Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.
中途採用
Webエンジニア
8
エントリー
on 2019/02/01 1,511 views

徳島を代表するITベンチャーで、移動の課題を解決するエンジニアを募集!

株式会社電脳交通

株式会社電脳交通のメンバー もっと見る

  • ㈱電脳交通の代表取締役社長です。

    主に新規事業企画開発を行っています。
    それ以外は苦手なので、社員の皆に支えてもらっています。

なにをやっているのか

  • クラウド型タクシー配車システム車載タブレット
  • クラウド型タクシーコールセンターの風景

電脳交通は「行きたいときに、行きたいところへ」をスローガンにかかげ、ITを活用した地域交通サービスの企画・開発・運営を行っている会社です。

現在、私たちが提供している主なサービスは2つ。タクシー事業者向けの「クラウド型タクシー配車システム」と「クラウド型タクシーコールセンター」です。

「タクシー配車システム」は、従来デジタル無線が主流だったところを、ITテクノロジーを活用し、配車の利便性を圧倒的に向上させたシステムです。

また、「タクシーコールセンター」は、24時間365日稼働させねばならない電話対応をアウトソーシングできるサービス。人材不足に悩むタクシー事業者の運営を強力にバックアップしています。

\全国へサービス拡大中!/
サービスの導入先は、地元徳島から少しずつ広がりをみせ、現在では10都府県にまで拡大しました。引き合いも多く、全国にあるタクシー事業者から当社のサービスが求められています。

\大手との資本業務提携も!/
JR西日本やNTTドコモ系のベンチャーキャピタル、JapanTaxi社との資本業務提携も進み、一気に事業を加速させていくフェーズに入っています。

「注目の西日本ベンチャー100」にも選ばれ、西日本を代表するIT企業として躍進中。成長まっただ中のITベンチャーで力を発揮しませんか?

なぜやるのか

  • タクシーという交通手段に今以上の進化を!

行きたいときに、行きたいところへ――

電脳交通は吉野川タクシーという徳島のタクシー事業者から生まれました。

遡ること2010年。アメリカから帰ってきた現CEO近藤が、祖父から引き継ぐ形で吉野川タクシーの事業の“再建”に乗り出しました。というのも、2010年時点で、25年連続して売上高が下がり続けているという状況にあったからです。

CEO近藤が経営再建にあたって注力したポイントは、ITを活用しながら顧客に寄り添ったかたちのイノベーションを起こすこと。さらに、人々に新しい移動する価値を提供していくというものでした。

そんな時に出会ったのがCTOの坂東。坂東は東京などのIT企業で経験を積んだ後、子育てのため徳島へとUターンし、徳島では貴重なフルスタック系エンジニアとして活躍していました。

CEO近藤がCTO坂東に実現したい想いを伝え、システムの開発がスタート。こうして生まれたのが、当社の主力サービスです。2015年には、電脳交通というテックカンパニーを設立し、より一層、テクノロジーの強化を図っています。

私たちが目指していることは、誰もが「行きたいときに、行きたいところへ」が当たり前の世界です。

地方では都市と異なり電車・バスなど公共交通機関の整備が隅々まで行き届いていません。結果、自家用車なしでは満足のいく移動が困難です。たとえば、運転免許を返納した高齢者、海外からたくさん来られる観光客の移動は、決して容易ではありません。

そんな現状に対して、タクシーという交通手段を今以上に進化させることで、移動のインフラの整備に貢献していきたいと考えています。誰もが行きたいときに、行きたいところへ行ける世界を、ITテクノロジーの力を最大限に駆使しながら実現します!

どうやっているのか

現在、電脳交通全社では40名の規模で運営しています。

ただエンジニアチームは人手不足で、CTO坂東が開発から運用までほとんどの作業を担当し、あと少しの外注で切り盛りしています。

大きなインフラサービスとなりつつある電脳交通を支えるエンジニアチームを、これから作り上げていく必要があります。

働く場所は電脳交通のオフィスではなく、坂東がCEOを務めるGTラボのオフィス。エンジニアに囲まれて仕事ができるため、意見交換やアイデアを求めやすく、開発機材も充実した環境です。

開発の進め方は、ウォーターフォールというよりもアジャイル開発。ベンチャーということもあり、スピード感をもって動いている点が特徴だといえます。

穏やかな気候と自然に恵まれた徳島で暮らしながら、世界、全国的に有名なモビリティ企業と対等に渡り合い、あたかも渋谷にあるベンチャー企業で働いているかのような、そんな働き方が当社なら実現できます!

こんなことやります

徳島を代表する交通系テックカンパニーで、自社の「クラウド型タクシー配車システム」をお任せできるエンジニアを探しています。システムの設計から運用・保守まで、すべてのプロセスに関わることができるポジションで、スキルに磨きをかけませんか?

▼具体的な仕事内容
・システム設計
・プログラム開発
・システム構築
・導入・運用・保守 ほか

まずは、CTOのもとでできることからお任せします。将来的には、フルスタックエンジニアとしての活躍を期待しています!

<開発環境>
・フロントエンド/HTML5, JavaScript(jQuery), Android(Java)
・バックエンド/Ruby on Rails, NodeJS(Websocketのみ), MySQL, Redis
・インフラ/AWS, さくらのクラウド
・コラボレーション/Teams, Redmine, Slack, Git

▼以下のような方を探しています
<必須条件>
・Web系システムの開発経験
・モビリティ分野への興味

<以下の経験・スキルが活かせます>
・上記、開発環境に記載した技術・ツールの経験
・地図、動態管理システムの開発経験
・Androidアプリの開発経験
・何らかのサービスをゼロから作りあげた経験(趣味やハッカソンなどでもOK)

<以下のようなタイプの方が活躍できます>
・自分で考え提案ができる方
・目的に合わせて技術を広く浅く扱えるゼネラリスト系エンジニア
・「アジャイル」「ハッカソン」という言葉が好きな方
・仕様書や手続きより、フットワーク軽く柔軟に対応できるベンチャー思考をお持ちの方
・徳島県で生きていく理由がある方

▼さいごに…
自社サービスなので、エンドユーザー(タクシードライバーなど)からのフィードバックを直接もらうことも可能。ユーザーの意見に耳を傾けながら、改善していける点は当社ならではの魅力です。また、大手との業務提携も着々と進み、これから拡大していく段階。会社が成長するプロセスを経験できることは、あなたにとって大きな糧となるはずです!

少しでも興味をお持ちいただけましたら、「話を聞きに行きたい」ボタンよりご連絡ください。遠方からのご連絡も大歓迎!オンライン面談も可能です。徳島でエンジニアとして働きたい方、お気軽にご連絡ください。

会社の注目の投稿

【TAXI FUTURE SUMMIT 2020 速報レポート】新しい交通モデルを共につくる
電脳交通が東京オフィスを開設して始める新しい挑戦
AUTOSALON TECH 2020にCOOの北島が登壇!
エントリー状況は公開されません
14人が応援しています
会社情報
株式会社電脳交通
  • 2015/12 に設立
  • 50人のメンバー
  • TechCrunchに掲載実績あり /
    1億円以上の資金を調達済み /
  • 徳島県徳島市川内町平石若宮8-6
  • 徳島を代表するITベンチャーで、移動の課題を解決するエンジニアを募集!
    株式会社電脳交通