的には】
・ビジネスチャットアプリ「InCircle」におけるチャットBotの企画、開発、運用
・開発計画の管理
・営業部門、マーケティング部門等の他部署との連携業務

【必須条件】
AWS構築、運用経験
・インフラアーキテクチャー設計経験

【スキル】
・コンテナに関する技術知識および経験
・サーバーレス環境の構築
・新サービスや技術(AWSのマネージドサービス等)への関心

【agile開発の経験】
様々なAPI・システムと連携するチャットボットを、短いサイクルで、作りあげては改善してブラッシュアップしていくagile開発の経験を積むことができます。

【大きな裁量】
自己の裁量が大きく、自身の判断で新たな技術を次々に導入して、新しいモノを作り上げていく喜びが得られます。

【自社サービスを成長させる喜び】
お客様の声をダイレクトに聞きながら、お客様満足度の高いサービスを仲間とともに作り上げ、成長させる経験を得られます。

募集情報
探している人 チャットBot開発エンジニア
採用形態 中途採用
会社情報
創業者 原田 典子
設立年月 2015年3月
社員数 40人のメンバー
関連業界 情報通信(Web/モバイル)

応援している人(1)

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(1)

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

東京都港区虎ノ門3-2-2 虎の門30森ビル8F

Page top icon