1
/
5
エンジニアリング
41
エントリー
on 2018/09/18 2,082 views

革新的なドローン技術で日本の未来のインフラを創造する

株式会社DFA Robotics

株式会社DFA Roboticsのメンバー もっと見る

  • 2010年に漫画専用YouTube[VizMedia]を小学館へ売却、2011年より楽天、リクルートのベンチャーキャピタル部門に所属し海外スタートアップ向け投資活動をする。
     
    2015年にオンラインプログラミングスクール、
株式会社BeSomebodyを創業、10万人の生徒がいる。

Drone Future Aviation Inc.は2017年9月に創業
「世界を劇的に良くする社会インフラの構築」を目指し
日本初の大型ドローンスタートアップを開始する。

  • 1996年生まれ。岐阜県岐阜市出身。慶應義塾大学SFC在学。
    大学受験における地方と都市の知識格差に問題を感じ、「授業をしない学習塾」の起業、運営に関わり自身も複数の生徒を地方に持つ。
    代表の波多野と出会い、「社会を劇的に良くする社会インフラの構築」という高い志と、DFAドローンの圧倒的なスペックに惹かれドローン産業に足を踏み入れる。
    大学にあるドローンの授業を複数履修し、ゼミではドローンビジネスとデータサイエンスを専攻。

なにをやっているのか

DFA Roboticsはロボティクスソリューションカンパニーとして、ロボット技術を活用したインフラを提供します。
配送配膳ロボットの導入、導入オペレーションコンサルなどのサービスを通じて新たな社会インフラを構築。
また配送ロボットの活用を目指した実証実験、導入サポート、空の産業革命に向け大型産業ドローンの講習、販売など、世界のロボティックスを活用し未踏領域への挑戦をしています。

これまで数多くの配膳ロボットの導入・活用を支援してまいりました。
その実績は国内No.1。人とロボットが一つのチームとして機能し、店舗運営をスムーズにするためにどんな準備が必要か。
圧倒的な経験値をもとにご提案し、アフターサービスまでワンストップで対応できるのが、当社の強みです。

なぜやるのか

  • ロボットが人を助ける世界へ
  • すでに全国の飲食店で2,000台を導入

本来であれば高度経済成長期のような人口増加によって経済も成長しますが、世界はいま少子化の波を受け優秀な労働力の確保が急務です。
DFAは、その世界中の変化を正面から受けとめサービスの品質を向上させるべく、人とロボットが協業できるサービス空間をつくることを決意しました。

人口増加の代わりにロボットが増えることで、周辺産業も増え、導入企業の収益も増えます。
そして我々は、その先の収益の増えた企業は再投資も増えると確信しているのです。

結果的に経済が成長し、人々の生活がより豊かになることにつながります。

ロボット体験率100%。
「ロボットが主役になってしまう世界」ではなく、「ロボットによって人の暮らしが豊かになる世界」へ。
労働人口減少の国が取るべきお手本になるように、日本のサービス空間をデザインしていきます。

実現に向け、コンサルティングの精度を高め、アフターサービスを手厚くすることはもちろん、テクノロジーへも投資も開始。
AI、センサー技術、データ解析、マシーンラーニング、ブロックチェーン、新素材、位置情報サービスとの連携も検討しているところです。

どうやっているのか

  • 店舗様に合わせたロボットの活用方法を提案
  • 導入後は365日アフターサポートを徹底

ロボットソリューションカンパニーとして、以下に取り組んでいます。

◆配膳インフラの構築で、店舗経営力を底上げ
ロボットたちとの連携によって生まれる配膳インフラ。
その様々な関係者に大きな価値を提供し、店舗経営の質を高めます。

【ロボット活用の成果の一例】
・お客様の満足度・リピート率UP
配膳ロボットを活用した正確・迅速な配膳オペレーション。
加えて見た目の可愛らしさ、目新しさからサービスに対する満足度が大幅に上昇しました。
店舗のファンづくりにも最適です。

・接客スタッフの稼働率・定着率UP
登録しているアルバイトの稼働率、定着率が高まった事例多数。
配膳ロボットの活用によって接客スタッフにかかる肉体的負荷も大幅に軽減します。

・接客スタッフの求人応募数UP
求人に苦戦する飲食店の接客を担当する配膳ロボットですが、導入した店舗では応募数が倍増したという実績も。
肉体的な負荷の軽減、ロボットの目新しさが求職者にも注目されています。

◆配膳ロボットが活躍するかは、導入前後のコンサルティング&サポートの質次第
配膳ロボットを購入するだけでは、店舗の経営改善にはつながりません。
本当にロボットが活躍できる店舗なのか。活躍させるためにどんな準備が必要なのか。
使い方のフォローやメンテナンスのサポートなど、様々なハードルを越える伴走型のご支援を行っています。

【DFAの主なご支援】
・効果的な実証実験のための店舗分析
店舗を訪れた時、テーブルや席の配置はもちろん、想定されるお客様の動線、段差の有無、お店の雰囲気などを事細かに観察。
クリアするべきハードルを見抜き、超えていくための効果的な実証実験を提案します。

・数百台の同時導入も経験済みのオペレーション
設置サポートは全国に2,000人以上を配置。
国内140箇所に拠点を持つ大手企業とタッグを組むことで、国内店舗へ数百台を一斉導入も実現しました。
高いオペレーション力は大手飲食系企業様からも多数ご相談をいただいています。

・指標をもとにロボットの活躍をモニタリング
ロボット導入後、事前に見立てた通りの活躍ができているかをモニタリングします。
万が一、もともと期待していた成果とは異なる結果が出た場合、設定の見直しも検討。
「導入して終わり」ではなく、「導入こそ始まり」という考え方を大切にしています。

こんなことやります

我々のミッションは革新的なドローン技術を活用し、日本に新しいインフラを創造することです。

陸海空問わず、海外の様々なハイスペックドローンの日本独占取り扱い権を次々と結び、それらを活用して数々の日本の大手企業や大学と共同で研究や実験を行っています。

我々のビジョンに共感し、興味を持ってくださるエンジニアや陸・海・空ドローンパイロット、プロジェクトマネージャー経験者、とにかく新しいジャンルで活躍したいという熱い方のご応募をお待ちしております。

今回は特に陸上ドローンのオペレーターとそのグランドステーションオペレーターを募集します。
経験者、未経験だけど周辺情報に知見や経験がある方を優遇します。

会社の注目のストーリー

【社員インタビューNo.04】 リクルートからベンチャーへ。好奇心が決意したキャリアチェンジ

【社内イベントレポ No.01】下半期全社Kick Offを開催しました🎉

【社員インタビューNo.3】今年で営業10年目。大切にし続けたい働き方やマインドについて聞いてみた

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
2人が応援しています
会社情報
株式会社DFA Roboticsの会社情報
株式会社DFA Robotics
  • 2017/09 に設立
  • 30人のメンバー
  • 海外進出している /
    社長がプログラミングできる /
    1億円以上の資金を調達済み /
    3000万円以上の資金を調達済み /
  • 東京都渋谷区渋谷1-7-5 青山セブンハイツ2F
  • 株式会社DFA Roboticsの会社情報
    株式会社DFA Robotics から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?