Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
インフラのプログラマ
on 2018/10/03 7,000 views

インフラ刷新プロジェクト Neco 専属メンバーを Wanted!

サイボウズ株式会社

サイボウズ株式会社のメンバー もっと見る

  • 2017年まで国内ITベンダにおいてエンタープライズ向けLinux,とくにカーネルの開発,サポートエンジニアとして働く。2017年よりサイボウズの技術顧問としてLinuxカーネルを中心としたシステムソフトウェアのコンサルティングに従事。2018年にサイボウズに入社してからはNeco というクラウドサービスのインフラ刷新プロジェクトのメンバー。

  • Webアプリケーションのフロントエンド・サーバサイド、Windows GUIアプリ、分散ネットワークのフレームワーク、組み込みシステムなど、幅広い分野での開発を経験。

なにをやっているのか

  • さまざまな職種のメンバーが「チームワークあふれる社会をつくる」ために活躍しています。
  • クラウドサービス「kintone」は、ノンプログラミングでアプリ作成が可能です

サイボウズはチームワークを生み出す情報共有ツール「グループウェア」のメーカーです。製品の企画・開発から販売、運用・サポートまで自社で一貫してサービスを提供しています。
私たちはインフラからアプリケーションまで自社で開発・提供できる高い技術力によって、これからも「チームワーク」に最適なコラボレーションサービスを生み出していきます。

◎グループウェアとは?
チーム内の情報を共有することでコミュニケーションを活性化し、共有業務の効率化を支援するコラボレーションサービスです。スケジュール管理、ファイル共有、電子会議などの機能があり、今まではホワイトボートや印刷物もしくは電子メールのやり取りのみで行っていた情報の伝達や交換が、グループウェアで効率的かつ効果的に実現できます。

なぜやるのか

  • サイボウズが主催するカンファレンス「Cybozu Days」
  • ユーザーやパートナーエンジニアと一緒に学

サイボウズのミッションは、世界中の様々な組織のチームワークを向上させることです。情報共有やコミュニケーションの円滑化、個人の学習や満足度を向上を支援するグループウェアを開発し、今まで800万人以上のチームワーク向上に貢献してきました。これからも世界中のチームワーク向上に貢献していきます。

どうやっているのか

  • 拠点をつないだ打合せの様子。場所を問わずリアルなコミュニケーションが取れる環境が整っています。

■チームワークに自信あり
「チームワークあふれる社会を創る」を理念として掲げている私たちだからこそ、チームワークについてはどこよりも考え、力を入れています。勉強会や社内イベントは毎日のように開催されており、部門を超えたコミュニケーションは当たり前。グループウェアを活用して常に情報を共有し、業務を属人化させないようにするなど、1人で仕事をこなすのではなく、それぞれの強みと個性を活かしてチームの力でより大きな成果を上げることにこだわるのがサイボウズの特徴です。

■離職率28%→4%を実現した、長く働きやすい仕組み
2005年に離職率が28%になった反省から制度を改善し、2018年の離職率は4%程度になりました。女性社員が4割に増えたことも成果の一つです。現在も社員で話し合いながら制度の改善に取り組んでいます。

1)働き方宣言制度
ライフステージの変化に合わせて働き方を選択できる制度です。育児、介護に限らず通学や副業など個人の事情に応じて、勤務時間や場所を宣言します。2018年4月より、時間と場所で区切られた9分類から選ぶ従来の選択型人事制度は廃止し、週4日勤務/10:00出社、出張可能など一人ひとりが「自身の働き方」を自由に記述するスタイルで宣言し、実行しています。

2)ウルトラワーク
図書館やカフェで仕事をしたり、育児やプライベートの都合に合わせて自宅で働く社員も。働きやすさと生産性向上の両立を目指しています。

3)育自分休暇
一度会社を退職しても、復帰できる制度。35歳以下で、転職や留学等、環境を変えて自分を成長させるために退職する人が対象です。最長6年間は復帰可能。

4)副(複)業許可
社員が自分らしく働き、経済的にも精神的にも自立できるようにという観点から、副(複)業を可能としています。

こんなことやります

サイボウズの主力クラウドサービスである cybozu.com は 2011 年にサービスを開始して、現在の契約社数は 2 万社以上、一日のアクセス数は 2 億件以上に成長しました。

cybozu.com を稼働しているデータセンターのインフラは、現在はほぼすべて自社で開発したものとなっています。サーバー台数が 100 台に満たない時期のアーキテクチャが現在でも基本はそのまま引き継いだ状態であるため、スケーラビリティやメンテナンスコストの増大が問題となっています。

そこで、アーキテクチャを抜本的に見直す Neco というプロジェクトを 2018 年から本格的に開始しています。Neco とは別に cybozu.com の海外版を AWS で稼働させる Yakumo というプロジェクトも同時に開始しており、Neco が Kubernetes と Ceph を中心にオンプレミスに IaaS 相当の基盤を作り、Yakumo は AWS 上の Kubernetes である EKS 上で動作するミドルウェアを開発することで、全体として「クラウドポータビリティ」を向上させる取り組みとなっています。詳しくは以下のブログをご覧ください。

https://blog.cybozu.io/entry/2016/03/11/080000
https://blog.cybozu.io/entry/2018/01/18/080000
https://blog.cybozu.io/entry/2018/07/05/080000

Neco では数千台の物理サーバーの維持管理コストを劇的に低減させることが大きなテーマです。Kubernetes と Ceph を採用することで上で動作するミドルウェア・アプリケーションの維持管理は容易になる一方、Kubernetes や Ceph 自体および物理サーバーの修理や退役管理にも自律的な制御システムが必要と考えています。

以上のような背景を元に、現在までに Neco プロジェクトでは以下のようなシステムを開発しています。開発に利用している言語は主に Go です。

* etcd をデータストアやリーダー選出に利用
* PKI 実装や他の秘密情報の管理には HashiCorp 社製の Vault を利用
* 物理機材のインベントリとネットワークブートサーバーを兼ねる sabakan を開発
* Kubernetes クラスタを全自動で構築・管理する CKE を開発
* データセンターを丸ごと仮想化して全自動試験するシステムを開発

成果物はほぼすべて OSS として公開しています。
sabakan: https://github.com/cybozu-go/sabakan
CKE: https://github.com/cybozu-go/cke

要求される技術レベルは上記内容から察してください。ただしチームには新卒入社 2 年目のメンバーもおり、モブプログラミングなどを通じてスキルアップをサポートする環境が整っています。信頼性の高い分散処理システムを自分で作ってみたいという情熱があり、Go に限らず何かの言語でプログラミングが得意な方であれば、きっと大丈夫です。

Neco プロジェクトを率いているのは @ymmt2005 こと山本泰宇です。サイボウズで開発本部長・CTO・運用本部長を歴任し、cybozu.com の開発責任者も務めていました。yrmcds 等のサイボウズ製 OSS 多数の開発者でもあります。

分散システムのエンジニアとして思う存分にスキルアップできる仕事内容・職場環境・プロジェクトメンバーが揃っています。まずは話だけでも聞いてみたいという方も大歓迎です。よろしくお願いいたします。

会社の注目の投稿

エントリー状況は公開されません
8人が応援しています
会社情報
サイボウズ株式会社
  • 1997/08 に設立
  • 659人のメンバー
  • 海外進出している /
    社長がプログラミングできる /
  • 東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー 27F
  • インフラ刷新プロジェクト Neco 専属メンバーを Wanted!
    サイボウズ株式会社