350万人が利用する会社訪問アプリ

  • CG制作モーションデザイナー
  • 45エントリー

アニメーション技術を磨いていきたいCG制作モーションデザイナー募集!

CG制作モーションデザイナー
45エントリー

on 2018/10/08

3,084 views

45人がエントリー中

アニメーション技術を磨いていきたいCG制作モーションデザイナー募集!

Tokyo
Mid-career・Side Job
New Graduate
Tokyo
Mid-career・Side Job
New Graduate

山路 いずみ

株式会社プレミアムアーツのメンバー

山路 いずみ

Other

山路 いずみ Other

なにをやっているのか

【AR(拡張現実)とVR(仮想現実)のソリューションカンパニー】 私たちは、 AR、MR、VR、 そしてメタバース専門のソリューションカンパニーです。 それらの分野において、 技術コンサルティングやプランニングから、 グラフィック、システム開発まで行っています。 そして、PoCの開発や仮説検証などもご支援しております。 私たちの実績は、 エンタープライズの現場作業支援から、 教育教材、テレビ放送、イベント、ライブ、 デジタルサイネージ、広告・販促、観光促進など 多岐にわたる分野で活用いただいております。 ▼プレミアムアーツのTechnology 常に新たな技術トレンドを追求し、 AIやIoTなどの技術も積極的に取り入れ、 最新のITソリューションを提供することをミッションとしています。 そしてこの分野における自社サービスのプラットフォームを保有しており、 ライセンス提供することも行っております。 私たちのシステムを導入いただくことで、 より短期間・低コストでのAR、MR、VRのソリューション提供が実現しています。 【AR Biz Information Website】https://www.aspacebiz.com/ 【VR Biz Information Website】https://www.live-xr.com/
AR/VR/MRの総合的なソリューションを開発
特許を取得した技術力を武器に3D CGなどを制作
イベントや放送現場でARコンテンツソフトを実演する際の、主役のカメラです
高機能カメラ、VR機器、MVNシステム・MVNスーツ、PCを駆使して3DCGを可能な限り自由にあやつり、コンテンツ制作を行っています。
リアルタイムで実写と3DCGを合成して描画する特許技術を取得

なにをやっているのか

AR/VR/MRの総合的なソリューションを開発

特許を取得した技術力を武器に3D CGなどを制作

【AR(拡張現実)とVR(仮想現実)のソリューションカンパニー】 私たちは、 AR、MR、VR、 そしてメタバース専門のソリューションカンパニーです。 それらの分野において、 技術コンサルティングやプランニングから、 グラフィック、システム開発まで行っています。 そして、PoCの開発や仮説検証などもご支援しております。 私たちの実績は、 エンタープライズの現場作業支援から、 教育教材、テレビ放送、イベント、ライブ、 デジタルサイネージ、広告・販促、観光促進など 多岐にわたる分野で活用いただいております。 ▼プレミアムアーツのTechnology 常に新たな技術トレンドを追求し、 AIやIoTなどの技術も積極的に取り入れ、 最新のITソリューションを提供することをミッションとしています。 そしてこの分野における自社サービスのプラットフォームを保有しており、 ライセンス提供することも行っております。 私たちのシステムを導入いただくことで、 より短期間・低コストでのAR、MR、VRのソリューション提供が実現しています。 【AR Biz Information Website】https://www.aspacebiz.com/ 【VR Biz Information Website】https://www.live-xr.com/

なぜやるのか

リアルタイムで実写と3DCGを合成して描画する特許技術を取得

【分かりやすさを、より正確に、ARとVRで提供する】 私たちはAR(拡張現実)とVR(仮想現実)の分野において、エンターテイメント業界へのコンテンツ提供のみならず、エンタープライズ向けのDXソリューションとしてのシステム開発も行っております。 また、常に最先端の技術を導入し、その有効性を繰り返し検証しています。IoTやAIなどの分野にも積極的に取り組んでいます。エンタメ向けであればグラフィックの品質だけに頼らない、技術的な仕掛けを持ったコンテンツを。産業界向けであれば外国語の壁を超える、グラフィックを活用した分かりやすさを正確に。これらの両極端の業界を横断して、お客様が求めるコンテンツの制作に取り組んでいきます。 「LiveAR」という名の特許技術を保有する一方で、Unity、XSENSE、MANUS、Vuforia、Matterportなどなど多くの技術を活用し、単一の技術だけでなく様々な技術の最適な組み合わせを模索しながら構築しています。

どうやっているのか

イベントや放送現場でARコンテンツソフトを実演する際の、主役のカメラです

高機能カメラ、VR機器、MVNシステム・MVNスーツ、PCを駆使して3DCGを可能な限り自由にあやつり、コンテンツ制作を行っています。

【東京タワーから100m圏内にある、グローバルな社内環境】 日本と海外両方のクライアントや協力会社と事業を行っているため、社内には中国語・英語・韓国語を話せるスタッフがそろっています。 海外で育った経歴を持つスタッフもいるため、習慣や考え方について良い化学反応が日々起きます。多様なメンバーが「この技術を世界に広めたい気持ち」で一つになり、工夫を重ねて営業/開発活動を行っています。 現在メンバーは20名ほどですが、個性豊かで伸びやかなスタッフが揃っています。インターンシップで来ている学生さんもおり、若い方々の素晴らしい感性を発揮して、チーム内で良い影響を与え合っています。 メンバーのみんなには仕事を楽しみつつ、最新技術を追いかけて、グローバルに感動を与えるVR/AR/MRコンテンツを生み出す先駆けになってほしいと思っています。そして生き方そのものをスタッフ同士で理解し合い、刺激し合い、助け合って仕事ができたらという気持ちで活動しています。

こんなことやります

当社ではMVNシステムを使ってのモーションキャプチャー収録にこだわってきました。 光学式モーションキャプチャーとは違ったその特性を生かしたキャプチャーデータは、いまや様々な場面で活用されるようになってきており、当社にはそこにこだわって蓄積したノウハウを多く持っています。 そのキャプチャーデータを扱ってのアニメーション作業、フェイシャルアニメーション作業、ハンドキャプチャーシステムを使ったハンドアニメーション作業を行ってくれる方を募集します。 また当社ではこのMVNシステムと当社のLive ARを組み合わせたCGのライブ演出も手掛けており、この分野におけるライブモーション演出もエンジニアと一緒に行って頂きます。 新しい分野でのモーション調整作業ですので、未経験者でも問題ありません。 CGを勉強中の学生さん、卒業したばかりの新卒の方、社会人になってからCGを学び始めた方などでも、AR/VRコンテンツを作ってみたいという情熱のある方は、まずはお気軽にご応募を頂ければ幸いです。ぜひお話しましょう!
31人がこの募集を応援しています

31人がこの募集を応援しています

+19

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く

会社情報

2015/07に設立

20人のメンバー

東京都港区虎ノ門5-11-1 オランダヒルズ森タワー RoP 906