Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

コンサルタントとして本質的なマーケティングの課題解決をしてみませんか?

株式会社TABI LABO

株式会社TABI LABOのメンバー

全員みる(6)
  • 中学卒業後、単身渡米。16歳で高校を卒業後、起業。
    911テロを経験し、アメリカ大陸放浪後日本に帰国。
    帰国後は外資系金融企業や米軍基地のITプロジェクトにエンジニアとして参画。
    19歳でDELL株式会社に入社後、20歳で法人営業部のトップセールスマンに。
    21歳から23歳までの2年間は同社を退職し、世界25カ国のクリエイティブコミュニティをまわる。復職後、25歳で最年少ビジネスマネージャーに就任。同社退職後、ソーシャルアントレプレナーとして九州宮崎県でソーシャルビジネスに従事。2013年より東京に拠点を移し、2014年2月22日にTABI LABOをロンチ。

  • 1990年生まれ。小田原出身。
    桐蔭学園→ポートランド州立大学→アーバンリサーチ→
    エン・ジャパン(メディア事業部)→アイタンクジャパン(出向)→エン・ジャパン(経営戦略室、新規事業企画室)→TABI LABO(経営企画室/HR)

  • 早稲田大学法学部卒。2014年TABI LABO創業メンバーとして参画。
    モバイル時代に最適化されたコンテンツ制作を先導し、TABI LABOのコンテンツの原型を作る。また現在約65万人のフォロワーを超える公式SNSアカウント(Facebook、Twitter、Instagram、LINE)を立ち上げ、現在では、各種クライアントのプロモーションの企画/ディレクションや動画番組「MOVE」を中心に手がける。

  • 早稲田大学社会科学学部卒。高校時代は、主将/正捕手として甲子園に出場しベスト16。
    2014年、TABI LABO創業メンバーとして参画。メディアの立ち上げやライター・キュレーター・マーケターなどを経験し、営業部の立ち上げを行う。
    現在は、プロデューサーとして大手ナショナルクライアント〜ベンチャー企業のプロモーション・マーケティングのコンサルを行い、デジタル領域でのブランド戦略を手がけている。

なにをやっているのか

  • F07c73c1 3004 4896 9569 70b7b533d0eb?1551351111 2014年のスタート以来、スマートフォンやPCで「旅するように」世界の選りすぐりの情報に触れることができるライフスタイルメディアです。月間900万人に楽しんでいただくコンテンツメディアへと成長しました。
  • F633ee94 4e6b 46aa aeee 8061d2eeaa3f?1551351112 モバイルデバイスをタッチポイントの軸としたコンテンツ制作やトータル・プロモーション・プランニングをワンストップで提供する専門組織ーBRAND STUDIO(ブランドスタジオ)

▼メディア「TABI LABO」
TABI LABOの「TABI」=「旅」の定義は、新しい衝撃に出会って、今まで見えなかったものが見えるようになること。
見広げて、自分の世界を広げることです。

見広げることは、時として、覚醒とも言えるほど世界を広げてくれます。多様な価値観に触れることで柔軟性や自分の価値観をもち、何かに支配されること無く、自由に生きることが出来ます。

手のひらで旅(TABI)をするように、新しい価値に出会えるライフスタイルメディアとしてTABI LABOは立ち上がりました。
メディアを運営する中で、様々な広告の課題が見えてきました。

ユーザーに全く価値にならない広告やブランドの価値を下げる広告が氾濫していること。
私達は、アドネットワークを一切通さずに、記事広告の制作を行なってきました。

【PR with LOVE】
広告だからこそ価値あるものを創りたい、記事広告を読んだ読者が読んで良かったと思える記事にしたい、広告だからこそ読んで新しい価値やきっかけを創りたい、そんな想いで広告やプロモーションを創っています。

▼BRAND STUDIOの設立
ミレニアル世代(20代〜30代)は、テレビからスマホへタッチポイントが変化しています。
情報感度が高いユーザーが増えていく中で、ユーザーに価値を届けるには、ユーザーの事を理解していなくてはいけません。

日々メディアでミレニアル世代に対して向き合っている
TABI LABOだからこそできるプロモーションがあります。
また、現状の広告は、企画・制作・配信が別々の会社で行われており、正しい価値をユーザーに届けれられていません。
TABI LABOでは、企画・制作・配信を全て一気通貫で行っています。

メディアを運営したことで得たデータやマーケティング力を使い、一気通貫で制作をすることで、「ユーザーに届く」プロモーションのクリエイティブ制作を行っています。

【WORK】
・ヤマハ×TABI LABO:バイクとサウナの異色プロモーションが生まれた背景
https://www.advertimes.com/20180202/article265451/
検索数300%増 キールズがTABI LABOと取り組んだコンテンツ戦略とは
https://www.advertimes.com/20180126/article265035/
・富士フイルム一色昭典氏が語る:スマホ時代に考えるメディアと広告主の理想の関係
https://www.advertimes.com/20190111/article282950/
・若者のビール離れに逆行する。クラフトビール「ブルームーン」のプロモーション戦略
https://www.advertimes.com/20180507/article269433/
・パタゴニア|企業哲学を読みたくなるコンテンツに昇華したブランディング
https://tabilabo.co.jp/works/387/

▼課題解決と問題提起
プロモーションは一番ユーザーに触れる表面的な部分です。
その後ろには、マーケティングプラン・マーケティングストラテジー・経営戦略・Visionと大きな領域が広がっており、本質的な課題を解決するには、より上流の領域を扱わなければいけなくなります。

さらに、単純に課題を解決するだけではなく、時代のコンテキストをわかった上で、あるべき姿の提示や問題提起をしています。

TABI LABOでは、大きく分けると3つの領域に対してソリューションを提供しています。

①企業の最上流のVisionや経営戦略などにおいて経営層(CEO/COOなど)に対して、企業/プロダクト/サービスのコンセプトの立案、全体のコミュニケーションの立案・実行などを行っています。

②企業/プロダクト/サービスのマーケティングストラテジー(戦略)において、CMOやブランドマネージャーなどに対して、全体のマーケティング戦略や全体のマーケティングプランの立案・実行を行っています。

③企業/プロダクト/サービスのマーケティングプラン(戦術)において、最終アウトプットとしてのプロモーション(記事広告/動画広告/SNS/イベント)の立案・実行を行っています。

上流の戦略からユーザーと一番近いメディア運営までを一気通貫で行い、ユーザーに届ける広告の領域を超えて、企業/商品/サービスの価値創りに挑戦しています。

なぜやるのか

現在の社会では、企業も商品も標準化がされており、差別化がしにくくなっています。

世の中の変化も激しく、情報感度はユーザー方が高い場合もあります。時代のコンテキストに合う企業価値の創造や戦略、戦術を行わなければいけません。

単純に「コンセプト」で勝てる時代ではなく、エグゼキューション(HOWの部分)までを創りターゲットにささる表現方法ができるかも重要になっています。

上流の領域の課題を発見し、解決するだけでは難しく、いかにあるべき姿を提示できるのかが重要になっています。

エグゼキューションのイメージを持った上で、上流の課題の解決をできることが価値になっています。

TABI LABOは、メディアを持つことで世の中のコンテキストを理解しています。だからこそ、課題を発見、解決し、問題提起まですることが可能になっています。

どうやっているのか

【大切にしていること】
高い目標や困難な課題に立ち向かうことが多い中で、言い訳や文句、出来ない理由を探すのではなく、改善策の提案やどうしたらできるのかを考えること、スタートアップのため仲間同士で助け合って様々な業務をこなさなければいけないため、任された業務が自分がやらなくてはいいのではないかと思うこともあるかもしれませんが、やりたくない業務や地味な業務からも何かを学ぶ姿勢を持つことを大切にしています。

【メンバーについて】
BCG、アクセンチュア、トーマツなどのコンサル出身者。
博報堂やセプテーニなどの広告代理店やWEB広告出身者。
テレビ業界や外資広告代理店などの制作出身者。
WEBメディアや雑誌などのメディア出身者。
リクルート、DeNA、クックパッド、ヤフー、楽天などの企業の出身者。
モデル、元ミュージシャン、起業家、古着屋の店長、ダーツ店の店長、調理師などなど...

TABI LABOには、バックグランドも職種も全く違う人材が在籍しており、お互いを理解し、時にはぶつかりながら前に進んでいます。

こんなことやります

TABI LABOは、メディアが持つ知見やデータ・マーケティング力を活かし、大手ナショナルクライアントからベンチャー企業が抱えるマーケティングの課題をクリエイティブを用いて解決しています。

いわゆるメディアの営業ではなく、クライアントのパートナーとして向き合っています。

私たちが向き合うクライアントにとって、マーケティングは売上に直結しています。企業がどんなビジョンを掲げ、経営戦略的に何を実現したいのかを把握し、本質的に大切なことを見つけ、理想に向けて何が最適なアクションなのかを提案し実行しています。

記事、動画、イベントなどのクリエイティブははあくまで手段。
その企業がどうなっていきたいのかを把握した上で何が適切な打ち手なのかを考えていきます。それがトータルプロモーションです。

競合他社との差別化とSTPは何かを一緒に決める場合も多いです。世の中の動向や未来を予測して世の中がこう変わっていくので、こういったポジショニングをとった方いいという提案をしていかないといけません。

ビジネスと同時に世の中でどんなマーケティングがされているのか、その背景は何かを日々常にウォッチすることが必要になってきます。

【業務内容】
・クライアントとのコミュニケーション(直販/代理店)
・課題への解決策として、クリエイティブ(広告・動画・イベント、SNSなど)の提案
・クリエイティブの案件進行

【応募条件】
■必須条件
・何かしらの営業経験(年数不問)

■歓迎条件
・メディアを活かした企画営業経験
・デジタルマーケティング領域での就業経験
・コンサルタント経験
・マネージメント経験

ぜひ、当社でクライアントのパートナーとして活躍してみませんか?

会社の注目の投稿

募集情報
探している人 コンサルタント
採用形態 中途採用
会社情報
創業者 久志 尚太郎
設立年月 2014年5月
社員数 81人のメンバー
関連業界 コンサルティング・調査 / メディア・出版 / 広告・販売促進

応援している人(0)

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(0)

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

東京都世田谷区池尻2丁目31-24 信田ビル2F/3F

Page top icon