Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

自動野菜収穫ロボットを実用化する電気・電装設計技術者を大募集!!

inaho株式会社

inaho株式会社のメンバー

全員みる(4)
  • 調理師専門学校を卒業後、不動産投資のコンサルタントとして働き、その後独立し起業。震災復興のための野外フェスの主催、地域活動のカマコンバレーの運営等様々なプロジェクトに携わり、2014年4月には株式会社omoroを設立。

    omoroは野外フェスの開催や、不動産時代の知見を活かしたWebサービスを開発運営し、短期間で数百社の会員を集め、事業売却の後会社を解散。新たにAI時代に新たな未来を作るinaho株式会社を設立。

    開発面は全体をみつつ、具体的なアクションはCOOの大山に任せ、ビジネスサイドの部分やその他諸々を全てやるという感じで社内で業務を棲み分けして進めています。

  • 大学で経営学、大学院で理転しインタラクションを専攻。
    大学院にいきつつ芸大で非常勤でアートを教えながら、
    美術館で展示したり、夏フェスに出演して、一生分チヤホヤされる。

    新卒でチームラボへ入社。会社員(カタリスト)として事業開発に従事。
    3年の修行ののち独立。アートとハードを作る会社を起業し、
    スタートアップや大手家電メーカーの新製品開発をサポート。

    菱木とomoroを起業し不動産向けwebサービスを開発。事業売却後、解散。
    農業をブーストする会社、inaho株式会社を 2017 1月17日(良い稲の日)に起業。

  • 早稲田大学では折り紙データの類似度やサッカーエージェントの学習を研究。
    奈良先端科学技術大学院大学では筋電制御形式のロボットの開発に従事したが、
    その後スマートハウスや農業等のセンシングと生物の融合に興味を持ち研究領域を変更。
    現在はBLEベースで取得した老人の加速度データからの介護レポートの自動生成等の研究に従事。

    私の専門は移り変わってきましたが、常にどのように自分の技術を社会に還元できるかを
    考えていました。私の特殊な経歴を必要としている二ッチな分野を探しています。

  • University of British Columbia 大学院博士課程にて、実験素粒子物理学の研究に従事し、博士号(Ph.D. in Physics)を取得。

    帰国後、株式会社Nextremerに入社、画像解析や深層強化学習、深層学習を用いたロボットの制御など、機械学習・深層学習に関連した研究開発を行う。

    その後、inaho株式会社にjoin。開発責任者として自動野菜収穫ロボットのハードウェア・ソフトウェアの開発・設計全般に携わる。

なにをやっているのか

  • 4aedde00 a60f 4d2e 9146 92ffafb3eeeb?1505542343 農家さんと一緒に現場で仕事をして、解決策のアプローチを見出すことも
  • B4f2b799 7e0f 41b6 a0ef cd537f1ccb08?1533201487 ディープラーニングを使った、ナスの認識技術も開発しています

inaho株式会社では、"自動野菜収穫ロボット"を開発しています。農家にとって大きな負担である収穫作業を、今だからこそできるテクノロジーを使って解決します!

【YOUTUBE】
https://www.youtube.com/watch?v=lzZRdTVJRCE

■ 自動野菜収穫ロボット
人が一つ一つ、目で状態を確認しながら行なっている野菜の収穫作業を、画像処理とロボティクスで自動化します。

トマト、きゅうり、ナス、ピーマン、アスパラガス、イチゴなど、世界には人手でしか収穫できない野菜がたくさんあります。🍅🍆これらを一台で収穫するロボットを作っています。

2019年2月時点で、アスパラガスは収穫率90%、きゅうり、ナスの認識・収穫にも着手しています。2019年5月以降にアスパラガス対応モデルをリリースし、きゅうり対応のモデルを7月以降にリリースします。また、2020年には上述すべての野菜に対応する予定です。

<ロボットについて>
(1)ロボットのしくみ
ロボットは、ビニールハウス内を自律走行しながら、センサーとカメラで野菜の状態を判断して、ロボットアームで収穫しています。収穫作業を行うだけでなく、ビニールハウス内の環境データや野菜の生育データ等多くの情報を合わせて取得します。

(2)ロボットのつくり
ロボットは、それぞれがモジュールとして設計されています。アームの手先や積載物を変えることで、収穫以外にも多くの作業が可能になります。例:ピンポイント防除(薬剤散布)やピンポイント施肥(肥料をあげること)。

■ RaaS (Robot as a Service)
収穫ロボットは販売しません。収穫代行をサービスとして農家さんへ提供します。導入費用は無料。収穫した野菜の量に応じて利用料をいただく、従量課金の収穫サービスです。


(1) 農家とメーカーのベクトルが一致
従来の販売モデルでは、できるだけ長く使いたい農家とメーカーの新しい製品に買い換えて欲しいという考えは対立関係にありました。inahoのRaaSモデルでは、利用した分だけ支払えば良いので、同じベクトルを向いてパートナーとしてお付き合いすることができます。ロボットが収穫した量に応じて利用料をいただくinahoのRaaSモデルでは、「たくさん野菜が生えている畑」で、「ロボットがたくさん収穫」できると、農家さん、inahoともに最高の状態となります。

(2)最新で最高を常に
テクノロジーは日々向上し、コンピューターやセンサー・カメラは、安くて良い製品が日々発表されています。
inahoRaaSモデルでは、毎年、性能の高いコンピューターやセンサー・カメラに変更していく事で、ロボットの性能が向上させていきます。収穫率や収穫量が増えることで、inahoがいただく利用料も増加します。
つまり、農家さんは最新で最高の常に使い続ける事ができ、inahoは、それにより売上を伸ばすことができます。

(3)データ・データ・データ
初期費用0円で提供する事で、導入障壁は限りなく低くなります。スピーディーに世界へ展開し、収穫作業を通じて大量のデータを取得する事で、次のビジネスや収穫量を増やす施策へつなげる事ができます。

なぜやるのか

  • 4288a1ec f854 40c2 ab72 272ee86d1499?1505543300 地道に手を動かすことで現場の苦労が分かり、機械化させたくなりますw
  • Af4d7eff b328 4caf 844c 3cb52a323d19?1544778354 ロボットアームも自社で製作しています

inaho 「収穫ロボットができたら何したいですか?」

農家さん「どうやったら美味しい野菜ができるか考える時間にしたい」「もっと面積を増やしたい」

1960年代、お米の刈り取り・脱穀を行うコンバインが発明されるまで、お米も人間が鎌で収穫していました。とても大きな時間がかかっていたそうです。2019年に手でお米を収穫する人を見かける事はまずありませんが、野菜はいまだに人が手で収穫しているのが普通です。
トマト、きゅうり、ナス、ピーマン、アスパラガス、イチゴ等の野菜は、収穫する実や茎の成長速度が一つ一つ異なるため、収穫に人間の判断が必要で、それがネックとなり収穫の自動化が遅れてきました。

■創造的な事がしたいのは人の潜在的な欲求
ピーマン67%、アスパラ59%
収穫作業時間の占める割合です。
収穫を自動化できないため、多くの時間がかかっています。

・自動化できない ので、人手でやらないといけない 
・時間がかかる し 肉体労働
・身体が疲れている と 考える余裕もなくなる
・人がやりたがらない 担う人がいない

自動収穫ロボットができると、人はクリエイティブな作業に集中できるようになると考えています。

「どうやったら美味しい野菜ができるか考える時間にしたい」「もっと面積を増やしたい」

創造的な事がしたいのは人の潜在的な欲求です。「やりたい仕事に集中できる環境をつくるロボットを作る」のがとてもクールだと思っています。

inahoは、収穫だけでなく、さまざまなシーンへ、”AI×ロボット”でアプローチしていこうと計画しています。
農業だけでなく、水産業や林業を含めた一次産業全般に対して、最新のテクノロジーを使いながら、誰かに過度な負担を強いることなく、安定的に素敵な商品が供給される仕組みを作りたいと考えています。

どうやっているのか

  • F83c1c4b 57fc 4b92 b800 fa90d56cee16?1550651345 ICCピッチコンテストで優勝!
  • 0d1b4e44 0dcb 4887 b4f2 bbc78cda9118?1550838990 開発はオフィスで起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ!

【現在のフェーズ】
シードフェーズの調達で数千万円の調達が完了し、2019年1月に九州に拠点を開設しました。プロダクトを磨き込みながらサービス展開の準備をし、新しい野菜への対応作業を進めています。

< ピッチコンテスト >
富士通アクセラレータプログラム 第7期ピッチコンテスト最優秀賞
・ICCサミット「スタートアップ・カタパルト」優勝
・MURCアクセラレータ LEAP OVER 第2期 最優秀賞
・X-Tech Innovation 2018 で最優秀賞
・TechCrunch Tokyo 2018スタートアップバトルでIBM BlueHub賞 PwC賞
・TECH PLANTER 2018 アグリテックグランプリ 三井化学賞
・StarBurst 4thDemoDayにてクックパッド賞

【開発体制】
2018年夏から採用活動を開始し、2019年2月時点で6名のエンジニアがいます。
大手メーカー出身者やAIスタートアップで働いていた者など、ハード・ソフト両面で開発を進められる体制を作っています。
年齢も27歳〜64歳まで幅広く、多様性があるチーム構成となっています。

【アグリコミュニケーター 営業・導入体制】
2019年1月に進出した佐賀県鹿島支店を拠点として、ロボットの営業・導入活動を行っています。営業、導入だけでなくて、農家さんとビジネスを一緒に作っていく重要なビズデブチームです。inahoでは彼らをアグリコミュニケーターと呼んでいます。2月上旬に行った3回の農家向け説明会で、導入意向書を参加者の95%獲得するとても優秀なメンバーがいます。
テクノロジーに精通したアグリコミュニケーターの採用も積極的に行っています。ぜひこちらもご検討ください
https://www.wantedly.com/projects/245559

【現場主義】
オフィスで座って開発をしているだけでは実戦で使える農業用ロボットは作れません。
エンジニアたちは積極的に栽培の現場に赴き、そこでの洞察や試験を通して、屋外で自然物を扱うという難しいタスクをロバストにこなせるロボットの開発を進めています。

こんなことやります

ロボット全体を考えながら、電源・モーターなど電装部分をハンドリングできる方を探しています。

RaaSモデルで展開するには、コスト意識を持ちながらも安定性、安全性にも配慮するという二律背反する事を同時に達成しないといけません。思想とセンスと落ち着きと勢いをもって取り組んでいただける方を探しています。

【必須スキル】
・電子・電気回路設計経験;5年以上
・ロボットの電装関連の実務経験
・各電動車両に応じたバッテリー、モータードライバー、モーターおよび、ECU等の選定ができる。
・回路設計ができる

【歓迎スキル】
・サージ電圧、EMCの解析、対策ができる
・電気系安全規格を理解している

【求める人物像】
・新しいものを開発することに意欲を感じる人
・困難な課題に対して、根気よく課題解決に向けて推進できる
・チームワークを重視しつつも、そのなかで、自分としての意見を主張し議論をまとめあげていける方
・ガジェットが好き

あなたの力で時代の先端を一緒に拓いていきませんか?
わくわくした方、ご連絡お待ちしています!

価値観

会社の価値観をもっと見る
フラットな組織

階層自体がない!

プロダクトドリブン

誰も作ったことがないプロダクトを生み出して、世の中に拡げていく!利用者となる農家さんが夢にまで見たようなプロダクトを提供できるよう邁進... さらに表示

最新技術

レガシーな業界である農機具産業に新たな革新を起こせるよう、AIから自律走行まで最新のテクノロジーを駆使して、ロボットを開発していきます。

会社の注目の投稿

募集情報
探している人 電気・電子設計技術者 電装
採用形態 中途採用
会社情報
創業者 菱木 豊,大山 宗哉
設立年月 2017年1月
社員数 13人のメンバー
関連業界 情報通信(基盤/SI/パッケージ) / 自動車・重機

応援している人(4)

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(4)

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

神奈川県鎌倉市材木座4ー10ー14

Page top icon